晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

「華麗なる一族」第4回

前回までに散々不満を書きつくしたので、今回は特別な期待を持たずに見る事にしました。
もうこれは山崎豊子さんの「華麗なる一族」ではなく、原作とは全く別物のキムタクドラマとして見るしかないです。
今更ですが、ドラマでは鉄平VS大介が主軸であって、大介VS三雲の切り口では描かれないのですね。
このドラマの場合、原作を読まずに見た方がずっと楽しめたかもしれません。

以下、ネタバレありで簡単に感想です。




今回、「アレッ??」だったのが、平和銀行絡みの不正融資の部分です。
東京支店の「忍者」芥川さんが大蔵省の春田局長を接待するシーンを密かに楽しみにしていたのですが、案の定そのあたりの細かい経緯はすっ飛ばし。
しかも、不正融資の黒幕は本来、自由党の田淵幹事長のはずが、なぜか鉄平の義父・大川一郎になっていて唖然としました。
大介と鉄平の関係悪化を際立たせるため、また、大介を原作よりも単純な悪者に仕立て上げるための改変なのでしょうが、ここは個人的には変えて欲しくなかったです。

単純な悪者という点では、相子にしてもこれでは単なる意地悪なお妾・兼・閨閥コーディネーターにしか見えません。
原作でも確かに相子は嫌な女だけど、鉄平夫婦や寧子に対してあれほどあからさまな物言いをするほど愚かな女ではないはずです。

小説をドラマ化するということは、文字で示された情報をいかに俳優が料理し、ビジュアルで見せてくれるかが見る側の楽しみであるのですが、分かりやすくするために話を単純化し、デフォルメしてしまうのは違うような気がします。

まあ、この作品の場合、金融や鉄鋼業界の専門的な内容が多く、登場人物の会話も元々説明調なので、それをそのまま俳優がしゃべると不自然になると思いますが、そうは言っても、もうちょっと工夫の仕方があったんじゃないかと思います。

あちこちで不評の鯉と肖像画は言わずもがな。
今回、肖像画を正面から見せずに斜めからにしたのは、多少でもギャグっぽさを軽減しようという意図なのでしょうか。
鯉も尾びれと背びれだけになってたし(笑)。

他にも色々、ツッコミどころはありますがもう書く気力がありません。
良かったことは前回と変わらずおじさん連中。特に大川一郎の西田敏行にはホロリとさせられました。

あとは蛇足で耕史くんオタ的感想も少し。
脇役とはいえ、今回の結婚式は美味しいシーンでした^^;
結婚式といえば、「恋に落ちたら」でも最終回で木村桂乃ちゃんと結婚式のシーンがありましたが、あのほのぼのとしてハッピーな式と違って、今回のは暗かったですね・・・
[PR]
by icewine5 | 2007-02-05 00:19 | テレビ(ドラマ)