晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ポルトガル旅行(その4 コインブラ1日目)

お昼から少々ワインを飲みすぎてほろ酔い気分のところで、ようやく観光です。昼食に時間がかかりすぎたせいで、当初、行こうと計画していたところを全部まわりきれるか心配でしたが、なんとかクリアできました。

f0059671_1204137.jpg最初に訪れたのはサンタ・クルス修道院。
1131年に初代ポルトガル国王アフォンソ・エンリケスが創設し、16世紀にマヌエル1世が改築したそうです。


f0059671_121448.jpgポルトガルの教会やその他の歴史的建造物で目を引くのは、装飾タイルのアズレージョ。青を意味するアズールAzulが語源だそうで、鮮やかな藍色が本当に美しいです。北ヨーロッパの教会の一味違う美しさがあると思いました。やはり、エジプトやトルコで見たモスクにも通じるところがあって、同じヨーロッパでもイスラムの影響が感じられるのが興味深いです。


f0059671_1213969.jpgドイツやフランスなどの教会やお城の装飾もそれは豪華で見事で美しいですが、日本人的感覚からすると派手すぎて落ち着かないのに対して、ポルトガルの教会はこのアズレージョがあるせいか、モスクに入った時と似たような感覚、居心地の良さを感じました。
(まあ、そうはいっても、私の場合、日本のお寺が一番落ち着きますが 笑)


f0059671_1212256.jpgもうひとつ、ポルトガルの教会で気に入ったのは教会の奥にある回廊です。このサンタ・クルス修道院だけでなく、今回の旅行で入った多くの教会で同じような美しい回廊があって、それがまたどれも素晴らしかったです。


f0059671_122344.jpgサンタ・クルス修道院の回廊は「静寂の回廊」というそうです。
ここは青と黄色のアズレージョ。青と黄色の組み合わせというと、派手な感じがするけれど、これが意外とよくマッチしていて鮮やかだけど決してけばけばしくはないのです。
観光客もそんなに多くはないのでのんびり見て歩くことができました。


f0059671_1222143.jpg続いて訪れたのは旧カテドラル。
こちらもアフォンソ・エンリケスによって建造されたものです。要塞としても使われていたそうで、あまり教会らしくない外観なのも納得。


f0059671_1223897.jpg教会内部はわりとよくあるタイプの教会。今回の旅行ではコインブラでもポルトでもリスボンでも教会をたくさん見すぎて特徴のあまりない教会は既に印象が薄れてしまっています・・・。
ここは逆に外観の方が印象的でした。


f0059671_1225495.jpg旧カテドラルからさらに細い曲がりくねった坂道を登っていくとコインブラ大学に到着です。この旧大学の時計塔は丘の一番高い所にある街のシンボル的存在で、どこからでもよく見えました。


f0059671_1231153.jpg入り口にある鉄の門が有名らしいです。


f0059671_1232918.jpg帽子の間と呼ばれる学位授与などに使われた広間と旧校舎の図書館の見学がセットで7€。
こちらは図書館の入り口。図書館は見学時間が決まっていて、時間になるまでは外で待つことになります。
内部は撮影禁止でしたが、それはそれは豪華できらびやかな図書館でした。
書架には古い本がびっしり並んでいて、書架にも細かな彫刻などが施されていて、いわゆる大学図書館のイメージとは全然違いました。


f0059671_1244415.jpg帽子の間では、実際に学生と先生(研究者)?のような人たちが何かディスカッションのようなものをしていたので、邪魔にならないようにこっそり端っこの方で見学し、終わってから改めて中に入ってみました。
こんな素敵な部屋が今も実際に大学として使われているなんて、ここの学生が羨ましいです。


f0059671_1252814.jpg会議がしばらく続きそうだったので、一旦部屋の外に出て2階のバルコニーに出てみると、コインブラの街がよく見渡せました。
街を横切って流れるのはモンデゴ川。
とても美しい街並みです。


f0059671_1254618.jpg大学を出て少し下ったところに新カテドラルがあります。ガイドブックによると1598年に着工し、完成まで100年かかったそうです。
正面上部はバロック様式、カブはポルトガル様式なんだとか。


f0059671_1261846.jpg内部も祭壇や天井の豪華でしたが、全体的には比較的落ち着いた印象の教会でした。


f0059671_1263556.jpgここまで見学したところでもう夕方。細い路地を下り、ポルタジェン広場に戻ってから、コインブラの街全体を撮影できるビューポイントとなる川の対岸に行ってみました。
コインブラはどこを歩いてもこんな細い石畳の道ばかりです。驚いたことにこんな細い道を路面電車が建物すれすれで通るんだからすごいです。これはコインブラに限らずリスボンでも同じ。


f0059671_1265297.jpgサンタ・クララ橋を対岸に渡りきったところから見たコインブラ大学のある丘。
雲ひとつない青い空と古い建物の組み合わせがとても美しい。絵葉書のような景色でした。


f0059671_1271785.jpgさて、この景色を眺めながら夕食をどうするか考えました。
なにしろ昼食を食べたのが遅かった上にボリュームもあったので、ほとんどお腹はすいていないし・・・
というわけで、昼間ポルタジェン広場近くのパン屋に美味しそうな菓子パンが並んでいたのを思い出し、行ってみることにしました。
パンの名前はよく分からないけれど、これと似たようなパンはポルトガルの街中のパン屋でしょっちゅう見かけました。
とにかくポルトガルはこの種の菓子パンがとっても美味しいのです♪しかも安いし♪
日本人の口にもよく合うと思います。

軽い夕食を終え、ポルトガル観光の実質1日目は無事終了です。小さな町なので案外簡単に見て廻ることができました。
[PR]
by icewine5 | 2010-11-09 01:29 | 旅の思い出:海外