晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ペルーの旅(マチュピチュ:市街地部分その2&夕暮れのマチュピチュ)

マチュピチュ市街地、インティワタナから降りて、反対側の居住地へ行きました。

遺跡の入り口からみると、一番つきあたりに位置するパチャママの神殿のそばにワイナピチュへの入り口があります。
翌日の朝、迷わず行けるよう場所をチェックしてから、貴族の居住区あたりを抜けていきます。
f0059671_022187.jpgこの写真が市街地の中では一番低い辺りから撮ったものです。
現在は各家の石壁だけが残っていますが、当時は茅葺屋根がのっていたらしいです。


f0059671_0222070.jpgこちらは技術者の居住区内にある2つの石臼。
ガイドブック等では、石臼と称されているものの実際にはどのように利用されたかの定かではないようです。
ただ、案内してくれたガイドさんは、太陽の光が反射して鏡のような役割を果していることを教えてくれましたので、これも何らかの宗教的儀式と関わっているのかもしれません。
写真を撮った角度から見ると、石臼の薄いへこみに溜まった水が反射して黄金色に輝いていました。

f0059671_0224078.jpg次はコンドルの神殿と牢獄です。
写真は近くで撮ったので、巨石が画面内に収まり切っていませんが、この巨石がコンドルの羽を広げたさまを模しているらしいです。
巨石の下は、私も潜りましたが、牢獄として機能していたそうで、巨石の上部は拷問場だったそう・・・
この辺りは迷路のように入り組んでいて、構造が分かり難く、後ほど本を見て、かろうじてどうなっていたのか把握できました。確かに牢獄にはふさわしいかも。
ちなみに、ガイドさんも説明してくれたし「地球の歩き方」にも出ていたのですが、インカでは「盗まない」「怠けない」「だまさない」が3大掟として定められていたそうです。
「盗まない」「だまさない」は当然だけど、すぐに怠けたくなる私にとって、「怠けない」は結構厳しい掟です(汗)。

ここからも登ったり降りたりしながら、水汲み場や太陽の神殿のそばを通り抜け、最初に入った市街地への入り口「太陽の門」とは別の北側にある入り口まで到達。

一応押さえるべきポイントは大体見たと思いますが、ガイドさんの話ではこれでもまだ全部は見切っていないとのこと、充分に堪能するには1日じゃ足りないと言われました。
確かにこれだけ見るだけでも半日かかっているので、本当なら後まるまる1日は欲しいところです。



市街地で解散した後、マチュピチュの日暮れを見るためにそのまま遺跡に残りました。
もう一度、市街地の外、マチュピチュのビューポイント付近からゆっくり堪能。
f0059671_023979.jpg途中の階段で、昼間は見かけなかったリャマ達が器用に階段を登ってきました。一体、どこにいて、どこへ行こうとしてるんだろう?
この動物達がまた大人しくて、可愛いんだなw
一緒に写真を撮っても、全然警戒しません。
動物好きのKちゃんは私以上に大喜びです。


f0059671_0232864.jpgビューポイント近くは段々畑が広がり、マチュピチュ市街地を眺め下ろすには良い場所が沢山あります。
私はどうしても一人でゆっくり夕暮れのマチュピチュが見たくて、Kちゃんとも離れ、ひと気の無い段々畑の一角に腰を下ろしました。
すぐ側にはリャマが1頭いるだけ。まさに別世界です。


f0059671_0234755.jpg太陽が少しずつ傾いて、光がワイナピチュや市街地に降り注ぐのが本当に美しく神秘的でした。いつまでも静かに見ていたい気持ち。

f0059671_024576.jpgそして、とうとう山の後ろに沈んだ太陽。わずかな光がワイナピチュを照らしています。

マチュピチュに来たなら、遺跡を充分に堪能するのはもちろんの事、日の出と日の入りは必見だと思いました。
この美しさは、ちょっと言葉で表現するのが難しいです。
[PR]
by icewine5 | 2006-07-08 00:37 | 旅の思い出:海外