晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:日々の雑談( 74 )

お久しぶりです

すっかりご無沙汰してしまいました。
コメントを頂いていたかたには不義理をしてしまい、申しわけございませんでした。

この1ヶ月ほど、時間があるようで結構あわただしく過ごしていて、一度、ブログを更新しなくなると、再開するのが億劫になっていたというのもありますが、せっかくここまで続けてきたのを辞めてしまいたくないので、ボチボチまた書いていこうかなと思っています。

とまあ、忙しかったというのは半分は言い訳で、個人的に生活環境が変わって本当なら時間に余裕ができたはずなのに、その分だらけてしまって結構無駄に時間を費やしてしまったりもしていました。

具体的にはお恥ずかしいことですが、パソコンの中に入っているカードゲームのスパイダソリティアに数年ぶりにはまってしまい、徹夜でひたすらゲームし続けるという本当におバカなことをしちゃったり、あとはNHKの海外ドラマ「新ビバリーヒルズ青春白書」にはまってしまったり・・・

新ビバリーヒルズ青春白書 90210 シーズン1 DVD-BOX Part1

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

昔大好きだったビバリーヒルズ高校白書と青春白書が新しい世代になってNHKで毎週放送しているのを夏ごろ(ちょうどブログの更新を怠りがちになったころ)に知って以来、ツボにはまってしまいました。
またこのネタは別エントリーで書ければそのうちに。(書き出すと止まんないかも 笑)

考えてみたらカードゲームもビバヒルも10代20代前半にはまったもので、それにいまさらながら再び熱中してしまったんですよね。我ながら進歩がないな~。

で、さすがにこういう不規則な生活はいかんと思って、(飽きてきたというのもあります)、再びブログを書こうという気になった次第です。

昨日、函館の高龍寺(そう!久々に函館行ってきました!)でもらってきた「禅の友」という座禅に関するパンフレット内のエッセーに
「『束縛のなかの安心』のあとに訪れる『解放のあとの呪縛』といった感覚(中略)。自分で自分を律しなければならない分、全ての責任が自分自身に振りかかってくるのです。(中略)叱ってくれる人がいなくなった分、そこから真の意味での自分の修行が始まるのです。」
という文章があり、帰りの飛行機の中でそれ読んで、このままじゃいけないとつくづく思いました。

とは言っても、夏の間ひたすらぐうたらしていたわけではなくて、旅行に行ったり、友人と食事したりとこれまでと同じように出歩いたりもしていました。

ブログは7月の奈良・京都・西宮でとまっていますが、その前後以降の主な出来事はこんな感じ。

 6月上旬 オアゾのクリヨンで憂さ晴らし会
 6月中旬 ホテル西洋銀座のアフタヌーンティ
 7月下旬 エトワールガラ
 7月下旬 日本橋三越のビアガーデン
 8月中旬 丸の内の「響」で憂さ晴らし会
 8月下旬 軽井沢旅行
 8月下旬 コンラッド東京のアフタンーンティ
 9月下旬 函館旅行(6度目ぐらいかな?)

他にも細々とありますが、多分、書ききれないのでこれぐらいでしょうか。
記憶をたどって簡単に書いていければと思ってます。

今後の予定で書いていきたいのは以下のとおり。
 来週 ぺぺりんさんと恒例の食事会
 3連休 初日は甥の保育園の運動会♪(もう今から楽しみ~)、あとは食事会。
 10月中旬 ポルトガル旅行

とりあえず7月の奈良・京都・西宮編を近々終らせます。
それではまたよろしく御願いします!
[PR]
by icewine5 | 2010-10-01 20:00 | 日々の雑談

花束と花瓶

f0059671_0541681.jpgこのところ、立て続けに花束を頂く機会がありました。
謙遜ではなく客観的に見て、「花より団子」な自分は花束が似合う女では全く無いし(苦笑)、「花を愛でる」というような優雅さからは程遠いガサツな生活をしています。

以前、会社の後輩の女性と話していたときに、彼女達が「花束のプレゼントって嬉しいですよね♪」と言っていたのを聞いて、「へぇ~、そんなに嬉しいものなんだ・・・。なんて女性らしい感性の持ち主なんだ!」と内心、感心したものです。

