晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:娯楽お出かけ( 33 )

赤ちゃん週間♪

先週末、弟夫婦の可愛い甥たちと遊んだのに続き、今週末も赤ちゃんとのふれあいを楽しんできました。

blaksumurさん邸にお邪魔し、可愛い「おまめさん」と初対面。
ご両親の面差しを受け継いで、くっきりした目鼻立ちのとってもかわいい赤ちゃんです。
同月齢の他の赤ちゃんに比べて大きいそうで、3ヶ月を前にしてすでに大物の貫禄があります!
私たちがお邪魔している間じゅう、ご機嫌もよくとってもお利口さんでした。

おまめさんは私の妹の方の甥と誕生日が数日違いなのでなんだか親しみがわきます。
甥も今頃、このぐらいの成長ぶりなのかな~と思いながら、抱っこさせてもらいました。
ただ、自分の甥たちを抱っこするときもそうなんですが、不器用なせいか抱っこの仕方があまり上手ではなくて、おまめさんはちょっと居心地が悪そう(汗)。
それに左利きだから、ちょっと違和感があるのかなあ・・・

でも、ほっぺたをツンツンとするとにっこり笑ってくれてとっても可愛い。どの赤ちゃんもみんなほっぺたツンツンは好きですね003.gif(←普段、幼稚臭くてあまり使わないのですが、赤ちゃんネタだとこういう絵文字をつい使いたくなります 笑)。

それにしても赤ちゃんを眺めていると、本当に飽きることがありません。
いつも甥たちの相手をしている時も感じるんですが、赤ちゃんや幼児のそばにいる時って絶対α波が出ていると思うのです。なんともいえない独特の心地よさ。

そして赤ちゃんとの対面ともう1つのお楽しみはやっぱりデザート067.gif
f0059671_234445.jpgBlaksumurさん、お手製のカナッペがとても美味でした。
隠し味はシーズニングソルトだそうです。私も店頭で見かけることはあったけど、今まで使ったことはなかったので、今度、家でも真似っこしてやってみよう!


f0059671_235226.jpg私の方は手土産としてモンシュシュの堂島ロールを2種お持ちしました。
(自分で持ってきておいて、お台所まで押しかけて写真までしっかり撮らせてもらってます ^^;)

1つはノーマルな堂島ロールでもう1つは日本橋三越限定のキャラメルノワール。
朝10時半過ぎに到着したところ、お盆のせいか、前回、同じ時間帯に訪れた時に比べて並んでいるお客さんも少なく、思いがけずキャラメルノワールを入手できたのはラッキーでした。
前回は同じ時間帯ですでにキャラメルノワール、抹茶味、フルーツが入ったのも完売で残っていたのはノーマルなタイプとヨーグルト味のものだけだったんですよね。一時期ほどのブームではなくなったのかな?

それと、おしゃべりと食べるのに夢中で写真を撮り忘れてしまいましたが、ご一緒したSちゃんの目白志村の九十九餅(つくももち)もとっても美味でした。
虎豆が練りこまれた求肥をきなこでまぶしたお餅で、今回、初めて知りました。
これも真似っこさせてもらうことにして、どこかにお邪魔する際の手土産に使わせてもらおうと思います。

赤ちゃんを眺めつつ、すっかりアフタヌーンティー状態で寛がせていただきました。
[PR]
by icewine5 | 2009-08-10 23:14 | 娯楽お出かけ

恐竜2009-砂漠の奇跡!!

f0059671_22282179.jpg幕張メッセで開催中の恐竜2009砂漠の奇跡!!に行ってきました。
はっきり言って、恐竜はほとんど興味ありません。
3歳児の甥のお供(というか家来?)として、付き従ったといったところでしょうか(笑)。

会うたびにどんどん発達している甥。3歳半になって、わりと複雑な会話もできるようになったし、平仮名を読んだり数字を数えるのも大分できるようになってきました。
家族で遊びに行った時の事やおうちでの様子など、色々お喋りしてくれるのが本当に可愛いのです♪
この恐竜2009を見るにあたり、甥の話によると、保育園の図書室で恐竜の絵本を借りて読んだそうです。

当日、弟夫婦とまだ赤ちゃんの下の甥は海浜幕張駅前で私たちと別れて、三井アウトレットパーク幕張で買い物。
母と私と甥は幕張メッセに向かいました。
なにしろ買い物嫌いの甥が一緒だと、義妹は普段、なかなかショッピングも出来ないらしいから、こんな時ぐらいゆっくり服を見たいだろうしね。

