晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ポルトガル旅行(その6 ポルトその1)

コインブラを昼過ぎに出て1時間半ほどでポルトガル第二の都市ポルトに到着です。
今回訪れた3都市の中では最も気に入ったのがこのポルト。
リスボンも素敵な街でしたが、ポルトガルを訪れる前に思い描いていたポルトガルのイメージに近かったのがこのポルト。なにしろ国名のポルトガルの発祥の地ですからね。しかもポルトガルを代表するポートワインの産地だし♪
郷愁を誘う古い石畳の街並と建造物に施された鮮やかなアズレージョ、開放的な港町の要素がミックスされて、どことなく懐かしさを感じさせてくれます。ステレオタイプなポルトガルらしいイメージがある街といったところでしょうか。

ホテルに到着したのは3時過ぎ。この日はドウロ川を挟んで旧市街の対岸にあるポートワインセラーに行ってみました。
以前、ポルトガル旅行をした妹に、ワインがものすごく美味しいから是非飲むべし!と聞いていたので、とっても楽しみでした。

f0059671_23531623.jpg旧市街から対岸に行くには二重構造になったドン・ルイス橋を渡ります。エッフェルの弟子によって1886年に建造されたそうです。

この日は橋の上層階を渡って対岸に行きました。
ガイドブックや旅行パンフレットのポルトの写真といえば、たいてい橋の麓の波止場からこの橋を背景にした街並みといった構図が多いかと思いますが、橋の上からの眺望もこれまたとても良いのです。
こちらは海に向かう川の河口側とポルトの旧市街。とても開放的で美しい景色です。


f0059671_23533768.jpg上流側も切り立った崖にワインセラーや古い建物が建っていて、その奥にも橋が架かっています。


f0059671_23535061.jpg旧市街の対岸にはワインセラーがぎっしり。


f0059671_2354271.jpg橋を渡りきってから急勾配の細い坂道を下って対岸の川岸にやってきました。
やっぱり海や川に古くて美しい街のある景色っていいですね~。心が安らぎます。

川沿いにはポートワインの工房が並んでいてカフェもあったりしてとても賑やかで大勢の観光客が対岸の街並みを眺めながら寛いでいました。


f0059671_2354175.jpgこの日見学したのは、ポートワイン工房の1つサンデマンです。
1790年にジョージ・サンデマンが創設した老舗ワインセラーで、黒い学生マントと騎士帽をかぶったシルエットのラベルが特徴。


f0059671_23544646.jpgサンデマンに限らず他のワインセラーも一般向けにポルトガル語や英語、フランス語などの見学ツアーがあるので、それに参加することになります。
サンデマンでは、ラベルにもなっている黒いマントと騎士帽をかぶったガイドさんが案内してくれます。残念ながら日本語ツアーはないので、英語ツアーに参加することに。


f0059671_23562079.jpgツアーの流れはワイン工房内をガイドの案内に従って見学した後、ポートワインやサンデマンについてのビデオを鑑賞し、最後にポートワインを試飲することができます。


f0059671_2357383.jpg私の貧しい英語力では多分半分ぐらいしか理解できてなかったと思いますが、ポートワインの歴史、3種類のポートワイン(ホワイト、ルビー、トウニー)とそれぞれの作り方の違いや、どんな食べ物に合うかなどを説明してくれました。

実はポートワインの名前だけは以前から知っていたものの、具体的にどんなものかは、今回初めて知りました。酒精強化ワインの一種(一次発酵の途中、糖度が一定のところに達したところでブランデーを加えて発酵を止める)だったのですね。


f0059671_23563959.jpgワインセラー内は日本酒の酒蔵にも良く似ていて大きな樽に熟成中のワインが貯蔵されているそうです。
アルコールの良い匂いが漂っています。
この樽の大きさもワインの種類によって違うそうです。


f0059671_022423.jpgワイン樽以外にさらに奥の部屋にはヴィンテージワインも保管されていて、古いものだと1904年なんてのもありました。一体どんな味なんだろう??
見学者の一人が「こういう古いヴィンテージは試飲させてくれないの?(笑)」と冗談半分にガイドさんに聞いてみんなの笑いを誘っていましたが、さすがにそれは無理でしょう^^;。

一通り見学が終って、これまでのおさらいも兼ねてビデオ鑑賞。ポートワインに使われる葡萄が栽培されているドウロ川中上流の様子なども見ることができました。


f0059671_23573397.jpgそして、一番のお楽しみの試飲です。
私たちの見学班は閉館間近だったので、試飲室はすでに空いていましたが、ここに見学に入った時はお客さんでいっぱいでした。


f0059671_23575114.jpg試飲はルビーとトウニーの2種類。どちらも甘くてとっても美味しいワインでした♪あ~、もっと飲みたい!
デザートワインとして飲む場合がある点ではアイスワインとも共通していて、甘さにも似たところがあります。HNをポートワインに変えたくなってきた(笑)。


f0059671_2358846.jpgというわけで、ルビー、ホワイト、トウニーの3種類を購入しました。

ですが、これには後日談があって実は残念なことに帰る飛行機のスーツケースの中でホワイトが破損してしまったのです(涙)。
衣類や新聞紙でくるんで割れないように梱包したんですけど・・・。まあ、被害が1本だけで済んだからまだ良かったと思うしかありません。
昔みたいに機内持ち込みができれば問題ないんだけど、今はそれができないから海外でワインを購入した際はよほど厳重に梱包しないと駄目だと改めて思い知らされました。

とにかく、ワインセラー見学は日本の酒蔵見学と同じく、実際に酒樽やヴィンテージワインも見れるし、美味しいワインも試飲できるし、アルコール好きにはとても楽しい場所でした。
これに味をしめて実は翌日も別のワインセラーに行ったのですが、それはまた別エントリーにて。
次はポルト一日目の夕食です。
[PR]
by icewine5 | 2010-11-16 00:05 | 旅の思い出:海外