晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ドイツその7(ハイデルベルク:「ドン・ジョバンニ」鑑賞)

f0059671_214176.jpgまたまた間があいてしまいましたが、ドイツの旅記録です。

ハイデルベルク到着2日目の夜は市の劇場でオペラ「ドン・ジョバンニ」を鑑賞しました。

開演は夜8時で日本よりも1~2時間遅めですが、ヨーロッパの夏は日暮れが遅いので、幕間の休憩時間の9時過ぎでもまだうっすら明るくて、気分的にはまだ夕方の感覚です。
ヨーロッパの人たちは短い夏の長い夜を存分に楽しむのでしょう。


f0059671_2142863.jpg
f0059671_214538.jpg

劇場の外観は何の特徴もないありきたりの建物ですが、中はこじんまりしているものの意外と劇場らしい趣のある本格派です。
ただ、客席の前後の幅が狭いし中央に通路が無いので、この日のように満席だと一旦席に着いてしまうと、今度は出るのが大変。
日本人の私ですら狭いと感じるんだから、ごっついドイツ人ならなおさらじゃないかな。
鉄道の座席なんかは幅もゆったり広めなのに、劇場の椅子だけは、でかいドイツ人仕様じゃないんですね(笑)。



さて、今回のドン・ジョバンニですが演出がちょっと変わっていて、登場人物が皆、ジーパンにセーターといった現代人の格好をしていて、その上に昔風の衣装を羽織もののようにかけている不思議ないでたちでした。

舞台セットも同じく、現代風で殺風景といってもいいぐらいシンプル。
そういえば昨年、新国立劇場で観た「フィデリオ」も現代風の演出だったけど、個人的には当時のオペラはやはり当時の雰囲気のあるオーソドックスな演出の方が好きです。

とは言え、音楽そのものは良かったし、ドン・ジョバンニ役のにいちゃんも格好よかったし、従者・レポレロの道化っぷりもいい味が出ていました。
ただ、日本で見るのと違って、当たり前だけど日本語字幕が無い!(笑)
旅行前に時間がなくて対訳コピーを用意できなかったけど、知っている作品だしイイヤと思ったのがよくなかった・・・
やっぱり細かい台詞を追いながら聴いた方が断然、楽しめます。
もちろん、例の「カタログの歌」とかは字幕がなくても笑えるけど。

f0059671_2151076.jpgこちらは幕間休憩時間中のロビー。
天井がガラス張りになっていて、劇場内とはまた全然違う雰囲気です。
なんか日本と習慣が違うなあと思うのはこの休憩時間。
こちらの人たちは休憩時間になると本当に席からすっかりいなくなっちゃって、みんなロビーや屋外に出てシャンパンなどを飲みつつ談笑しているんですよね。まさに社交場なんだなと感じます。
日本でも、もちろんロビーで飲んだりするけど、それよりも主目的はトイレ休憩で、並んでいるうちにあっという間に開演ブザーが鳴ってしまうという感じで、なんか慌しいのですよね。
休憩時間は同じぐらいなのに、一体何が違うんだろう・・・

後半で印象に残っているのは、ドン・ジョバンニとレポレロの食事中の応酬シーン。
弁当箱みたいなタッパーに入った緑色の食べ物を舞台の上で食べているんですが、その食いっぷり&投げっぷりがスゴイ!
いや、食いっぷり以前に、食べる真似ではなくて、本当にガツガツ食べながら歌っているんだから驚きです。歌よりもそっちの方にすっかり気をとられてしまいました。
客席からだと何を食べているのか分からなかったのですが、後で聞いたらきゅうりだったそうです。
オーケストラピットにいると、きゅうりの匂いがプンプンするらしい(笑)。

とまあ、今回は作品そのものを楽しむといよりも、ちょっと毛色の違う演出のオペラを日本で鑑賞するのとは違う雰囲気の中で楽しむといった感じでした。
[PR]
by icewine5 | 2007-11-08 02:22 | 旅の思い出:海外