最初はお父さん、お母さんと離れて泣き出したりしないか心配でしたが、案外あっさり「バイバイ♪」と手を振り、機嫌よく別れました。
保育園に行っているから、親としばらく離れる事には慣れているのでしょう。
それに、どうやら頭の中はすっかり恐竜モードになっていたようだしw

f0059671_22292048.jpg公式HPによると、この博覧会のみどころは全長35メートルの巨大な「マメンキサウルス」の全身骨格、「スピノサウルス」の完全復元、ティランノサウルスの祖先「グアロン」初公開とか、ゴビ砂漠の“超巨大羽毛恐竜”「ギガントラプトル」など・・・・
なんかウルトラマンの怪獣みたいなのだらけです(笑)

昔、弟がやっぱり恐竜の絵本を持っていて、私もティランノサウルスやスピノサウルスなど、多少は知っていたけれど、他はさっぱりです。
(昔は「ティラノサウルス」だと思っていましたが、今は「ティランノサウルス」と呼び方が変わったのかな?)
とりあえず写真は撮ったけど、恐竜の名前と実物がほとんど一致してません。

展示物は恐竜の骨格が6割、復元模型が4割ぐらいでしょうか。
こんな恐竜の骨に3歳児が興味を持つかどうか、すぐに嫌になってぐずり出すのではと、少し危惧していましたが、実際に見学してみるとそれは全くの杞憂でした。
骨でも意外に面白いらしく、身を乗り出して「あっちが頭で、こっちが尻尾だね~」などと言いながら、熱心に見ていました。

f0059671_22293314.jpg「これは何ていう恐竜?」
1つずつ見るたびに聞かれるから、私や母も説明プレートを見て説明しなきゃならないし、甥の写真も撮りたいし、なかなか忙しいです。
全身骨格ならまだ説明しやすいし「大きいね~」と言っていればいいんだけど、恐竜の歯とか顎など、体の一部分だけの化石や骨片もいちいち「これは何?」「どうして?」など、あれこれ質問してくるんですよね。


f0059671_2229281.jpg「これはつくられた恐竜だね。」と甥。
一応、これが復元模型だということを理解しているようです。


f0059671_22274022.jpg私も知っているティランノサウルス。
甥もこれは知っていた様子。


f0059671_22275669.jpgこちらはティランノサウルスの頭骨。
ちょっと怖そうに見える骨でも甥にとっては興味深い展示物らしいのは、嬉しい誤算でした。

こんな甥の姿を見ていると、幼児期の物事に対する興味・関心や知識欲はすごいものだと実感します。
確か、1歳(ひとつ)から9歳(ここのつ)までの「つ」がつく年齢に、親がしっかり愛情を注いで教育することが人格形成の上で非常に大事だと聞いたことがあります。
何にでも興味を示して、どんどん吸収していくこの時期に、親が子どもに良い経験を沢山させて、しっかり教育し、たっぷり愛情を注ぐ事は本当に大事だと甥を見て改めて思いました。(独身のくせに偉そうな事言ってますが・・^^;)


f0059671_22284213.jpgこんな可愛いフィギュアもありました。
甥はガラスケースにへばりついて、あれこれ言ってましたw
やっぱりこういうのは好きだよね。

最後までぐずったりもせずに、喜んで見学を終えた後、売店で母が甥にティランノサウルスの限定公式フィギュアを買ってあげたら、嬉しそうに箱を抱え込んでいました。

すぐに嫌になって1時間足らずで出ることになるかと思ったら、結局、入場してから全部見終わるまで1時間半ほど時間が経っていました。

この日は、その後もすっかり恐竜モードの甥。
家に帰ってからも弟と恐竜ごっこと称して、ティランノサウルスのフィギュアを振り回しつつ、じゃれ合っていました。

甥のお供でなければ、まず行くことのない種類の博覧会。たまにはこういうのも楽しくていいです。
[PR]
by icewine5 | 2009-08-06 22:40 | 娯楽お出かけ

日本橋の桜&奈良まほろば館

f0059671_0493669.jpgモナリザ丸の内店からの帰り道、日本橋で満開の桜をみかけました。
お彼岸の夙川は、桜の時期より少し早すぎたので、そのかわりに、こちらの桜を撮影。

