晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ドイツ&イギリス(その5 帝国戦争博物館)

f0059671_0262472.jpgロンドン最初の目的地は帝国戦争博物館です。
行く前はそれほど広い博物館だと知らなくて、夕方到着して1時間ちょっとあれば充分だろうと思っていたのですが、これが展示品たっぷりでかなり見ごたえがありました。
全部きちんと見ようと思ったら、半日は必要無いだろうけど、4~5時間はかかるかと思います。


f0059671_0264392.jpg主に第一次世界大戦と第二次世界大戦で使われた兵器、戦闘機類や戦争に関する様々な資料の展示を通して、当時のイギリスおよび植民地での戦争の歴史について紹介する博物館です。
1階、2階は戦車や戦闘機や大砲などがぎっしり。
兵器オタクの人にとってはたまらないコレクションでしょうね。


f0059671_0265843.jpg私はあまり兵器に関心はないのですが、それ以外の、イギリスを中心に戦争当時の生活のわかる品々や歴史的な資料、写真の数々は大変興味深いものでした。
第二次世界大戦関連では日本軍の資料や軍服、日の丸などのほか、原爆投下に関する展示もありました。

単に資料を展示してあるだけでなく、各コーナーでビデオ映像などもあって、時間的に余裕もあれば、もっとじっくり見学したいところでした。
まあ、自分の場合、そもそも英語がきちんと理解できるかどうかという問題もありますが^^;、映像をみているだけでも面白そうでした。

第二次世界大戦のホロコースト関連の展示も充実していました。
ここだけは入り口に係員がいて、子どもの立ち入りは控えること、カメラ撮影も禁止となっていました。
やはりホロコーストの展示は、他の戦争関連の展示室とは違った不気味さがあって、これこそちゃんと自分の目でしっかり見なくてはいけないと思う反面、なんとなく背筋のあたりが寒くて早々に出てしまいました。

まだ見学者が結構いたから良かったけど、以前、ワルシャワで戦争関係の博物館に行った時は客が私と妹ぐらいしかいなくて、本当に怖かった・・・。
そのワルシャワで展示を見学した時ほどの気味悪さは無かったものの、ここも人がいなかったら、ちょっと怖いです。
いずれアウシュビッツの見学もしたいとは思っているものの、これじゃなかなか勇気が出ません。

展示品全体を通して、イギリスが過去の近代戦争にどう関わったか、どんな戦争だったのかについて、現代を生きる人々に自国の歴史を伝えよう、過去の戦争遺産を後世に残そうとする姿勢を強く感じました。
しかもこれだけ色々あって入場無料なんだから、さすがです。
翌日訪れたロンドン塔では、もっと古い時代ではありますが、やはり戦争に関する展示が色々ありました。
もちろんイギリス視点だろうから、他国の人間から見れば異論のある部分もあるでしょうけれど・・・

やっぱりこういうのが日本にも必要だよな~とつくづく実感します。
考えてみたら、日本の場合、明治維新以降の近代戦争について、きちんと系統だって紹介している博物館って無いのですよね。
侵略戦争についての解釈や天皇の戦争責任、軍国主義についての解釈など、国内でも色々と評価や見解が分かれるところだから、国として博物館を整備するのは難しいのかもしれないですが、自国の、特に戦争の歴史を知ることは絶対に必要だと思うのです。


f0059671_028991.jpgまあ、私がここに来た目的はとってもミーハーなものなんですけどねw
もう何度も書いているとおり、T.E.ロレンス関連の展示品を見学することでした。

お目当ての展示は地下1階の第一次世界大戦関連の一角、隅っこのThe War against Turkeyのところにありました♪
このコーナーにかなり長いことへばりついて(笑)、しっかり目に焼き付けてきました。


f0059671_0283751.jpgファイサルからロレンスに贈られた絹のローブで彼が砂漠で着ていたもの。
絹だけあって、思っていたよりも上質な素材感。ゆったりとして着心地良さそうです。
本物を見られて嬉しいな~。

それ以外にも、頭につけるイーガル、ロレンスの書いた地図のスケッチや携帯したライフル銃、胸像などなど。
ロレンスのものとは書かれていませんでしたが、アラブの短剣も間近で見るとカッコいい。

この展示ケースの隣は主にトルコ軍関連の軍服や資料などです。
アラブ反乱についても簡単な説明がありました。

もうこれだけ見学できただけでも、充分ここに来た甲斐がありました。




f0059671_0274560.jpg博物館最寄り駅のLambeth Northの地下道でレッドクリフの広告を見かけました。
先日、散々、クソミソに貶した感想を書いた自分なのに、つい写真をとってしまうのはオタクの悲しい性です(笑)。
[PR]
by icewine5 | 2009-07-02 00:41 | 旅の思い出:海外