晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:レストラン( 119 )

京都・奈良・西宮(その10 白鹿クラシックス)

最終日は奈良から兵庫県の西宮へ。父方の祖父母のお墓参りが主な目的で、余った時間に白鹿のレストラン「白鹿クラシックス」と酒造博物館に行きました。
白鹿は私の通っていた幼稚園を経営している会社なので、昔からとても親しみがあります。
幼稚園の行事で白鹿の酒蔵を見学したことはおぼろげながら覚えていて、今でもその時嗅いだ蒸したお米や日本酒の良い匂いは記憶に残っています。

阪神西宮駅からバスに乗って南の方へ約10分。西宮駅から北側はお墓参りで時々来ていますが、海側へは子どもの頃以来。母もずっと来ていなかったので、震災ですっかり変わってしまった街並みに感慨深げでした。

f0059671_2112097.jpgレストラン内は以前の酒蔵をイメージしたちょっとレトロな雰囲気でした。


f0059671_2113664.jpg酒蔵なので窓は壁の低い位置ではなく、高い所にあるので、そこから差し込んでくる光が柔らかくて温かな感じがします。

ランチメニューは和洋創作、パスタなど洋食系メニューのほかに、酒粕を使った魚料理など酒造会社ならではメニューもあります。

私達が選んだのはサラダ、スープ、メイン、パンorライス、飲み物、デザート(+300円)の蔵シックスランチ。(1050円)。
デザートは追加で300円ですがクーポンを持っていったので、実質はデザートも込みで1050円でした。
ボリュームたっぷり、味も良くてこの値段ですから大満足です。


f0059671_295556.jpg最初にスープとサラダ。
わりとどこにでもある付け合せ的な感じです。


f0059671_2101216.jpgメインは鶏肉料理。
これがかなりボリュームたっぷり。お肉の上にはそれが隠れるぐらい夏の野菜がたっぷり乗っかっていました。
フレンチとかイタリアンというよりも「洋食」と言うのがしっくりくるような王道をいく料理でした。


f0059671_210318.jpgパンと御飯を選ぶことができて、パンの場合はお替り可能だったので、パンにしました。
ですが、メインがたっぷりだったので、お替りの必要はありませんでした^^;


f0059671_2104664.jpgデザートは予想以上のボリュームだったのが嬉しかったです。値段からすると小さなケーキがアイスクリームがついているぐらいかと思っていたものですから。
アイスクリームもクレープも大変美味でした。

最後に飲み物のコーヒーを飲みながら、お客さんも少ない平日の昼下がりでのんびり寛ぐことができました。
吟醸粕漬けとか粕汁も機会があれば食べてみたいです。
[PR]
by icewine5 | 2010-08-19 02:12 | レストラン

京都・奈良(その9 平宋 奈良店)

平城京跡で歩きまわったこの日は奈良の郷土料理ともいえる柿の葉ずしの老舗「平宋」 の奈良店で夕食。
本当は最近人気上昇中の別の郷土料理店に行きたかったのですが、予約がとれなかったので、予約なしでも大丈夫なこちらのお店にしました。
場所は猿沢池のすぐ近く。ならまち方面に行く細い道に面した古いお店です。

f0059671_135412.jpg柿の葉ずしに胡麻豆腐、焼物、焚き合せ、ほうじ茶の茶粥、葛きりなどがセットになった八重桜(3360円)を注文しました。
旅行などで和食が2日続くと飽きてしまうのですが、前日の「彩り」とは趣向の異なる郷土料理だったので美味しくいただきました。

平宋の柿の葉ずしそのものは、奈良からの帰りの新幹線で食べる時によく買っていましたが、お店に入って食べるのは初めて。いつも店の前を通りがかって気になっていました。
柿の葉ずしは平宋以外にもいくつかお店があってそれぞれ味に違いがあるんだけど、私は個人的にはここの柿の葉ずしが一番好きです。鯖そのものはあまり好きではないのですが、柿の葉ずしの鯖はとっても美味しく感じるのです。もう何個でも食べられちゃいます。