そんなわけで当然のことながら家に花瓶はありませんでした。
で、この頂いた花束を一体どうしたものか・・・と途方にくれてしまい、とりあえず洗濯用のたらいにつけてから(爆)、(こういうやつです。)

トンボ タライ 50型

新輝

ネットで「花束 花瓶がない」などで検索してみました(汗)。

そこで見つけた方法がペットボトルの上部を切り取って花瓶がわりにするというもの。
運よく空のペットボトルは複数保存していたので、それを使って部屋のあちこちに飾ってみました。

飾ってみたところ、「これで部屋がきれいに片付いてさえいれば、花を飾るのも意外といい感じ♪」と初めて思ったのでした。(写真、とっておけばよかった・・・)
何よりも贈り主の気持ちがとても嬉しく感じられて、こういうプレゼントをいただけることに心から感謝の気持ちを覚えました。

私は女性誌の見出しやスピリチュアル系などでよく見かける「愛され○○」とか「愛される人間になるために、人を愛そう」的な発想が嫌いです。
結局は自分が一番大事にされたい、自分を見てほしい、自分のために何かをしてもらいたい、ちやほやされたいといった自己中心的な欲求を取り繕っているだけのせこさというか打算や媚があるような気がするのですよね。

なので自分の場合、人に愛されたいがために何かをするというのはほとんど無いから、職場では全くもって無愛想だし、プライベートでも人の好き嫌いは激しいし、自分のやりたいことしかやらない我儘勝手なところのある人間だと自覚しています。
だけど、自分の感情とは別に、仕事においてはやるべき事は全力を尽くしてやるよう努力しているし、プライベートでは、こんな私にでも快く接してくれる友人にはいつも心から感謝しているし、誠実であることや親切な態度をとることを心がけています。
(ま、そうは言ってもまだまだ修行の足りない自分の場合、見返りを求めないというのは口で言うほど簡単ではないですが・・・)

少なくとも、愛されたいからという理由で何かをするのではなくて、自分がやりたいからやる、その結果、人からどう受け取られようとあまり気にしないといった感じかな。
本当に私のことを命を犠牲にしてでも愛し、守ってくれるのは親だけだと思っていますから、別に万人に愛される必要性も感じてないし。

段々、話がそれてしまいましたが、そんな好き放題している自分に対して、人様から花束という、思ってもいなかった優しいお気遣いをいただけるというのは本当に、本当にありがたいことだと感謝の気持ちを、花を見ていて改めて実感した次第です。と同時に、普段の愛嬌の無い根暗な態度を少々反省^^;

f0059671_0552259.jpgこちらはつい最近いただいた素晴らしい薔薇の花束。2ヶ月遅れですが誕生日のお祝いとしていただきました。
決して謙遜ではなく、頂くほどの価値あることを私は何もしていないので、かなり恐縮なのですが・・・
こちらも予想外のびっくりプレゼントだっただけに、感動もひとしお。この歳になって、こうやって皆様から誕生日を祝っていただけるのは本当にありがたいことだと思いました。

さすがにこの立派な花束をペットボトルで飾るわけにはいかなくて、一晩だけ盥につけて(爆)、翌日急遽、近所の花屋で花瓶を購入しました。


f0059671_0554694.jpgやっぱり、ちゃんと花瓶にいれるとさらに良い感じになりました。これでもキツキツで一部どうしても入りきらないものはペットボトルになっちゃいましたが(汗)。

幸いとても長持ちするお花で今も元気に咲いています。
これを眺めながら、贈ってくれた友人の気持ちを深くかみしめると同時に、今の私には分不相応なお花ですが、本当の意味でこれに相応しい人間になれるよう日々努力しなくては!と自分に言い聞かせています。
[PR]
by icewine5 | 2010-07-09 01:01 | 日々の雑談

買い物あれこれ

年度末の仕事の忙しさから解放された春以降、ストレス発散とばかりに物欲全開!
以前から欲しかったものを立て続けに購入しました。お財布が軽くなるのは辛いけど、ずっと必要としていたものだし、ようやく手に入れることができて心は満足♪

