晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:仏教( 8 )

京都(その10 泉湧寺別院 雲龍院で写経)

午後のお茶のあと、東山の泉湧寺の別院にあたる雲龍院で写経をしてきました。
f0059671_0533817.jpg夏の京都は動き回るには暑すぎるし、たまには静かに過ごすのもいいかと思って写経ができるお寺を探したところ、雲龍院は予約も必要なく随時受け付けてくれるとのことだったので、こちらに行くことにしました。

最近、写経そのものはサボり気味。
今年に入ってからは高野山東京別院の暁天写経会に一度行ったきりです。
東京別院で書くのは理趣教の百字の偈だから、般若心経は考えてみたら1年前に高野山の阿字観合宿で書いて以来本当に久しぶりでした。

3連休の中日にもかかわらず参拝客は少なく、別院の雲龍院の方はさらに落ち着いていました。
写経をしたいと伝えるとすぐに本堂に通され、そこで写経前の身口意の三業のお清めの行事を職員の方から受けました。
最初に丁子(クローブ)を口に含む。
口から発する四つの事(不妄語、不綺語、不悪口、不両舌)を清めるためで、これは薬師寺東京別院で写経した時も同じでした。

次いで、塗香。
不殺生、不偸盗、不邪淫という身体でする3つの行為を清めるそうです。

そして、酒水(しゃすい)。
不慳貪(ふけんどん)、不瞋恚(ふしんに)、不邪見(ふじゃけん)という心から生まれる3つのことを清めるそうです。
お寺の方に清水を頭のほんの少しふりかけてもらいました。

ここまできたらピンとくるように、これって仏教で説かれている菩薩十善戒(高野山の公式HPに分かりやすく解説されています)ですね。
去年、高野山でこの菩薩十善戒を授かる授戒の行事に参加して、授けてもらった菩薩戒牒は自分自身への戒めとして常に持ち歩いています。
まあ、「不倫な関係をしない」、「盗まない」、「殺さない」、「嘘をつかない」といった人間として絶対やってはいけない「淫・盗・殺・妄」の4つは当然守っていますが、「悪口を言わない」や「むさぼらない」は、正直、守れていないです(汗)。

この後は、本堂に並べられた写経机で誰にも邪魔されることなく一人静かに写経をすることができました。

f0059671_0535986.jpgこの写経机は江戸時代初期の後水尾天皇より賜った大変貴重な品なのだそうです。
南北朝時代から天皇の菩提寺で、特に後円融天皇が写経の功徳を信奉されたことから、ここではその後も写経が盛んだったという由緒あるお寺だと知りました。

写経するのは般若心経。
こちらのお寺は朱墨で書くところが他のお寺と違って珍しいです。
薄く書かれた手本の文字をなぞっていくのは他のお寺と一緒です。これまで高野山本山をはじめ、いくつかのお寺で写経をしてきましたが、ここの御手本はあまり文字がくずれていないので、書道の苦手な私でも比較的書きやすかったです。

f0059671_0541844.jpg途中で庭をぼけっと眺めて休憩したりしながら書いたので、完成まで1時間半ほどかかってしまいました。
書道をやっている養母はいつも自宅で写経をすると1時間ほどで書き上げるそうですから、私のはちょっと時間がかかってますね。
心願を書いて出来上がり!
書きあげた写経は納経してきました。


f0059671_0543577.jpg納経後は日本庭園の見える別のお座敷でお抹茶の接待を受けました。
抹茶を一緒に出されたお菓子は名前が分からないのですが、冷たい抹茶味の葛湯のようなものでした。


f0059671_0544785.jpg目の前には、緑豊かな庭園。
こういう落ち着いた日本庭園を眺めながら、お茶を飲みつつ、写経の後の達成感にひたる時間はまた格別です。
いつまでも寛いでいたくなります。


f0059671_055269.jpg続きの間には円形の窓。「悟りの窓」というそうです。

どこも欠けることなく尖ったところもない丸い窓。そういえば、阿字観や月輪観のお軸も丸い月。この窓もやはり満月を悟りの境地とみなしているのかもしれません。


「悟り」で思い出すのは法句経のある一文。
 「幸せにあうも
苦しみにあうも
心浮かぶことなく
心沈むことなく」
人生には幸と不幸はつきもの。しかし幸せにあっても有頂天にならず、苦しみに遭っても心落ち込むことなく泰然としていたい、ということを説いているそうです。(弘法大師空海入唐千二百年慶讃記念 伝道はがき通信再録集)より)