昼前に通ったときは、ちょうど名橋「日本橋」まつりを開催中だったようで、屋台も出たりして、橋の上は大勢の人で賑わっていました。
後からイベントのHPを見たら、今年は日蘭通商400周年記念の年にあたり、オランダ大使もいらっしゃっていたようです。オランダかぁ・・・。そういえば、今年は日本オランダ年だったのですよね。ちょっと見てみたかったかも。

帰りに通ったときはすでにイベントは終わっていましたが、いつものことながら人通りは多く、シャッターチャンスを捉えるのが難しい。


f0059671_0495136.jpgやはり橋の上の高速道路が目障りですねぇ・・・。景観への配慮なんて全く考えられなかった高度成長期に建設されたのだから仕方ないのですが。周りの建物も本当に無粋。
確か小泉政権の時にこの首都高を地下化して日本橋に青空を取り戻す構想が持ち上がって、「日本橋川に空を取り戻す会」が立ち上げられたりしましたが、最近はあまりマスコミでも話題になっていないようで、どうなったのでしょう。
莫大な費用がかかることだし、今やるべきこととしてはどうしても優先順位は低くなると思いますが、いずれは実現してほしいものです。


f0059671_0501473.jpgもうひとつ、この近くで通りがかりに立ち寄ったのが、奈良県のアンテナショップ「奈良まほろば館」です。
4月4日に新しくオープンしたばかりだそうで、来年の平城遷都1300年祭に向けて積極的に奈良をPRしていくようです。
「お江戸日本橋で奈良を知る」ということで、奈良の特産品の販売のほか、奈良県の観光情報の提供、奈良のお寺の住職さんを招いた講演会などの各種文化講座など、色々と開催されるそうです。

奈良は西宮に次いで、私の第二の故郷。せっかくのチャンスなので、奈良の魅力を首都圏でもどんどん宣伝して欲しいです。


f0059671_050294.jpg特産品は、ざっと見たところ、まだ種類も量も不充分だったので、これからに期待です。
とりあえず、せんとくんのボールペンだけは買ってみました♪

個人的には平宋の柿の葉寿司、春鹿の日本酒、山崎屋の奈良漬、ぜいたく豆本舗のおかきは必須。お江戸でも紹介してもらいたいです。
あとは、茶粥ですかね~。奈良の郷土料理のお店では、この茶粥は、奈良絵を施した赤膚焼の器で出されることが多いですが、これはまほろば館にも数点置いてありました。

観光パンフレットは充実していました。
ちょうど、今週末にお墓参りで帰るついでに、お寺めぐりをしようと思っていたので、助かりました。

平城遷都1300年に向けて、これからのイベントが楽しみです。
[PR]
by icewine5 | 2009-04-09 01:04 | 娯楽お出かけ

東京ディズニーシーのデイタイム・ハーバーショー「レジェンド・オブ・ミシカ」

1つエントリーがあいてしまいましたが、ホテルミラコスタのレストラン「オチェーアノ」のバルコニーから、東京ディズニーシーのハーバーショー「レジェンド・オブ・ミシカ」を見物しました。

お店の人が、ショーの時間になるとテーブルまで知らせにきてくれます。
もちろん、食事は食べている最中にならないよう、キリのよいところで調整してくれます。
私達の場合、前菜が終わったところで、ちょうどショーの始まる時間になるように持ってきてくれました。

ホテル2階のバルコニーからなので、全体がよく見渡せます。
こちらはプロメテウス火山。時々、噴火します。
f0059671_065271.jpg

メディテレーニアンハーバーの向こうの方から、ドラゴンやユニコーンなど伝説の巨大な生き物たちが次々の登場。
f0059671_084030.jpg

ショーの始まりです。中央の大きな柱?のようなものの上にはミッキー。その他の生き物たちにもそれぞれ、ダンサーやディズニーのキャラクターたちが乗っています。
f0059671_085690.jpg

ショーの途中で飛んでいた凧。
複数のたこが、乱れることなく同じ動きで空中を回転するのですが、一体、どういう仕組みになっているんだろう??
f0059671_072183.jpg

ショーも終盤のクライマックスをむかえました。
伝説の生き物達が火を噴いたり、水を噴いたり・・・大変華やかです。
音楽も希望があっていい。
f0059671_074040.jpg