胡麻豆腐も奈良らしくて良いです。


f0059671_1334145.jpg焼物は鮎。
引き締まっていて、とても香ばしくて美味しかったです。


f0059671_1335955.jpgそしてもう一つ、奈良の名物といえばほうじ茶の茶粥です。
奈良の郷土料理の店では大体これが出てきます。
奈良の総合情報サイト「奈良っこ」 の茶粥特集によると、茶粥のルーツは次のようなものだそうです。
「9世紀初頭、弘法大師が唐から茶種を持ち帰り、大和地方に植えたのが「大和茶」。
江戸 の初め、お茶の産地だった奈良では、上納したあとに残ったお茶で炊いたお粥が茶粥の始 まりだといわれている。
お粥に米を使えたのは、当時、大和国が一反当たりの米高が全国 より多かったから。
また、「お水取り」で知られる東大寺二月堂修二会の練行僧の食事に出 される「茶飯」が広まったとも。」



f0059671_135680.jpg茶粥はお茶の分量が御飯に比べてかなり多いので、さらっとしています。平宋の茶粥も御飯が鍋の底に沈んでいました。
非常に薄味なので、胃に優しく料理の最後でもするする食べられます。


f0059671_1352119.jpgデザートは葛きり。
これも奈良の名産ですね。

非常に健康的な食事なので、体の疲れたときには最適かもしれません。
気軽に入りやすいお店だし、行っておいて良かったです。
[PR]
by icewine5 | 2010-08-18 01:37 | レストラン

京都・奈良(その5 大和郡山市の日本料理店「彩り」)

奈良では大和郡山にわりと最近できた日本料理店「彩り」に連れて行ってもらいました。
これがまた味もサービスも大変良いお店でした!
f0059671_14544535.jpg外観はごく普通の住宅で1階部分がお店になっているのですが、正直、お店の外側だけみたときはこんなに美味しい料理を出してくれるとは思いもしませんでした。
しかも場所柄か、値段もそれほど高くなく、もしも同じ料理とサービスを東京都心のお店で受けたとしたら、倍以上の金額でも違和感ないぐらい、お値段以上の価値があるお店です。
近鉄大和郡山駅に近い城下町の住宅街にあり、お店のHPなども特に無いのであまり知られていないはずですが、隠れた名店だと思います。


f0059671_14501143.jpgメニューは文月のコース。(値段は多分4500円ぐらい?)
今回は伯母が予約してくれていたので、他のコースや一品料理などがあるのかどうか分かりませんが、席数の少ないお店をご夫婦で切り盛りされているので、恐らくこの1コースだけかと思われます。

どれも夏らしい食材を使って丁寧に料理されたものばかりでした。


f0059671_14502775.jpg先付 もずく酢、長芋、鱚、アスパラ、糸瓜焼き浸し
どれも非常にさっぱりした口当たりで、暑い日の最初にふさわしい一品でした。
アスパラガスって洋風のイメージがありますが、和食にもよく合うのですね~。


f0059671_1450448.jpg飲み物は冷酒を頼みました。
奈良の地酒、春鹿です。ここの辛口のお酒が大好きです。


f0059671_1451083.jpg吸物 鮎素麺、青柚子
この時期は鮎ですね!魚があまり好きでは無い私でも美味しくいただくことができました。


f0059671_1451239.jpg造里 季節の魚
他の料理もそうですが、盛り付けがとても素敵です。この朝顔の花は次の料理にもつながっていました。


f0059671_14513928.jpgそして、器もどれも凝っています。
お造りのお皿には脚が付いていました。これも高床式の家屋みたいで涼しそうなイメージです。


f0059671_14515757.jpg焼物 すずき、アボガド焼
朝顔棚
 ・ずいき煎り米浸し
 ・新蓮根、しめじ香梅和え
 ・ミニトマト、コーン、オクラ、琥珀寄せ
これがまたとても洒落た盛り付けで、美味しいだけでなく見た目にも楽しませてくれました。
メニューを見たとき、朝顔棚ってどんなものが出てくるんだろうと、ワクワクしていたら4つの料理を朝顔の花に見立てて、朝顔棚に並べられていました。葉はもちろん本物です。

それぞれの料理もとても手が混んでいて、どれもこれも本当に美味しいです。
アボガドの焼物も日本料理には珍しくて良かったです。


f0059671_14521685.jpg焚合せ(冷製)の入った器には紙の蓋がついていて、その上に青いもみじの葉が添えられていました。
どれもこれも風流だな~。


f0059671_14523576.jpg蓋をあけると、中には丸茄子油煮、小芋、冬瓜、車海老吉野煮、茗荷。
さっぱりしているんだけど、決して味が薄くて物足りないということはなく、どれも本当に良い味です。


f0059671_14525278.jpg揚物 じゃが芋籠、穴子天ぷら、青とう
じゃが芋籠って何だ?と思ったら千切りにしたじゃがいもの天ぷらだったんですね。これも手が込んでいます
揚げたてのホカホカ。サクサクの食感でした。