楽しいことがあれば、はしゃぎまくるし、不愉快なことがあれば「畜生ッ!」と思うし、物欲まみれで煩悩だらけ(笑)の私は悟りにはほど遠い状態です^^;
ま、人生死ぬまで修行ですからね。
怪しげなインチキオカルトみたいに、ろくに精神修養も積まずに達観した気になれるなら、ラクなもんです。でも、それは単なる現実逃避であって、人間そう簡単に悟れるはずは無いのですから、人生の最期に涅槃(悟り)の境地に至ればいいのです。

f0059671_0553134.jpgさて、写経で気分もすっきりしたところで、閉館時間もせまった泉湧寺の御座所と庭園を見学してきました。
こちらは、かなり昔、母と弟とドライブで訪れたことがあります。
その時は秋だったので、紅葉した庭のもみじが見事でした。

今回のように、雨の降り出した夏の夕暮れ時は全く違った印象です。
外国人の参拝客が一人ポツンと縁側に座って雨降りの緑の庭をじっと眺めていました。
どちらかといえば、やはり秋の方が庭園見学にはいいかと思いますが、逆に人が少ない夏も落ち着いていいかもしれません。
[PR]
by icewine5 | 2009-08-01 01:06 | 仏教

増上寺「写経会」

般若心経も少しずつ覚えてきて、もっと写経をしたい!という意欲がわいてきている今日この頃、先日は増上寺の写経会に参加しました。
f0059671_0463764.jpgここの写経会には前から行きたいと思っていたのですが、毎月14日(7、8月は除く)と決まっているので、なかなか都合がつかなくて今月ようやく祝日と重なってくれました。
写真は大殿の手前の三門。さすが、徳川家の菩提寺だけあって、立派な構えです。


f0059671_0465661.jpg三門をくぐると、立派な大殿とその背後に東京タワー。
なんとも不思議な眺めであり、非常に壮観でもあります。

高野山の阿字観瞑想や写経にも通っているかたわら、浄土宗の増上寺に行ったりと、同じ仏教とはいえ、あまりあちこち行くのもどうかと思いますが、どちらもそれなりに自分とは縁があります。

増上寺は、信仰心の篤かった祖父母が昔、一時期東京に住んでいた頃、総本山である京都の知恩院に参れないかわりにいつも増上寺に詣でていたそうで、私自身行くのは初めてですが、祖父母が通っていたということで、なんとなく親しみを感じます。

高野山の方は、お墓とは別に奈良にある真言宗のお寺で祖父母と養父の永代供養をしてもらっているので、こちらも縁があるといえば、結構あるんです。

f0059671_0471916.jpgさて、写経会ですが、大殿の奥にある景光殿で行われました。
参加料は2000円、私の場合、筆(1000円)と「浄土宗のおつとめ」の本(400円)を持っていなかったので、それも購入しました。

結構早めに行ったつもりが既に沢山の方がこられていて、椅子席と座敷席各60名で総勢120名ほどの参加者でした。
高野山の阿字観や暁天写経会に比べて年齢層は高め。薬師寺の法話と同じく70代ぐらいの方が大勢いらっしゃっていました。

午後1時20分から最初に法話。
毎回違うお坊さんの法話があるようで、この日は山形のお寺の住職さんが般若心経と浄土宗の教えについて説明してくれました。
浄土宗の法話は、祖父母の法事で檀寺の住職さんの話を聴いて面白いなあと思ったことがありますが、同じ浄土宗でもお坊さんによって随分違うものなんですね。

今回のお話で印象に残っていることを1つ。
般若心経の中で一番大事な部分はどこか。それはこちらなんだそうです。
羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦
般若心経は元々サンスクリット語を、それと合う意味の漢字に翻訳されていますが、この部分だけは、サンスクリット語の音をそのまま漢字にしたそうで、他の部分とはちょっと違い、漢字を見ただけではよく意味がわかりません。
「ぎゃーてーぎゃーてー、はーらーぎゃーてー、はらそうぎゃーてー」
確かにこの部分はなんだかよく分からないけど、でも、音として一番印象に残る部分で私も早いうちにこの部分は覚えました。
住職さんのお話によると、ここは「お釈迦様を信じて信仰の道を行きなさい。」、英語でいうところの「Let’s go」のようなものなんだそうです。
まあ、一種の呪文みたいなものなのかな・・・
この部分に限らず、般若心経を覚えだすと、精神的に焦っているときは仕事でピンチのときなど、ふと頭の中で唱えると気のせいかもしれませんが、心が落ち着くように思います。

