晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ドイツ&イギリス(その12 ロンドンのホテル)

ロンドンでの滞在はパディントン駅からすぐ近くのChrysos Hotelにしました。
インターネットでホテル検索をしていると、ロンドンの場合、まず地区の絞込みをする必要があるんですが、まだガイドブックを持っておらず、予定もほとんど立てていない段階だと、土地勘も無いし、まずこの地区選びで非常に迷ってしまいました。
小さな都市だったらあまり迷う余地は無いのですが、ホテルがありすぎるのも大変です。

パディントン周辺は主だった観光場所に行くには地下鉄で数駅乗らなくてはならないですが、ヒースロー空港から直通電車が出ているし、ホテルが集積しているということは、決して不便な場所や危険度の高い場所では無いだろうということで、この地区で探すことにしました。

次は具体的なホテル探しなんですが、あちこちの予約サイトでレビューを読んでいると、どうもロンドンのホテルは値段の割に部屋が大変狭いらしい。
それと、清潔さやサービスがかなり違ったりするようだし、同じホテルでも人によって評価が極端に違ったりして、読めば読むほど決められなくなりました。
最後はエイヤッ!と直感で決めてしまいました。
ここ数年、そこそこの値段でも非常に清潔なドイツのホテル宿泊が中心だったから、宿のことで心配することがなかったんですが、さすがにどんなホテルか行くまでちょっと心配でした。

f0059671_2222366.jpgパディントン駅から歩いて数分のNorfolk Square界隈。建物そのものは大きく立派で、これだけで1つのホテルのように見えますが、実はここに複数のホテルが入っています。
階段のついているところがそれぞれのホテルの入り口になっていて、クリソスホテルは手前から数件目のところにありました。

クリソスホテルのHPの写真を見ると、なんだかとっても立派なホテルのように見えたんですが、実際行ってみて、ちょっと騙された気分でした(苦笑)。


f0059671_222409.jpg早速、部屋に入ってみると・・・・
うっわ~、せ、狭ッ!!
まさかここまで狭いとは思わなかった(笑)。
日本の団地サイズの4畳半(いや、それ以下、3畳ぐらいかな?)の部屋いっぱいにベッドがぎりぎり置いてある感じです。

なにしろ部屋の扉をあけるとベッドにぎりぎりあたるぐらいですもん。
私の場合は2泊3日なので、小旅行用ボストンバッグだけだったからまだ大丈夫だったけど、大きなスーツケースを持った人だったら出入りするだけで相当大変だと思います。

しかも、部屋を出たところがトイレの個室のような空間になっていて、部屋の扉の正面にさらに廊下に通じる扉があって、右90度の位置に隣の客室の扉があるので、もし隣の客室の人が外に出るのと鉢合わせになったら、狭い空間で立ち往生しそうです^^;
これ、火事や地震になったら大変だわ・・・
ふと、去年(だったかな?)大阪であった個室ビデオの放火事件を思い出して、こういう宿泊施設の構造ってイギリスでは法的に問題ないのか、ちょっと不安がよぎりました。


f0059671_2235351.jpg一応窓もあるんだけど、眺めは良くないし、カーテンを閉めると狭い部屋に慣れた私でも最初のうちは、ちょっと圧迫感がありました。
ベッドの足元の方に衣装ダンスがあって、なんと扉を開けるとその中にテレビが収まってました。
要するにテレビを見るときは衣装ダンスの扉を開けておく必要があるということ(笑)。

でも、最初は狭苦しくて息が詰まりそうに感じた部屋も2日目あたりになると、この狭さが逆にカプセルに入っているような安心感になって、落ち着くんだから不思議です。
所詮、庶民な自分を実感^^;


f0059671_2225668.jpgこちらは地下の朝食用の部屋です。
部屋の狭さのわりにここは案外広いし、特に不衛生なこともなく、快適に食事できました。

ただ、泊まり慣れたドイツのホテルの食堂がぴっかぴかに磨かれて、食器からパン、チーズ、ハムに至るまで全てのものが秩序正しく整然と並べられている(!)のに比べると、食べ物と食器の置かれている台のテーブルクロスが微妙に斜めになっているところや(笑)、パンの積み上げ具合や、インテリアがどことなく手抜きなところとか、お国柄の違いをちょっと感じたりもしましたw
ま、私としてはテーブルクロスが多少曲がっているぐらいの方が気楽でいいんですけどね^^;


f0059671_2231362.jpg食事はイングリッシュ・ブレックファーストかコンチネンタル・ブレックファーストのどちらかを選ぶことができます。
コンチネンタルも大好きだけど、イギリスなので、ここはやっぱりイングリッシュ・ブレックファーストを頼みました。
チーズ、ジャム、トーストの他に、暖かい料理で目玉焼き、ソーセージ、ベーコン、ベイクドビーンズがついていました。
子どもの頃、実家の朝食はほとんど洋食で、ちょうどこんな感じだったので、なんだか懐かしいです。
目玉焼きも黄身がとろっとしていて美味しかったです。もちろんパンも全て完食!
ついでに、コンチネンタルの方は食堂の中央の台の上からパンなどを取るようになっているのですが、1日目はそこからコーンフレーク類も追加で食べました♪

ここでお客さんウォッチングをしていて、ちょっと面白かったのは、国外から来たお客さんが何を注文するかということ。
私なんかはオノボリさんらしく、迷うことなくイングリッシュ・ブレックファーストを食べたい♪と思うんですが、近くのテーブルのお客さんは、まずイングリッシュ・ブレックファーストの内容を聞いて、結局コンチネンタルにするんですよね。
隣のテーブルのドイツ人家族はお父さんだけイギリス式を試してみると言って、お母さんと子ども達はコンチネンタルでした。

朝は原則パンとコーヒーだけの大陸の人からすると、イギリスみたいに卵やらソーセージやらあれこれ朝から食べるのは重いと感じるのかもしれませんね。
外国だから他の国の朝ごはんを食べてみようというよりも、自国の朝ごはんの習慣を守るお客さんが、自分の見た限りだと多かったのは意外でした。

部屋は狭かったですが、朝食は満足できたし、確かに部屋のレベルのわりに宿泊費は高い(日本円で1泊8,510円)ですが、交通の便は良いし、滞在日数が短い場合はこれでも充分、許容範囲のホテルだと思いました。
[PR]
by icewine5 | 2009-07-10 22:13 | 旅の思い出:海外