晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ペルーの旅(マチュピチュのビューポイントから)

f0059671_1134119.jpgアグアス・カリエンテスからマチュピチュ行きシャトルバスで約30分。遺跡に到着です。

午後からの見学に備えて、遺跡入り口にあるホテル「マチュピチュ・サンクチュアリ・ロッジ」のレストランで昼食をとりました。
f0059671_11302.jpgブュッフェ形式で種類も豊富、味も良かったです。(写真は、自分で盛り付けてるので、あまり美味しそうに見えませんが、ここの料理です。 汗)

その時は知らなかったのですが、後日ガイドブックで料金を調べたらUS$24と相当高い観光地価格でした。
遺跡周辺で食事ができるのは唯一、このレストランだけだし、遺跡内では食事禁止だから、この値段になるのも仕方がないですね。

f0059671_1144325.jpg食事&トイレも済ませて(広い遺跡内にはトイレがないので、午後たっぷりの見学には結構重要デス 笑)いざ!

f0059671_1152757.jpgツアーガイドさんの案内に従って、まずは急な坂道を10~15分ほど登って、マチュピチュの定番ビューポイントまで行きました。(写真は山道や遺跡入り口から見える険しいアンデスの山々です。)
ただでさえ急な山道でキツイ上に、標高2,400メートルで空気が薄いのもあって、かなり呼吸が苦しかったです。

f0059671_1161625.jpgハァハァ言いながら登って視界が開けた所に、写真でよく見るお馴染みの光景が広がった時には感動もひとしお。
本当に自分の目で見てるんだ!本当にマチュピチュに来たんだ!というのが、ジワジワ実感として湧いてきました。

と、感動しつつ、登る間じゅう忙しなくデジカメのシャッターを押し続ける自分。
旅行の時は風景だけを撮るのはもちろんの事、証明写真さながら自分も映りたい典型的日本人観光客の私は(笑)、少し面倒そうなKちゃんの様子にもめげず「ちょっとここで写真撮って!」とお願いしまくり(汗)
帰国してからメールのやり取りで、「1分に1回は写真撮ってたよね」と書かれてしまった・・

f0059671_1164171.jpgでもね、また今度いつ来られるか分からないし、あの光景を目の前にすると折角のチャンスなんだから、色々撮っておきたくなるんですよ。
結局、本やテレビで見かけるのと同じような写真ばかり何枚も残っているのですが、それも私にとっては貴重な記録であり、良い思いでです。

写真手前下の方に見えるのが居住区や神殿、広場などのある市街地です。遺跡の背後(方角的には北側)の山のうち、向かって右側の高い方の山が「若い峰」を意味するワイナピチュです。
標高2,690メートルでマチュピチュとは約300メートルの高低差があります。
別エントリーで書きますが、このワイナピチュには翌日、フリータイムだった冬至の日の朝に登ってきました。

ちなみにマチュピチュは「老いたる峰」という意味で、これらの写真を撮っているビューポイントの背後、つまり遺跡の南側にそびえる山のことです。

さて、次の記事では昨日見た「探検ロマン世界遺産 マチュピチュ」の感想も踏まえて、マチュピチュ遺跡内部についてレポートしたいと思います。
[PR]
by icewine5 | 2006-07-04 01:28 | 旅の思い出:海外