ディズニーのショーは、非現実な夢の世界に誘われるようで、大好きです。
60過ぎの母も精神年齢が若いせいか、見終わったあとに「やっぱりディズニーのショーはすごいよね。なんか胸がワクワクしてくるのよ!」なんて言っていたぐらい。子供だけでなく大人も楽しめるのがディズニーの醍醐味です。
f0059671_08173.jpg

未曾有の大不況で世知辛い今の世の中、私の周囲も決して楽観視できる状況ではありません。
ですが、ショーを観ていると、自分でも不思議なくらい幸福感と希望が湧いてきました。
さすがディズニーの魔法です。
こうやって家族で食事ができて、ディズニーのショーを楽しむことができるとは本当にありがたいこと、この1年、無事、生かされてきた感謝の気持ちを忘れてはならないなあと思った年末のひと時でした。
[PR]
by icewine5 | 2009-01-09 00:10 | 娯楽お出かけ

佐伯チズさんのサロン・ドール・マ・ボーテ

この週末、ぺぺりんさんと一緒に佐伯チズさんのエステサロン、「サロン・ドール・マ・ボーテ」のフェイシャルエステを初体験。
優雅なサロンで、贅沢なひとときを過ごすことができました。

受けたコースは佐伯式フェイシャル・デコルテトリートメント。2時間半で31,500円。
規定では2時間半となっていますが、実際はカウンセリングや着替え、施術後のアドバイスなど結局トータルで4時間近い滞在となりました。

実は最初、ぺぺりんさんからお誘いを受けた時はこの金額だったら、近場の旅行に行けるし、あるいは、ヨーロッパ一流オペラの来日公演に行けるよな~と、エステと天秤にかけて迷ったのですが、思い切って奮発してよかったです。

なにしろ毎日、念入りなお手入れでお肌ツヤツヤのぺぺりんさんに比べて、私の方は日々の生活に追われてお世辞にも美容に気をかけているとは言い難い状態(汗)。
フェイシャルエステは、たま~にジュリークのサロンに行くぐらいで、定期的にエステサロンに通ったりは全くしていないし、普段の手入れもロクにしていないので、いきなり佐伯さんのサロンはハードルが高かったのですが、自分自身の美容に対する啓発になって、値段に見合った意義は充分あったと思います。
やっぱり日々の手入れは大事ですね・・・

それでは、簡単におさらいしてみます。

まずはカウンセリング専用のお部屋に案内されて、そこで必要事項を用紙に記入。
銀座通りに面した明るいゆったりとした応接室で、気分はなんちゃってセレブです(笑)
ここまでは、ぺぺりんさんと一緒でしたが、カウンセリングは一人ひとりになるので、ここで彼女とはしばしのお別れ。
今回、施術を担当してくださるエスティシャンが、個室に案内してくれました。

どんな施術かというと・・・以下、サロンHPからの引用です。
佐伯式美容理論がぎっしり詰まった究極のオリジナルトリートメントです。
お顔からデコルテまで、手技を中心としたトリートメントをたっぷりお受けいただきます。
表情筋やリンパの流れを意識したトリートメントは、お体全体の血行も促進し、
施術後のお肌は、うるおい・キメ・ハリ・弾力・つや・透明感が格段にアップいたします。
肌のために考えられたハンドテクニックは全ての人に至福の時をもたらします。<サロン・ドール・マ・ボーテHPより>

というわけで、全てが至れり尽くせり。
エステシャンの方も大変行き届いた方で、本当に丁寧で親切なのです。あまりにも恭しくしていただき、庶民の私は恐縮してしまうぐらいです^^;

More(まだまだ続きます!)
[PR]
by icewine5 | 2008-12-01 01:29 | 娯楽お出かけ

東京ディズニーランド

f0059671_043710.jpgよく晴れた絶好の遊園地日和だった日曜日、5月生まれの私と新選組行脚の友A子さんの誕生日企画をKちゃんが立ててくれました。
行き先は東京ディズニーランド。
最近はディズニーシーに行くことが多くて、ランドの方は10数年ぶりです。
ディズニーランドは、大学生になって初めて且つ、家庭教師以外の唯一の肉体労働アルバイトをした思い出の地。
懐かしさを感じると同時に新しいアトラクションも増えて、新鮮でもありました。

集まったメンバーは中高時代からの友人4人。アラフォー世代(まだUnder40^^;)となった今でもこうやってディズニーで楽しく遊べる、そしてお互いに誕生日を祝いあえる友人を持って幸せです。