f0059671_14532921.jpg御飯 かに雑炊 香の物
お腹もほどよくいっぱいになったところにちょうど良い雑炊でした。香の物も自然な味わいです。


f0059671_14534684.jpg水物 杏シャーベット
これがまたさっぱりしていて本当に美味しい和風シャーベットでした。


f0059671_1454272.jpg杏以外にもブルーベリー味を選ぶことができて、母だけはこちらにしました。
こちらも美味しかったそうです。

最後に料理人のご主人も挨拶に出てきてくれましたが、今どき風の若くて、とても気さくで感じのよい人でした。出された日本料理のイメージとのギャップが結構大きくてびっくり。


f0059671_1455438.jpg本当に大満足のお店でした。近かったら毎月メニューが変わるたびに通いたいぐらいです。
まだネットで検索してもほとんど情報は無いお店ですが、そのうち口コミで評判が上がってくるんじゃないでしょうか。でも、有名になって予約が取れなくなったりしても困るし(笑)、ちょっと内緒にしておきたい素敵な日本料理店でした。
[PR]
by icewine5 | 2010-08-14 14:57 | レストラン

京都・奈良(その4 flowing KARASUMA / la gallega)

福寿園を出た時点で夕方4時半。近くのお寺に行くには拝観時間に間に合わないので、Uちゃんお勧めのカフェに場所を移してまたまたお喋りすることにしました。

烏丸四条駅近くのカフェflowing KARASUMAです。
最初にレトロな西洋風の石造りの外観を見たとき、小樽で見た旧日本銀行やその向かいの小樽バイン(感想はこちら)にとても似ていると思い、帰ってから調べてみるとやはり旧日本銀行と同じ建築家による建物でした。

こちらのflowing KARASUMA東京駅を設計した明治・大正期を建築家の辰野金吾氏の晩年の作品で平成16年までは旧北國銀行京都支店として使われていた建物の内部をリニューアルしたそうです。(長谷ビルディンググループHPより)
道理で小樽でたくさん見た建物とよく似ているはずです。

旧銀行を使っているので、お店の内部も天井が高くてレトロな雰囲気。同じく旧北海道銀行の建物を使った小樽バインの内装ともどこか似通っているように思いました。
しゃべりに夢中に内部の写真を撮らなかったのが残念!

ちなみに小樽バインは辰野氏の弟子で日銀旧小樽銀行の設計グループの一員であった長野宇平治氏の設計だそうです。

f0059671_1234171.jpgさて、このカフェではUちゃんお勧め、3種類の味が楽しめるflowingシューだけにしようと思ったのですが、他のケーキも美味しそう~~。
というわけで、生チョコタルトも注文してしまいました♪
Uちゃんが注文したのはズコットタルト。

いずれもこってりした甘さが苦手のUちゃんでも大丈夫なくらい、程よい甘さで大変美味でした。

ケーキの値段はほとんどが300円台とお手頃価格です。
関西の他のお店に行ってもよく思うのですが、東京に比べて物価が若干安いのは嬉しいです。
このレベルのケーキとお店の雰囲気からすると、東京だったら400円~500円ぐらいはしそうな品ばかり。

こちらも非常に居心地の良いお店でした。

続いて訪れたのは、三条京阪駅近くのスペイン料理店la gallegaです。
ここも比較的新しいお店ではないかと思います。

店内は普通に座って食べる椅子席と立ち飲みバーに分かれています。
午後からずっと座ってお茶ばかりしていたので、お腹もそれほど空いていないというわけで、立ち飲みバーで軽くアルコールとおつまみを何品か注文しました。

f0059671_124276.jpg他にもいくつか注文したけど写真を撮ったのはこのタコだけ。この時期、ちょうどパウル君が世間を賑わしていたこともあり、しかもスペイン料理屋でタコということに個人的に反応してしまいましたw

今回はこれで充分お腹いっぱいになったので、バーの方だけでしたが、料理も美味しかったしまた機会があれば椅子席のレストランエリアでも食事してみたいです。
ここだったらフラッと一人で入っても居心地良さそうだし、駅のすぐ目の前で交通の便は良いし、Uちゃんの選ぶお店はいつも間違いなし!
それにしてもUちゃん、1年前に比べてすっかり京都の街に詳しくなっていて、私は連れて行ってもらうばかりで楽をさせてもらいました。ここ数年で新しい素敵なお店もできたりして京都も毎回くるたびに違った発見があります。
彼女とはここでお別れ。また次の京都訪問時に楽しみです。
[PR]
by icewine5 | 2010-08-13 01:26 | レストラン

