晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ポルトガル旅行(その8 ポルト サン・フランシスコ教会 他)

ポルト2日目は朝からサン・フランシスコ教会など主要な観光地を見て廻りました。

f0059671_22153989.jpgアズレージョが美しいサン・ベント駅。前日、この駅に到着したときにまず構内や駅前の教会のアズレージョを見てポルトって素敵な街だなあと思ったのでした。
ガイドブックにもちゃんと駅が観光名所として掲載されているのだからすごいです。


f0059671_22155796.jpg駅構内のホールの前後左右の壁に2万枚のタイルでポルトガルの歴史が描かれており、作者はジョルジュ・コラコという人だそうです。

朝焼けに照らされたアズレージョもまた情緒があっていい感じです。


f0059671_22161198.jpg駅の近くにある教会の外壁にもアズレージョが施されています。
ポルトの街ではいたるところでこのような教会やその他の建物を見かけました。


f0059671_22163090.jpg次に向かったのはドウロ川近くのエンリケ航海王子広場。
まだ朝早い時間で観光客もそんなにいません。
この広場の中央にエンリケ航海王子の像が建っています。
王子の像の上にずっと鳩がとまっていて、まるで帽子の飾りのように見えます。
この日も本当に良い天気で空が真っ青です。


f0059671_22164882.jpg広場からすぐ近くの場所にあるのがサン・フランシスコ教会。
14世紀のゴシック様式の教会で外観は、大きいけれどどこにでもよくありがちな地味な建物ですが、内部は金きらきんで超豪華でした。写真撮影が禁止だったのがとっても残念。


f0059671_2217107.jpgこの建物の外観と内部の派手さのギャップが非常に大きいのです。

バロック様式の装飾が大変見事で金泥細工に覆われた彫刻がいたるところにありました。
正直、ちょっと派手すぎて落ち着かないぐらいだけど、西洋人にはこれがありがたく感じるのかなあ・・・
ここでは今回の旅で珍しく日本人の団体観光客に出会いました。


f0059671_2217275.jpg教会外側のバルコニーから見たドウロ川。
少し高台に教会が立っているので見晴らしが良いです。


f0059671_22175486.jpg隣のボルサ宮の見学時間待ちの間にエンリケ航海王子の生家跡カーザ・ド・インファンテを見に行きました。
中は14~19世紀に税関事務所として使われていた建物だそうでちょっとした博物館になっていました。


f0059671_22181313.jpg続いて訪れたのはボルサ宮。
19世紀の証券取引所で現在もポルト商工会本部のオフィスとしt江私用されているそうです。
館内は職員の案内ツアーで見学可能で、撮影は禁止。
昔、裁判が行われていた「法廷の間」や今も会議などで使われている「黄金の間」などいくつかの部屋を案内してもらいましたが、「アラブの間」というアルハンブラ宮殿を模して作られたアラベスク模様のタイルで覆われた部屋はエキゾチックな豪華さが印象に残っています。


f0059671_2218372.jpg見るべき場所がどれも近くに集まっているので午前中だけでどんどん観光できてしまいます。
というわけで、お次はクレリゴス教会と塔。
イタリア人の建築家ニコラウ・ソナーニによって18世紀後半に建てられたバロック様式の教会と塔です。


f0059671_22185670.jpg塔の階段は255段。もちろん一番上まで登ってきました。


f0059671_22191625.jpg76メートルの塔はポルトガルで一番高いのだそうです。
ポルトの街を一望できて気持ちがいいです。

教会内部は先ほどのサン・フランシスコ教会ほどの派手さは無いものの、荘厳で立派なものでした。


f0059671_22195443.jpg街中で面白いポストを発見。
こういうのをヨーロッパではたまに見かけますね。日本でもたまにあるかな?


f0059671_2220932.jpgこのポストの近くのマクドナルド。
ファストフード店とは思えない立派な外観に思わず写真をとってしまいました。
ちゃんと街並みに合う景観を考えているんですね。

これでポルトの主な歴史的建造物などの観光はカテドラルを残して午前中でほぼ見終えてしまいました。
どこも徒歩で見て廻れるので、想定していたよりもさくさく進みます。
午後は再びドウロ川へ。
[PR]
by icewine5 | 2010-12-27 22:23 | 旅の思い出:海外