ここから写経
[PR]
by icewine5 | 2008-01-21 00:54 | 仏教

薬研堀不動院で写経

f0059671_234215100.jpg先々週15日に薬研堀不動院で写経会が開催されました。
駅の貼り紙で毎月15日にやっているのは以前から知っていたのですが、いつも平日になるのであきらめていたら、今月は運良く土曜日が15日というわけで念願がかないました。

この薬研堀不動院は真言宗智山派の川崎大師東京別院にあたります。
雑居ビルやマンションの谷間の小さな不動院ですが、歴史は古く建立されたのは16世紀のようです。

インターネット等で大々的に宣伝しているわけではないせいか、参加者は数名。
ご年配のご近所と思われる方々がほとんどでした。

お手本とするのは隅寺心経というもので、京都国立博物館のお子さま向けページ「博物館Dictionary」に分かりやすく説明されていました。

お経は、奈良の海龍王寺(かいりゅうおうじ)(隅寺(すみでら)ともいわれた)というお寺で、弘法大師空海(こうぼうだいしくうかい)(774-835)が書き写したものという言い伝えがありますが、実際には弘法大師より少し古く、今から1200年以上も前の奈良時代にお経を書き写す専門の人によって書き写されたものです。
<京都国立博物館HP内「博物館Dictionary 書跡のおはなし」より引用>


書跡の画像もこちらに掲載されていました。

薬研堀不動院での写経も高野山東京別院と同じくまずは読経から始まります。
ただ、同じ真言宗といっても唱えるお経や手順は微妙に違うところもありました。
細かいことは忘れてしまいましたが、懺悔、発菩提心真言(おんぼうじ しった ぼだはだやみ)、三摩耶戒(おん さんまや さとばん)開経偈と続いたように思います。

住職さんと一緒に唱え終わると抹香で身体を清めて写経開始です。
ここで初めてだったのが用意されていた紙マスク。大切なお経に息や唾などがつかないようにするためなのだそうです。

写経用紙の下にお手本を敷いて上からなぞるのは、他のところと同じです。
ここで助かったのは、写経のしおりに現在の漢字とお経の字体の比較表が載っていたこと。
「般」「若」「経」などなど。「無」なんかは今の字とは全く違うので、手本が無ければ私には読めません。

そんなわけで、今回は結構じっくりお手本と見比べながら書いていったので、私が終わったころには既に半分以上の方々が奉納されていました。書き始めてから1時間弱ぐらいだったかな。
相変わらず字はヘボヘボ・・・

最後に別室で奥さんからお茶とお菓子を頂きました。川崎大師のだるまサブレ、美味しかった!
また15日がちょうど土曜日と重なったら、是非とも参加したいです。
[PR]
by icewine5 | 2007-12-25 23:43 | 仏教

2度目の暁天写経会(高野山東京別院)

12月最初の月曜日、高野山東京別院の暁天写経会に参加してきました。
月2回の阿字観にも欠かさず行っているし、高野山東京別院は徐々に自分にとってなじみの場所となりつつあります。
こうなってくると本元の高野山に行きたい気持ちがますます強くなってきて、こんな本を買って眺めたりしています。
これで、来年の目標は高野山での阿字観と写経体験に決まり!
世界遺産高野山・熊野古道ベストコース完全ガイド―紀州和歌山県公式版 (扶桑社ムック―フクハウチ-郷土の文化をじっくり味わう“幸せ旅”シリーズ-)
/ 扶桑社
スコア選択:


朝日ビジュアルシリーズ週刊仏教新発見 2007年8月12日号

宗教に関してすっかり無頓着、無神経になってしまった現代の日本で生きていても、やはり仏教は最も日本人の精神に根付いているものだし、知識はなくてもごく自然に入っていけるような気がします。