最初に眼鏡。
超ド近眼で普段はコンタクトレンズがメインの生活なので、眼鏡をかけるのは朝起きた時と夜寝る前、あとはコンタクトレンズの調子が悪い時と海外旅行で長時間飛行機の乗る時ぐらい。眼鏡はあくまでもコンタクトの補助なのでここ10年ぐらいずっと同じものを使っていました。
最近では、眼鏡のフレームがガタガタで柄がいきなり外れたりしたのを補強したりしながら使っていました。4月に入ってようやくかかりつけの眼科で眼鏡の検眼をしてもらったところ、度が全く合っていないことが判明。確かに10年も使っていたら合わなくても当然ですね・・・

f0059671_147542.jpg新しい眼鏡用の処方箋を作ってもらい、いつぞやのエントリーでも触れた眼鏡店のKAMUROに行って購入したのがこれ。
vaccinium(ヴァシニウム)という名前のついたフレームです。
予備用で使うのはほとんど家の中だけとはいえ、今度は外にしていっても大丈夫なように今回は奮発しました。
レンズも一般的なものだと私の度数の場合、かなり厚めになってしまうので、薄型レンズにしたところ、トータルで59,600円(レンズ26,000円+フレーム33,600円)。ちょっと高いけど、満足のいく眼鏡が手に入ったので大事に使います。

このお店は他にも素敵なフレームが沢山あって、決めるまでかなり迷いましたが、今時の眼鏡屋さんは進んでますね~。いくつか候補のフレームをかけたところを正面、真横から映像にしたものを2種類ずつ並べて比較できるのです。これだと、1つずつかけて鏡で見るよりも、どのフレームが似合うか分かりやすいし、お店の人も私の顔つきや輪郭に基づいてどれが似合うかアドバイスしてくれるので、とても助かりました。
f0059671_1472740.jpgフレームのデザインが気に入って、主観でこれが似合いそうと思っても、実際にそれが自分に似合っているかどうかは別なんですよね。
デザインだけでいえば、もっと気に入ったフレームもあったのですが、それをかけた状態を映像で見ると、しっくりこない。
長く使うものだし、自分に合ったものを選ぶことができて良かったです。

眼鏡ケースは後日、眼鏡が出来上がったときにお店の人が用意しておいてくれたのですが、何も言わなくてもちゃんと私の好みを分かってくださっている!選んだフレームや前回訪れた時の服装などで推測してくれたのでしょう。

もう一つの買い物は自転車。これもずっと前から欲しかったものです。
私はどんなものでも結構物持ちが良くて、(というか、捨てられない性格なので)、一度手に入れたものはボロボロになるまで使うクセがあり、自転車も10数年ガタガタになるまで使っていました。一度は盗難にあって数年たった頃に警察からみつかったと連絡が入り、再び使い始めたぐらい。自転車屋で何度もタイヤの修理などをしてもらって使っていたがこれももう限界。
先月、新しいものに買い換えました。ブリヂストンのアルベルト

これも長く使うものだから、今度はちゃんとした自転車を買おうというわけでネットや量販店ではなく近所の自転車屋さんに行って、色々聞いてから購入しました。
行ったお店がとても良心的で「自転車は色々なタイプを試乗して、自分にどれが合うかをよく考えてから買うほうがいい」と言い、私の希望する条件に合いそうなものをいくつか試乗させてくれました。私が遠慮して店先10数メートルだけ走らせてみたら、周辺を1周してみろと言ってくれました。初めて来たお客をそんなに信用してくれるとは、なんて人の良い・・・。こういうお店だと買う方も信頼できていいです。
普通だったら訪れた当日になんとか売りつけようとするものだし、私も買うつもりで行ったのだけど、商売気の無い良心的な店の人のアドバイスを聞いているうちに、買う前にもう一度よく考えようという気にになって、候補の自転車をいくつか念頭においてその日は一旦帰ることにしました。
で、翌日、決心がついて再度、そのお店に出向いたら、再度、試乗してみるように勧められて、乗り心地を確認。

最後に残った2~3の候補の中からアルベルトにしました。27インチで3段ギアつき。1万円引きで45,800円。
これまで乗っていたオンボロ自転車とは雲泥の差です!快適な乗り心地でスイスイ進むので、これまでいつも電車で行っていたスポーツクラブも最近は自転車で通ってます。時間的にはほぼ同じぐらいなので、電車賃が浮くし、運動にもなるし一石二鳥です。