さて、今回乗ったのは以下の延べ10のアトラクションです。

カリブの海賊
ミクロアドベンチャー
スター・ツアーズ
ガジェットのゴーコースター
蒸気船マークトゥエイン号
スペース・マウンテン
ビッグサンダー・マウンテン(2回)
ホーンテッド・マンション
バス・トライヤーのアストロプラスター
※夕食はブルーバイユー(別エントリーにします。)

午前10時過ぎに入園して、ゆっくり夕食も食べて、これだけ乗れれば、まあ効率よくいった方ではないかと思います。

遠目ながらにパレードも見ることができたし。
f0059671_0434930.jpgこちらはお昼のパレード。
以前に比べて日中のパレードの種類と回数が増えたし、随分前から場所取りをしている人たちが大勢なのにびっくりです。
路上にシートを敷いて行列を待っている人たちの姿がなんだかデジャブ・・と思ったら、会津や函館のお祭りだった(汗)。
耕史くん扮する土方の登場にワクワクしたものですが、ディズニーもイケメンダンサーの追っかけがいるらしいから、同じような気持ちなのでしょうかね^^;

f0059671_0442467.jpg夜のエレクトリカルパレードはビッグサンダーマウンテンに並びながら撮ったので、イマイチうまく映ってません。
やっぱり視覚と聴覚を働かせて生で見物するのが一番です。
懐かしかったのがパレードの音楽。これ、学生時代にアルバイトした頃から変わってなかった!掃除のアルバイトで担当エリアがお城周辺だったので、いつもパレードの時間は掃除しつつ、見物してたんですよね。ホント、懐かしい・・・

f0059671_0461031.jpgシンデレラ城も昼間とはまた違った趣でちょっと幻想的です。
この日はあいにく気流の関係で花火は中止でしたが、このお城の上に花火がまさに花びらのように降りかかってくる光景は大好きでした。

以下、アトラクションについての一言コメント。若干ネタばれありです。

More
[PR]
by icewine5 | 2008-06-04 00:56 | 娯楽お出かけ

大相撲夏場所観戦

f0059671_2135175.jpg琴欧州が初優勝した大相撲夏場所の中日、国技館で1年ぶりに観戦してきました。
このところずっと椅子席の観戦ばかりでしたが、今回は久々の桝席で情緒もたっぷり。やっぱり相撲は生観戦がいいですね。
満員御礼で、館内はとても盛り上がっていました。


f0059671_2142414.jpgこの日はまだ朝青龍が一敗、白鵬と琴欧州が全勝で並んでいて、まだまだ先が見えない状態でした。
個人的には横綱・白鵬にも土がついたら混戦になって面白いだろうな~と密かに期待していたんですが、両横綱はあっさり白星。

あっ、朝青龍も白鵬も嫌いじゃないですよ。
色々とバッシングを受けていますが、海外でこれだけ立身出世するのは並大抵のことではないです。よほどの覚悟がないとここまで上り詰めることはできなかったはずです。
精神的に参ってモンゴルに帰った時もマスコミや有識者の方々は薄っぺらな精神論で散々たたいていましたが、ああ見えて、結構繊細なところもあるんだと私は思うのです。

朝青龍だけの話ではないですが八百長疑惑にしても、あの千●の富●だって、星のやり取りをしていたのは公然の秘密?だったはずだし。
もちろん八百長を肯定するわけでは決して無いですし、本当に八百長があるかどうか分かりませんが、国技とはいえエンターテイメントですから。今は相撲界に対して世間の目も厳しくなってきているし、仕方ないとは思いますけどね・・・

千秋楽では優勝を逃してムシャクシャしてたのか、白鵬とお互いガン飛ばしてましたけど^^;
朝青龍も態度の悪いところは色々あるけれど、なんか憎めないのですよね。

話がそれてしまいました。
中日の話に戻って、平幕では高見盛の取組みは盛り上がってましたね~
あんなに張り切って気合を入れているのに、あっさり負けるところが本人にとっては辛いところだけど、観ている方はそこが面白いんです。
それから、安馬と若ノ鵬の取り組みも豪快でした!見事なうっちゃりに拍手喝采でした。

f0059671_215952.jpgさて、今回は琴欧州が初優勝しましたね!
最近、悪い話ばかりの大相撲ですが、琴欧州の初優勝は久々の明るい嬉しいニュースでした。