仏教に対する関心は昔から潜在的にはあったのですが、個人的には、最近たまにヨガをやっていることとも関係しているような気がします。
ヨガをやっているときに、「あっ、これ阿字観で先生が話されていたのと同じ事だ!」と気づいたり、逆に阿字観瞑想で呼吸を整えているときにヨガの呼吸やポーズを思い出したりと、ヨガをやっていて、仏教へと関心が向かうのは自然な流れなのかも。

さて、写経会ですが、前回は公式HPに午前6時開場、6時半開始と書いてあるのを鵜呑みにして、6時半までに行けばいいのかなと思って開始15分前ぐらいに到着したんです。
ですが、実際は6時から読経が始まることが分かったので、今回はちゃんと開場時間前に到着し、余裕を持って写経会にのぞむことができました。

今回も参加者は20名ちょっと。阿字観の参加者が行くたびに増加しているのに対して、写経の方は平日の早朝だけあって、そんなには増えないのかも。新しい人も何人かいらっしゃいましたが、常連さんが多いようです。
幸い、自分の場合、会社の始業開始が10時なので、時間的には充分余裕があるのが助かります。

More
[PR]
by icewine5 | 2007-12-04 23:38 | 仏教

高野山東京別院 暁天写経会

高野山東京別院で毎月1回、朝6時半から行われる暁天写経会(朝粥付)に参加してきました。

このところお寺ネタが続いて、カテゴリに「お寺」を追加する必要がありそうですが、俗世が疎ましくなったわけでも仏教にのめり込んでいるわけでもなく(笑)、日々仕事に追われつつ休日には娯楽や飲食に打ち興じています。
まあ、その合間に日常のストレス生活から少し離れて、静かな環境で自己を見つめたいというぐらいの感覚です。

ただ最近、仏教の奥深さに惹かれているのは確かで、もっと探求してみたいという気持ちが強まってはいます。
それだけ心が疲れているのか、潜在意識の中で何か救いを求めているのかもしれないけど、若い女性の間で流行っている?スピリ●ュアルとやらには、胡散臭さと自己中心的な軽薄さを(個人的には)感じて好きになれないし、あくまでも仏様の世界を知ることで己の精神をもっと強くし、律したいという気持ちです。

というわけで、本題。

暁天写経会は毎月1回、原則第一月曜日に行われるようで、阿字観と同じく特に予約も必要なく奉納代1000円で誰でも参加できます。(しかも朝粥付き! 笑)
朝6時開場で6時半から写経開始ということで、私が到着したのは6時15分頃でしたが、既に本堂では写経前の読経が始まっていて、20名ぐらいの参加者がそれぞれの文机の前で静かに待機していました。
こちらの参加者も阿字観と同じく、出勤前のサラリーマン、自分よりも大分若い女性、ご年配の方など老若男女さまざまでした。

More
[PR]
by icewine5 | 2007-11-07 00:15 | 仏教

高野山東京別院で阿字観体験

先週末、高野山東京別院で前から興味のあった阿字観と茶話会に参加してきました。
阿字観体験、実は今回で2度目なんですが、1回目は少し開始時間に遅れてしまったので、今回がほとんど初めてみたいなもの。

阿字観は、高野山の公式HPによるとこんな風に紹介されています。
「真言瞑想法阿字観(真言禅)は、真言密教の根本教典である「大日経」というお経を典拠にした瞑想法(禅)です。
み仏のいのちと慈悲の心を充分に頂戴する座禅であると共に、私たち人間のあるべき姿を整え、正しい姿勢と心、そして健康に恵まれる修行であります。」

禅宗の座禅もよく知りませんが、一番の違いは自分の目の前におかれた阿字観のお軸に向かって瞑想する点だと思います。

仏教の座禅もヨガもルーツはインドに辿り着くわけだから、当然といえば当然なんですが、呼吸法や瞑想に対する考え方は驚くほどヨガと共通しています。
ちょっと乱暴な言い方かもしれませんが、どちらも一種のイメージトレーニングであって、目に見えない自分の体や頭の中の状態について、いかに想像力を働かすことができるか、ということかなと、2回参加してなんとなく感じました。