京都・奈良(その2 福寿園京都本店カフェ「京の茶寮」)

お昼はUちゃんと四条通りの福寿園京都本店の2階カフェ「京の茶寮」で待ち合わせ。
ここで昼食をとった後、前もって予約していたお茶の講座を受けました。

福寿園の京都本店は1階が商品の販売、2階から4階にそれぞれ趣向の異なるカフェやお茶を使ったフレンチレストランや喫茶があり、どれもとても気になります。
このお店やお茶の講座を提案してくれたのはもちろんUちゃん。さすが、粋な趣味でいらっしゃる。

私達が利用した2階の「京の茶寮」は
「宇治茶を生かした甘味やフランスの家庭料理など、伝統の技で仕上げた宇治茶との新しい出合いの演出をお楽しみいただけます。」(福寿園 京都本店HPより引用)
写真は撮らなかったけど、最初に出された冷たい緑茶がとっても美味~。暑い日にはありがたいです。
後ほど講座で教えてもらったところ、水出しのかぶせ茶だったようです。

f0059671_1353717.jpg私が選んだのは和風ハンバーグステーキのセット(玄米茶飯、サラダ、デザート付き)。
ハンバーグの上にお茶の葉っぱがかかっていました。お茶が使われていると、カロリー高そうなハンバーグもヘルシーな健康メニューのように思えてきます。


f0059671_1355071.jpgUちゃんが選んだのはシーフード・ドリア。
こちらも上にかかっているのはお茶の葉。
なるほど~、洋風の料理でもこういうお茶の使い方ってできるんですね。今度、家でも試してみたいです。


f0059671_136493.jpgデザートのムースにもお茶が。和洋折衷で上品な味でした。もちろん美味です!

ここで講座の予約時間までの間、のんびりと積もる話をしながら過ごしました。
この福寿園の各階のレストラン、カフェには人間国宝や重要無形文化財保持者による作品が納められており、2階のカフェには、木工芸家である中川清司氏の神代杉柾合わせ木画などが飾られていました。
こういう事もお店の方が丁寧に説明してくださり、他の階の作品の見学も勧めてくれました。

静かで落ち着いた空間でお客も少なく、本当に居心地の良いカフェでした。
次はお茶の講座です。
[PR]
by icewine5 | 2010-08-11 13:07 | レストラン

バスティード・クリヨン

もう1ヶ月以上前になりますが、会社のKさんとの憂さ晴らし食事会。お互いの都合があったので珍しく平日の夜に落ち合いました。場所は丸の内オアゾのパスティード・クリヨン
いつも週末の夜は会社を出るのもお店を探すのも苦労していたのですが、平日の夜はどの店も本当にすいていて、あっさり入れました。入ったお店もこの日は私達以外に数組だけ。ラストオーダーを過ぎるとお店の人も店じまいモードになっていて、目には見えない「帰ってほしい」オーラが出ていたので、いつものように長々と居座ることもできず、大人しく終電までに帰りました(笑)。
まあ、空いている分、お店も騒々しくなくて寛いで喋ることができたのは良かったです。

料理は手頃なプリフィクスディナー(3990円)。
f0059671_23353680.jpgそして、アルコール好きの私達になくてはならないボトルワイン♪
今回は白ワインです。
有能なKさんは相変わらず色んな人に頼られて仕事をあれこれ押し付けられてオーバーフロー気味。どうみても人手不足なのに、残っている社員で対応しなくてはならないのは中小企業の宿命みたいなもの。
私の方も昨年度末で終った仕事のはずなのに、お役人様の不毛な質問に対応しなきゃならないし、もういい加減に解放してほしいと思っていた矢先だったので、憂さ晴らしのアルコールがすすみました(笑)。


f0059671_23354639.jpgムース状のアミューズ。
喋りに夢中だったのとお腹が空いていて2~3口で食べてしまったのもあって、正直、あまり印象に残っていません(汗)。
でも美味しかったのは間違いなし。


f0059671_23355739.jpgパンはオーソドックスなバケットでした。
この後の料理がわりとしっかりした味付けのものだったので、こういうクセのないパンでちょうど良かったです。


f0059671_2336861.jpg前菜は仏産フォアグラのソテー ソース・ポルトルージュ フラジョレ豆のタルトレット。
ボリュームたっぷりなのが仕事帰りの飢えた胃袋には嬉しい♪こってりしたフォアグラが美味でした。


f0059671_23362537.jpgメインはビーフ サーロインのグリル。
これも良心的なボリュームで好感が持てます。やっぱり会社帰りのお客が多いお店はこうでなくちゃ!
といってもお互い弾丸トークのあまり、味わって食べるという状態からは程遠かったのですが。


f0059671_23363978.jpgデザートはカスタードクリームを詰めたコルネ。
これもこってりカロリー高そうな一品ですが、疲れた脳には効きそう~。とっても美味でした。
喋りすぎると脳が甘いものを欲するのですよね。


f0059671_23365188.jpg最後はコーヒーで一息。
この頃にはお客もほとんどいなくなりました。週末もそうですが、平日夜の東京駅界隈はさらに店じまいが早いです。