やっぱり長く使い生活必需品は品質の良いものを買うべきだと実感しました。

ここからは生活必需品ではなくて、ストレス発散のための散財です^^;

今年になってすっかりはまったグレースコンチネンタル。以前のエントリーで書いたワンピースやアクセサリーを購入した後も公式HPや店頭で新しい服が出ていないかチェックしています。

f0059671_1514440.jpgずっと入荷待ちだったフリルフラワーカゴバッグの黒がようやく再入荷されたとお店から連絡が入り先月、早速、買ってきました♪。
カゴバッグもここ数年ずっと欲しくて毎年、探していたのですが、気にいるデザインとサイズのものになかなか出会えませんでした。で、グレースコンチネンタルのHPをチェックしていて見つけました!これぞ私が求めていたカゴバッグ!お店で買えばポイントがたまるので、早速、行ったものの入荷待ちとのこと。約1ヶ月間、辛抱強く待った甲斐がありました。

容量が大きいからモノがポンポン放り込めるし、肩にかけられるし、上部が巾着状になっていて閉じられるから防犯の面でも安全だし、とても気に入っています。
もちろんデザインもいい♪

ただ、先日、実家にこのバッグを持っていったところ、暗がりで見た母が「新しいバッグ買ったの?なんか黒いモジャモジャがついていて変わったバッグね。」ですって(苦笑)。暗いからよく見えなくても仕方ないにしても、黒いモジャモジャじゃなくて、黒いバラの花なんですけど^^;。

このバッグを買った日はちょうど丸井のカードの割引セール中。バッグだけで済むわけはありません・・・
結局、予定外のペイズリー刺繍ワンピースも買ってしまった・・・。バッグとワンピース合わせて44,100円のところ10%引きで39,690円。ちょうどセールの時期にバッグが入荷されて良かったです。

ここのブランドって自分には絶対着られないフリフリの若向けデザインの服がある一方、年齢を問わないデザインのものも多くて、尚且つ他のブランドには無い個性があって、見ているとあれもこれも欲しくなってしまうのですよ。あ~、お金があったら、大人買いしたいところだ・・・。
先日は、また顧客セールの案内電話があり、今月はもう無駄な出費はしないと決めたそばから誘惑に負けそうです。
[PR]
by icewine5 | 2010-06-14 01:59 | 日々の雑談

赤ちゃん訪問

年末年始のリラックス気分もこの2週間のバタバタした生活であっという間に現実に引き戻されました。
今年から再びスポーツクラブに入会したので、会社帰りにせめて風呂とサウナだけでも入りに行きたいのですが、サウナにしっかり入るためには会社を21時過ぎには出なくてはならず、結局、平日は一度も行けずじまい(涙)。

ジョンソンエンドジョンソンが運営する「ミタメネンレイLab」で男性を対象に実施したアンケート調査(こちら)によると、仕事後の女性の見た目年齢は5歳増しに見えると答えた人が一番多かったそうで、ものすご~く納得できました。自分でも会社帰りの電車の窓に映った顔は朝と違って、ぎょっとするほどやつれてますもん。
あ~、給料が多少減っても会社帰りにショッピングや映画を楽しめるような定時に退社できて、責任もあまりない気楽なOLになりたい・・と、窓に映ったやつれ顔の自分を見てふと思ったりもしますが、きっとそういう仕事になったら逆に、忙しくてもいいからもっと給料が欲しいと思うんでしょうね。とにかく3月までの辛抱。ん~、不労所得を得るための方法をこれからは色々考えなくては!

年明け早々愚痴るのはこれぐらいにして、年末年始の楽しかったことを思い出してみることにします。
年末からお正月にかけては怒涛の赤ちゃん週間でした。いつもの弟夫婦の甥二人に加え、妹夫婦の甥とも散々遊びました。昨年6月に会った時はまだ「哺乳類」でしたが、今はすっかり「赤ちゃん」らしくなって、お目めもパッチリ、みんなに愛嬌を振りまいていました。初めて帰った母国は甥の目にどんな風にうつったのかな?