周囲の全てがもの珍しく、他の参加者の方々の作法を見よう見真似でやってみたんですが、覚えている限りの様子を振り返ってみます。

以下、ネタバレありです
[PR]
by icewine5 | 2007-10-30 22:31 | 仏教

初めての写経

薬師寺東京別院で土曜法話を聞いた後、念願の写経を初めてやってみました。
直接のきっかけは薬師寺参拝ですが、そもそもの動機は祖父の形見の般若心経から。

祖父の家は昔から書をよくする家系で、元々お寺関係に縁があったこともあって般若心経のお軸も子や孫たちにゆき渡るぐらい沢山残していました。
今はなき祖父母の家といえば、家じゅうの壁にかけられた漢詩や般若心経の掛け軸、墨のにおい、床に広げられた書きかけの半紙、早朝に祖父があげるお経と木魚の音、お線香の香りなどが懐かしく思い出されます。

ただ、その頃はそれらの光景が当たり前すぎて、自分からお経のことや先祖のことなどきちんと聞いたこともなく、書に関しても私自身は今まで筆もろくに持ったことがありませんでした。
今になって思えばもっと色々聞いておきたいことがたくさんあったのに・・・
遅ればせながら、これから少しでも祖父の足跡を辿れれば・・・それが写経をやりたいと思った発端です。

さて、薬師寺では有名な高田好胤127代管主が「お写経勧進による白鳳伽藍復興」に力を注いだこともあり、今も奈良の薬師寺内でも至るところで、写経の宣伝(?)をしていました。

般若心経は一巻の納経料が二千円。写経道場に行って書くこともできるし、自宅で書いて返信用の筒に入れて郵送で納経することもできるという、初心者にもとっつきやすいシステムです。

ここは写経に限らず、本当にお寺経営を色々工夫しています。
とにかく一般人が気軽に参加できるイベントが多いし、観光客相手に若いお坊さんがちょっとした法話をしてくれたり、職員が皆とても親切にお寺のことを説明してくれるし、一丸となってお寺を盛り立てようという意欲が強く感じられます。

ちょっと横道にそれました。

More
[PR]
by icewine5 | 2007-10-15 00:04 | 仏教

薬師寺東京別院「土曜法話と写経会」

奈良の薬師寺参拝に触発されて、前からやってみたかった写経と法話を聞きに先週、薬師寺東京別院に行ってきました。

写経の前に法話があったのですが、これが本当に良いお話で自分の生き方を色々と考えさせてくれるものでした。
お話してくださった薬師寺執事の大谷徹奘さんは日本全国あちこちで法話や講演をされているそうで、大変話し慣れしていらっしゃって、本当に面白かったです。
まさか法話を聞いて笑うことがあるとは思わなかった!

法話といっても特に難しい話ではなく、分かりやすい言葉で日常生活での例を交えて話してくださるので、仏教知識のまるで無い私でもすんなり頭に入ってきました。
言われていることは至極当たり前のことなんだけど、普段の生活ではつい忘れがちなことなど、法話を聞いて改めて心の持ちようがいかに大事かを認識しました。

以下、法話の中で心に残ったことについての覚書。
今回は、「法句経に学ぶ」というテーマで、「法句経」第十八けがれ品について解説していただきました。

①汝自らを汝の灯火(ともしび)となし、
熱心に努力してついに賢者となるがいい。(以下略)

ここで解説してくださったことで、なるほどと思ったのは「人生をかけてやりたいこと、目標は何か」ということと、「自分のゆめ=灯火」に向かって努力することが大切だけど、灯火を間違ってはいけないということ。

この「灯火を間違える」という点を以下のような例でとても分かりやすく解説してくださいましたが、自分もうっかりやりがちだなあと思いました。

人間関係でトラブルが生じたときに、人はどうしても憎い相手を見返してやろうとか、ぎゃふんと言わせてやろうという気持ちでやっきになるもの。
我々凡人はこうした反抗の気持ちを原動力につき進むことをやってしまいがちですが、それは自分が生きていく上で本当にやりたいことなのか?と考えてみる必要があるんですよね。

本当にすごい人や立派な人は、相手を指差したりしないし、自分の夢に向かってものすごい努力をしているんだという執事の言葉に私もハッとしました。
相手を指差して非難する暇があったら、もっと前向きな目標に向かって生きるべきだというのを自分もたまに忘れそうになるので注意しないといけないなと思いました。

「怒りの灯火を人生の目的としてはならない。未来を照らす灯火でなくてはならない。」この言葉を肝に銘じなくては。

以下、続きます。
[PR]
by icewine5 | 2007-10-14 01:00 | 仏教