というわけで、会社ネタだけで7時間でも8時間でも盛り上がる私達にはちょっと短い時間でしたが、平日の仕事帰りに翌日に響かない程度でしかもちょっとだけ贅沢して、軽く息抜きしたい時にはとても良いレストランでした。
[PR]
by icewine5 | 2010-07-18 23:38 | レストラン

Restaurant REIMS YANAGIDATE

リアルタイムで見るつもりのなかった3位決定戦。結局、気になってネット中継見てしまったら、とても面白い試合で気がついたら朝でした。すごい激戦でしたね~。
タコのパウル君には本当に驚きです!餌を選ぶのに10分ぐらいかけたそうで、この激戦の状況まで予言していたわけですね(笑)

それにしても3位決定戦をテレビで生中継しないっていうのは・・・(涙)
こういう時しかサッカーを観ないニワカファンの私にとっては、決勝トーナメントからが本当に楽しみなのですが、日本が負けてからはワールドカップ関連の報道も減ってしまったようで、悲しいです。
まあ、決勝トーナメント1回目で負けても母国でヒーロー扱いされる国と、期待外れ扱いされるような国では、関心の方向や期待の強さが違うんだろうけど。

さて、先週末は中高時代の友人と食事会でした。
総勢11名!幹事役のKちゃんとEちゃんのご尽力のおかげで大勢の人が集まりました。いつもお会いしている人だけでなく久しぶりの懐かしい人もいて、本当に楽しいひと時でした。
その前週は本当に中学・高校時代の同窓会があったのですが、それに参加できなかった友人も今回、来てくれたので、同窓会第二弾といったところでしょうか。

子育て真っ只中の人、現役で仕事をしている人、子育てと仕事を両立させている人、親の介護に専念されている人など、皆さん、きちんと筋が通った人生を送っていらっしゃるからでしょうか、本当に生き生きとして若々しい!
本当の同窓会ではオジサンぽくなった男子の姿に年齢を感じたものですが、女子は歳をとらないですね~♪

それでいて、この年齢になると、仕事では責任の重い立場になってくるし、家庭でも母親、妻としての責任があるし、単に若々しいだけではない大人の落ち着きも備わっていて、私も見習わなくてはとつくづく思いました。

それと最近の食事会では、わりと既婚率が高かったのが久々に既婚<未婚だったのも、ちょっと新鮮でしたw
しかも既婚の友人の多くがここ1~2年で赤ちゃんを産んだばかりというのも、まさに晩婚化や高齢出産という社会現象を映し出しているようで興味深かったです。

f0059671_6235574.jpg今回のお店は表参道にあるRestaurant REIMS YANAGIDATE
人数が多いので、お店選びも大変だったかと思います。多くのお店をリストアップして一つずつ問い合わせてくださった幹事お二人には本当に感謝、感謝です!
個室を予約してくれたので、周囲を気にすることなくみんなでワイワイすることができました。

食事はシャンパン、アミューズ、前菜、メイン、デザート、飲み物のプリフィクスコース。

f0059671_624983.jpgみんなで集まるのは1月の新年会以来ということで、再会を祝してシャンパンで乾杯!

その後の飲み物については、アルコール好きの私は隣の席だったblaksumurさんと一緒にワインリストをにらめっこ。
ただ、ワインリストには日本語の説明がないため、何がいいのかよく分からない(汗)。とりあえず地方分類だけは分かったので、その中で手頃な値段のボトルを注文しようということで、「この5,000円のが安いからこれにする?」「でも、読み方分かんないよ(笑)」「言い間違って、その下のすっごい高いワインになったら困るね(笑笑)」「じゃあ、ロワールの一番上のをお願いします、って言えばいいかもw」とまあ、こんな安易な方法で私達二人の独断により注文しちゃいました^^;


f0059671_6242349.jpgアミューズ。
冷たい野菜スープみたいな感じ。詳しい中身は忘れました^^;


f0059671_6243569.jpg前菜は、カニとアボカドのタルタル キャビアぞえ。
アボカドは意外にあっさりしていて、夏らしい味でした。色も鮮やかで美しいです。

