晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

フランスその1(ストラスブール:初日の夕食)

ストラスブール到着日、夕食は旧市街の中心地、大聖堂近くにあるアルザス料理のお店に行きました。

f0059671_2328213.jpg駅の近くの宿泊先から中心地までブラブラ歩いていったのですが、こじんまりしたハイデルベルクと比較すると、建物も大きいし通りの幅も広いし、都会に来たんだなあと感じられます。

ハイデルベルクは、大都市フランクフルト近郊の古い観光都市であると同時に、お金持ちの多い高級住宅地でもあって、日本で言えばちょうど鎌倉市みたいなところ。
そこからストラスブールに行くというのは、鎌倉市に滞在した後に横浜に出てきた感じというのがぴったりかも。


f0059671_2328202.jpgさて、レストランは場所柄、地元の人よりも観光客で賑わっていました。
飲み物は、ストラスブールに来たからにはアルザスワイン。
冷たい辛口ワインが胃の腑に染み渡る!
まあ自分の場合、舌があまり繊細ではないので、ワインなら何を飲んでも美味しく感じるのですが・・・

f0059671_23283510.jpg料理もアルザス地方の名物、ベックオフを注文。
手前の器が2人前、向こう側の器が1人分。このボリューム感が本当に嬉しいです!
料理が運ばれてきたときに「うゎ~!多いw」という感激を味わえるのは海外旅行ならでは。
煮込んだじゃがいも、肉類、たまねぎなどの野菜がぎっしり詰まっていました。

もちろん、味も文句なし。この素朴な味わいとボリュームはフランス料理というよりも、むしろドイツ料理っぽいです。
やはり何度もドイツ領になった場所だけあって、食文化もドイツに近いんですよね。

f0059671_23285261.jpgもうこれだけで充分お腹いっぱいでしたが、デザートは当然別腹。
焼きプリンと普通のプリン両方注文して、3人で取り分けました。
焼きプリンといえば映画「アメリ」ですかね~。
表面の殻のカリカリがなんとも美味しかったです。

最後にお客さんウォッチングで面白かったことを一つ。
隣のテーブルも観光客らしいイタリア人夫婦だったのですが、彼らのメニュー選択の凝りようが凄かった。
我々のように手っ取り早く郷土料理を注文するのではなくて、丹念に時間をかけてメニューを1つ1つ調べつつ、夫婦であれこれ議論してる(笑)。
分からないメニューがあると辞書まで持ちだして、調べてました。いや~、食に対するこだわりの強さはさすがイタリア人?
[PR]
by icewine5 | 2007-11-22 23:30 | 旅の思い出:海外