以前ほど熱心に相撲をみていなくて、実は琴欧州が初優勝だったとは意外でした。
もう大関になって長いし、1~2回ぐらい優勝経験があるように思い込んでいたので、初優勝とはおめでたいことです。

琴欧州おめでとう!
[PR]
by icewine5 | 2008-05-31 02:25 | 娯楽お出かけ

湯巡り万華郷の岩盤浴

なぜか勢いで会員になってしまった湯巡り万華郷、サービスでもらった無料チケットの期限が近づいていたので、先日行ってきました。
お風呂については以前にレポを書いたので今回は岩盤浴にしぼっての感想です。

f0059671_17302629.jpgここのお風呂は水着を着て入る男女共通の屋外ゾーンと男女別れた屋内ゾーン(内湯と露天)に分かれていて、女性専用の岩盤浴が屋外ゾーンにあります。
まあ、ここは沢山のお風呂と江戸情緒がウリで、岩盤浴はあくまでもオマケなので仕方ないとは思いますが・・・残念ながら物足りなかったです。
お隣、舞浜ユーラシアの岩盤浴の方が断然良いです。
お風呂そのものは、広々していて満足しているんですけどね。

30分と60分のコースがありましたが、万華郷で岩盤浴をするのは初めだし、イマイチだったら嫌なので、30分コースに申し込みました。
係りの人からバスタオルと水のペットボトルを渡され、簡単に説明。
普通だったら、うつぶせ5分、仰向け10分で休憩とか、色々説明があるんですが、ここはバスタオルの1枚を床に敷きもう1枚を体の上からかけること、ペットボトルの水は岩盤浴室外では持ち歩き禁止なので、必ず飲み干すことの2点だけ。
この時点で、なんかイマイチかも?と不安がよぎったら案の定、といった感じでした。

More
[PR]
by icewine5 | 2008-01-14 17:31 | 娯楽お出かけ

丸の内イルミネーション2007

銀座で寿司をたらふく食べた後、食後の腹ごなしのために有楽町、丸の内方面を散歩しました。
ビル風もほとんどなく、気温もこの時期にしては比較的高めで夜の散歩にはもってこいの日でした。
ちょうど、丸の内イルミネーション2007「光都東京・LIGHTOPIA2007」開催中ということで、普段の週末は人通りの少ない丸の内周辺もこの日は人、人、人。

f0059671_22591984.jpg有楽町イトシアから丸の内仲通りに出ると、街路樹に電飾がキラキラと輝いていました。
大人のまち、丸の内らしい落ち着いた色合いの電飾です。
電球についてHPでは次のように紹介されています。
「丸の内オリジナル色”シャンパンゴールド”に輝きます。今年は、より少ない電力で光度を高めた新しい技術と、電球に施したカッティングで例年以上の輝きを実現。」<丸の内イルミネーション2007ホームページより引用>

f0059671_22594737.jpg東京駅方面に向かってさらに進むと、フラワーファンタジアが始まります。
こちらは、パンジーの花で作ったクリスマスツリーが見事でした。
光に照らされて、とても幻想的。いまだに夜景モードがうまく活用できなくて、もどかしい思いをします。もうちょっと写真テクニックを研究しなくては。
ちなみに、いつもブログ「よしりんの食べある記」に四季折々の美しい写真を掲載なさっているよしりんさんも光都東京に行かれたそうで、丸の内仲通りや日比谷のイルミネーションを素晴らしい写真とともに紹介されています。


f0059671_230434.jpg母がテレビでちょうどフラワーファンタジアを紹介しているのを見たそうで、その中でこれをプロデュースした方が設計の意図を説明していたそうです。
それによると、ビル風の強い丸の内でパンジーの花びらがひらめくのがとても美しくなるように設計されたのだそうです。
私達が行った時は風が少ないときだったので、あまり花びらがヒラヒラしている感じはありませんでしたが、それでも充分きれいでした。


f0059671_2302226.jpgちょっと残念だったのは、せっかくのイルミネーションなのに車がやたらと通ること。
せっかく写真をとりたくても、どんどん車が通るので、雰囲気が台無しです。
せめて人の繰り出す週末の夜ぐらい通行止めにしてもいいのにと思います。仲通りと平行して日比谷通りだってあるわけだし。


f0059671_230402.jpgこちらは新丸ビル前。
これだけのパンジーを集めたクリスマスツリーはなかなかのものです。プロデュースした方の発想に感心します。