今回、お喋りに夢中でパンの写真を撮り忘れてしまいました。丸い小ぶりのしっとりしたパンともうひとつは確かバケットだったかと思います。ただ、このところ胃が少し縮小気味なのか、最初のパン半分でギブアップ。バケットの方は残念ながら食べられませんでした・・・(次回リベンジ! 苦笑)


f0059671_625113.jpgメインは牛肉、鴨肉、魚などから選べます。
最初の説明で鴨が「シャラン産」だと知り、blaksumurさんと私は激しく反応(笑)。先日、行った村上開新堂で頂いたのもシャラン産鴨だったので、比較してみたいのもあって、迷わずシャラン産鴨のモモ肉のコンフィにしました。

村上開新堂では切り身になっていたのですが、今回は骨付きでボリューム感あり。
ソースの味も村上は少し和風でしたが、こちらはわりとしっかり濃い目。これはこれでまた違った美味しさがあって、私はどちらも気に入りました。


f0059671_6251622.jpgデザートのところで、嬉しいサプライズ♪
KちゃんとEちゃんの優しいお心遣いで2ヶ月遅れですが誕生日プレートのサービスをしていただきました。
食べる前にみんなで記念写真を撮影したりしていたので、アイスクリームが少し溶けていますが、いずれもカラメル系でまとめられた大変美味しいデザートでした。


f0059671_6253488.jpgこのプレートと併せて先日のエントリーで触れた花束も!本当に本当にありがとう!
今年は先日ぺぺりんさんにもお祝いしてもらったし、毎年、無事に誕生日を迎え、家族や友人に祝福してもらえることに心から感謝しています。


f0059671_6254986.jpg食後の飲み物。

全体の感想としては料理については大満足。
接客についても100点満点とは言えないところもあったけれど、とりたてて気になるような問題もなく、幹事さん二人のおかげで快適に過ごすことができました。

この後もワイワイ喋っているうちにあっという間に退室時間になってしまいました。

こういう会ではいつも思うのですが、やはり中高時代の気の置けない友人とのおしゃべりほど楽しいものはないし、何年経っても童心に帰ることができるので、私にとってとても大事な時間です。既に知り合って四半世紀以上の年月がたちました。次の四半世紀はさらにそれぞれ違った人生になったとしても、これまでと同じように定期的にこうした場を持てることを願っています。
[PR]
by icewine5 | 2010-07-11 06:35 | レストラン

アンティーカ・トラットリア・ノスタルジーカ

この1ヶ月、やらねばらない課題などがあれこれたまって意外に忙しい日々を送っていたせいで、書きたいことがあれこれたまっています。
先週のロミジュリやら最近の食べ歩きやら・・・・
とりあえず気軽に書きやすいところから再開です。

f0059671_2115104.jpg先月、blaksumurさんご贔屓のアンティーカ・トラットリア・ノスタルジーカでの昼食に誘っていただきました。
以前は別の名前のお店だったのがリニューアルされて、夜だけでなく昼の営業も始められたそうです。
お味は彼女の保証つき♪期待通りの素敵なお店でした。
店内はこぢんまりとしてアットホームな感じ。私達が行った日はたまたま空いていましたが、日によっては平日でもかなり混み合っているそうなので、この日はのんびり寛げてラッキーだったかもしれません。

頂いたのはパスタランチのコース。前菜、パン、パスタ、それに飲み物もつけて確か1300円ぐらいだったかと思います。

f0059671_21152692.jpg前菜は羊の肝臓とアスパラソバージュ。
このアスパラソバージュなるもの、食べるのは初めてだったような気がします。見た目は緑色の土筆のような、わらびような、どこかで見たことがある感じ。
とても柔らかくてしなやかな食感でした。

仔羊も見た目こってりですが、食べるとクセもなく夏場の暑い時期にも意外と合う美味しさでした。


f0059671_21154537.jpgパンもサクサクで油っぽくないので、前菜のソースをつけて食べるとちょうど良かったです。


f0059671_21161615.jpgパスタは面の形状がうす平べったくて、日本のきし麺にちょっと似ていました。もちろん食感は全然違ってもっともっちり、粘りがあります。
ボリュームたっぷりで、具も色々なものが沢山入っていて食べ応え充分。
最近は断食効果がようやく出てきたせいか?胃が少し小さくなったのか、これだけですっかり満腹です。


f0059671_21162894.jpg飲み物はコースとは別注文です。


f0059671_21164277.jpg最後にお店のオーナーさんのご厚意でデザートを出していただきました。
これがまたなんとも言えず絶妙に美味しいのです♪
ラムレーズンアイス風なんだけど単なるアイスクリームとも違って、ほんのりレモン風味のシャーベットっぽい味わいでした。

オーナーさんはじめスタッフの方も大変親しみやすく感じよくて、さすがblaksumurさんのお知り合いのレストランだと思いました。ありがとうございました!
今度は夜のコースでもぜひ訪問してみたいです。
[PR]
by icewine5 | 2010-07-04 21:19 | レストラン

ブリーズ・オブ・トウキョウ

f0059671_2301366.jpg少し日が経ってしまいましたが、先月、毎月恒例ぺぺりんさんとのお食事会で丸ビル最上階のブリーズ・オブ・トウキョウに行ってきました。

今回もオズモールで予約しました。ここに掲載されているレストランだと事前に口コミで評価も分かるし、手頃な値段でかなりの満足が得られるので、最近すっかりお気に入りになりました。

料理もサービスも高級なレストランに行きなれた人からすれば物足りないのかもしれませんが、私には充分満足できるお店でした。
雰囲気もよくてボリュームもそこそこあり、最上階レストランといってもそんなに肩肘張らずに食事できてとても良かったです。

1つだけやや難があるとすれば、お客が増えると室内がかなり騒々しくなること。これはレストランそのものに問題があるというよりも、丸ビルのレストラン街の構造が音を反響しやすいようで、これまでに行った丸ビルのどのレストランにも当てはまることでした。


f0059671_2304582.jpg飲み物は最初にさっぱりと白ワインを注文しました。

コースは前菜2種、魚料理、肉料理、デザート、飲み物がついて3,800円♪


f0059671_231084.jpg前菜は6種類の中から選ぶことができて、私は季節の茸のマリネ ポーチドエッグと生ハムのサラダにしました。
値段からして一口サイズのお上品なものかと思ったら、たっぷり野菜があって満足です。サラダといってもとろりとした卵の濃厚さも加わってこってり好きの私には嬉しい料理でした。


f0059671_2311470.jpgパンはオーソドックスなもの。
パンにつけるクリームチーズ風のものがとても美味しかったです。
途中でパンの入れ物を下げられてしまい、「ここってお替りできないの!?」と焦って、こっそりささやきあっていた正にその時、新たなパンが運ばれてきました^^;


f0059671_2331139.jpg2品目の前菜はホタテのブラン。
泡だったスープがとってもまろやか。

この頃から段々、店内が混みあってきました・・・


f0059671_2332887.jpg季節の鮮魚 シェフのインスピレーションで
ということで、魚にあまり興味の無い私は何の魚か忘れてしまいました(汗)。
焼き魚とか煮魚と違って洋風に調理された魚は結構美味しく感じます。


f0059671_2334578.jpg肉料理は牛ハラミ、若鶏、豚肩ロース、鴨胸肉、仔羊肩ロースなど、7種類の中から選べます。鴨肉にも惹かれたけれど、数日前に村上開進堂で食べたばかりなので、仔羊肩ロースのグリル 完熟トマトとバルサミコのケッカーソースにしました。
赤ワインを2杯目に頼んだこともあって、食が進みます。柔らかい肉でとっても美味でした♪


f0059671_234495.jpgデザートでは一緒に行ったぺぺりんさんのお気遣いにより嬉しいサプライズがありました!
先月は誕生月だったこともあり、ぺぺりんさんが事前にバースデープレートをお店に頼んでおいてくれたのでした!
ぺぺりんさん、ありがとう!
お皿は花火つきで派手だけど(笑)、お店の人がさりげなく持ってきてくれたので、周囲の人に注目される恥ずかしさもなく、思いがけない嬉しいびっくりな出来事です。
いくつになっても誕生日は嬉しいものです。

というわけで、この日の食事はぺぺりんさんのおかげで嬉しいおまけつきで思い出に残るレストランとなりました。

More(最後におまけ)
[PR]
by icewine5 | 2010-06-11 23:08 | レストラン

ロイヤルパーク汐留タワー ハーモニー

先日、N響コンサートの後にロイヤルパーク汐留タワーのレストランハーモニーで夕食をとりました。
この日はちょうど母の日。ということで、いつもは何かモノをプレゼントしているのですが、今年はレストランでの食事をプレゼント。

f0059671_212287.jpg窓際のテーブル席からは東京タワーも見えて、とても素敵な雰囲気でした。
室内も天井が高くて広々していて、テーブル間が離れているので回りのお客さんのこともほとんど気にならず、落ち着いて食事することができました。
もちろん食事もお店のサービスにも大満足!
母達もとても喜んでくれたので良かったです。