このほか、皇居外苑開場では、アンビエント・キャンドルパークが25日まで開催されていました。
私は行けませんでしたが、これもよしりんさんのところに素敵な写真があります。

以前は年末のイルミネーションというと、「キリスト教国でもないのに、西洋かぶれして無駄な電力を使って・・」と正直、否定的な感情もありました。
ですが、最近のイルミネーションは技術の発達のおかげで、消費電力も少なく、環境にもやさしく、きちんとメッセージ性もあるイベントが多くて、1年に1度くらい街が華やかに輝くのもいいものだなと思えるようになりました。
[PR]
by icewine5 | 2007-12-29 23:02 | 娯楽お出かけ

岩盤浴で忘年会

今年もあとわずか、忘年会シーズン到来です!
1年の疲れをさっぱり落としてリラックスというわけで、週末は新婚ホヤホヤのKちゃんたちと忘年会。
温泉・風呂大好きのMちゃんが忘年会プランを立ててくれました。

岩盤浴さらら浦安店でデトックス、その後、イタリア料理 PIZZERIA ICHIROTEIで、ガッツリ飲食。

岩盤浴さらら浦安店ですが、リーズナブルな上に清潔だし、時間もたっぷり取れてイイです!
なにしろ90分で1,500円。他の岩盤浴施設に比べて割安だと思います。
私達の行った時はちょうど空いている時間帯だったので、「多少、時間オーバーしても大丈夫ですよ」と良心的なのもポイント高い。

お店そのものは以前行った中野のアイロックに比べてこじんまりとしていますが、シャワーブースは2つあるし、仕切りのついた化粧スペースも3席あって、狭い中にうまく配置されていました。

岩盤浴室は清潔で嫌な匂いはしないし、通路に定期的に水をまいてくれるので適度な湿度もあり室温も高すぎず快適な環境です。
なによりも時間中、同じ岩盤をずっと使っていられるのがいいです。
休憩で外に出るたびにバスタオルを持ち出すのは面倒だし、浴室に戻った時に他の人が使った別の岩盤に横たわるのは衛生的に問題があるように思うので、同じ岩盤が使えるのは安心です。

うつ伏せ5分、仰向け10分、休憩5分で1セット。
室温が低めなので汗の出はどうかなと思ったんですが、出るわ出るわ・・・
パジャマが絞れるほど汗に気分も爽快です。
心なしか、顔のたるみやくすみがとれるのも嬉しいこと。

3セット繰り返したところでそろそろ時間です。
岩盤浴の後の汗は流さなくても良いらしいですが、やはりちょっとベタベタするのでさっとシャワーを浴びることにしました。

この店のもう一つ良い点は、90分でとりあえずロッカーキーをフロントに返却してしまえば、その後ゆっくり化粧ブースを使うことができる事です。
なので、化粧ブースを30分使ったとして実質120分ぐらいOKってこと。
これはお客さんの立場に立った嬉しいシステムです。
汗のまだ引かない状態で時間内に身支度を全部済ませるとなると非常に慌しいです。
この前行ったアイロックではみんな化粧もそこそこでバタバタと店を出ましたから・・・

というわけで、全体的にとても満足のいくお店でした。また行くことになりそう。
汗を流してすっきりした後は、もう一人の新婚さんEちゃんも合流してイタリアンです♪

それにしても、こういう集まりをすると集まる面子って限られてくるんですよね。
結婚すると家庭一筋になってしまって、女友達との交際などそっちのけになってしまう人もいるけど、KちゃんやEちゃんは新婚さんにも関わらず、本当にマメでフットワークが軽くて尊敬します。

彼女たちを見ていて共通するのは、人のために労力や時間、金銭をかけることを厭わない点と精神的にケチではなく鷹揚である点。
そういう魅力的な彼女達だからこそ人も集まるし、良き伴侶に恵まれるのも当然だとつくづく思います。もちろんMちゃんにしてもそう。

逆にどんなにきれいな格好をして自分のためにお金をかけても、人に対して色んな意味でケチだと貧乏くさく見えるし、人も離れていくように思うのです。

みんな知り合って20年以上経つけど、良いお付き合いをさせてもらえて、ありがたいことです。
[PR]
by icewine5 | 2007-12-17 19:44 | 娯楽お出かけ