メニューはまたもやオズモールで予約した4,800円のプリフィクスディナーです。
いくつか候補のお店を挙げたところ、母が口コミを読んでここが「良さそう!」ということで決めました。コンサート後に行くレストランの名前が「ハーモニー」というのも良い感じです♪


f0059671_212529.jpgこのお店で嬉しかったのはなんといっても13種類の前菜がブッフェスタイルで好きなだけ食べられること!
断食で多少、胃が小さくなったとはいえ頑張って食べましたよ~。

最初にとったお皿。ハム、キッシュ、カナッペ、帆立などなど、温かいものから冷たいものまで色々あります。


f0059671_213679.jpgグラスに入った野菜のムースがとても美味しくて、何度かおかわりしました。


f0059671_2131731.jpgせっかくだから全種類の前菜を制覇したい!
肝心のメイン料理が食べられなくなる心配はあったのですが、その分、パンのおかわりを控えれば大丈夫でしょうということで2皿目。
生春巻き、ブロッコリーと海老、名前はよく分からないものがその他色々ありましたが、どれも良い味付けでいくらでも食べたくなります。


f0059671_2133116.jpgまたまたカナッペ。
上に乗っている材料が少しずつ違います。


f0059671_213488.jpg定番のサーモンやサラダももちろんあります。

どれも美味しくて何度も往復した上に、メイン料理を食べ終わった後も美味しかったムースは再度おかわりしました。
私達のテーブルを担当してくれたお店の人もとても感じがよく、「何度でもお好きなだけ召し上がってください。」と気持ちよく勧めてくれたのも好感度大です。

私は食べ物に夢中で全く気がつかなかったのですが(爆)、この若いお兄さん、中村獅童に似ていると養母が言っていて、改めてお兄さんの顔を見たら、確かに似ている!
食事が終りかけた頃に、母がお兄さんに一言「あなた、誰かに似ているって、言われません?(笑)」
お兄さん曰く「中村獅童に似ているとよく言われます。」とのこと。やっぱり他の人にも言われたことあるんだ^^;
さわやかなイケメン店員さんでしたw

f0059671_214480.jpgf0059671_2142033.jpg飲み物はサービスで食前酒としてスパークリングワインがついていました。
それ以外に私はグレープフルーツのカクテルを注文。


f0059671_2143924.jpg一通り前菜を食べ終わったところで、スープです。
大地の恵みの旬野菜をカプチーノ仕立てのクリームスープに

泡がマイルドで美味しい。スープでカプチーノ仕立てっていうのがあるんですね~。


f0059671_2145689.jpgパンは表面がカリッとして固めの香ばしいものでした。


f0059671_215127.jpgメインは肉料理と魚料理のどちらかを選ぶことができます。
肉料理のビーフシチューにも惹かれたのですが、お店の人から今は魚がオススメで美味しいといわれ、それに乗ってしまいました。

香ばしく焼き上げた本日の鮮魚 トマトとキノコ ハーブの香り シェリーソースで
お勧め通り、魚にして良かったです。魚臭さがあまり無くて、白身が引き締まっていたので、魚がそれほど好きでない私でも美味しくいただくことができました。
魚の種類は忘れてしまいましたが、黒鯛か何かだったと思います・・・


f0059671_2153336.jpgここで、事前にレストランで申し込んでおいたアニバーサリー特典の登場です。
デザートプレートにメッセージを入れてもらえるとのことだったので、母の日を記念したメッセージをお願いしておきました。
サービスはこれだけでなく、このプレートを前に記念写真も撮影してもらい、帰る前に現像したものを全員にプレゼントしてくれました。
こういうちょっとした演出とサービスは嬉しいです。


f0059671_2154931.jpgデザートは、艶やかな林檎のコンポートをアップルパイに見立て 優しいキャラメルアイスと共に
キャラメルアイスも林檎のコンポートも大好きなのでラッキーでした。


f0059671_216152.jpg食後のコーヒーの頃には日も完全に暮れて東京タワーのライトアップもより一層輝いてムード満点でした。

美味しい料理と気持ちよいサービス、素敵な夜景と全てに満足。4,800円でこれだけそれっているのだから、人気があるのも分かります。
母の日の良い思い出になりました。
[PR]
by icewine5 | 2010-05-29 02:20 | レストラン