遊んだのは自分の甥達だけではありません。
年末には会社の元同僚Yさんの赤ちゃんHちゃん(女の子)もたっぷり抱っこさせてもらいました♪
普段、ミニ怪獣か小動物のような元気すぎる男の赤ちゃんにばかり接しているせいか、女の赤ちゃんってなんて大人しくて聞き分けが良いんだろうとちょっと感動しちゃいました。
男の赤ちゃんもとっても可愛いですが、女の赤ちゃんはまた違った可愛さがあります。
Hちゃんは5ヶ月、まだお座りできないし、人見知りもそんなにしないので私が抱っこしても泣くこともなく、おしとやかに微笑んでくれるのです。

お母さんが美人なだけあって赤ちゃんもお人形さんみたい。まつ毛が本当にクルンと上向きにカールしている日本人の赤ちゃんって初めて見ました!
自慢じゃないけど(実は自慢←アホ)、ウチの甥たちもマッチ棒が乗りそうなぐらいまつげは長くて、お目めぱっちりなんだけど、Hちゃんほど上向きではないのです。正直、まつげに関しては負けたと思いました(苦笑)。
しかもHちゃんのお目めのすごいところは、まぶたのふちがまるでアイライナーで描いたように黒々としているのです。一緒におじゃましたKさんと「将来マスカラもアイライナーもいらないよね。羨ましい~」と話していました。

この日は、Yさんも久々に母乳はお休みして3人で酒盛り。
プライベートの友人では飲めない人が多いのに、なぜか会社関係で親しくしている人は酒豪が多いのが私にとっては嬉しいところw

f0059671_1203382.jpgお料理上手のYさんの手料理&私とKさんが持ち込んだアルコールとおつまみ&デザートのモンブランで久しぶりに色んな話で盛り上がりました。もちろん会社の愚痴はもう私達の定番です^^;
前菜もまるでレストランみたいでとっても素敵です。


f0059671_1204591.jpgお手製のピザ。最初はじゃがいもとちりめんじゃこにカレー粉をまぶした珍しいピザでした。さすがだな~。

Hちゃんもあかちゃん椅子に座ってにこにこしながら私達が喋っているのを眺めています。本当にお姫さまみたいな赤ちゃんだわ~。
時々ぐずっても抱っこすればすぐ大人しくなるのです。
赤ちゃんをあやす私と普段の会社での私があまりにも違うので、Kさんから「○さんがそんなに赤ちゃん好きだとは意外でした!いいお母さんになりそうなのに、もったいない。」と言われてしまいました(苦笑)。
いや、人の赤ちゃんだからこうやって可愛がれるんであって、子育てみたいに大変なことには自分自身はあまり関わりたくないかも^^;


f0059671_1205643.jpg2つめのピザは定番。パン焼器で作ったそうで、昔のと違って今のパン焼器は色々と便利な機能がついているようです。
生地はふかふか、チーズもたっぷり乗っていて大変美味です。ちょっとおかずパンにもなりそうな感じ。


f0059671_121869.jpgスープも野菜たっぷり。これももちろんお手製。
いいなあ~、こんな料理上手なお母さんを持った赤ちゃんは幸せです。
Hちゃんが大人しいのをいいことに、居心地の良いYさん邸に結局お昼時から夜7時まで長居してしまいました。

赤ちゃんに癒され、美味しいご馳走もいただき、会社の愚痴で憂さ晴らしもできたし、まるで自分の家のように寛がせてもらいました。
[PR]
by icewine5 | 2010-01-18 01:31 | 日々の雑談

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
このブログで新年のご挨拶をするのも今年で4回目です。ここまで続けることができたのもご覧頂いている皆様のおかげです。ひとさまに読んで頂くというより自分の備忘録として書き連ねているだけにも関わらず、年々わずかではありますがアクセス数が増えているのはありがたいことだと思っております。

昨年は日々の忙しさ故に更新も滞り、振り返ってみると飲食ネタと旅行レポに偏っていて正直自分でも安易な方向に流れているなあと自覚しています。
旅行レポはともかく、飲食ネタは時間の無い時にあまり考えずに気楽に書けるので楽しいし、何を食べたか思い出す時には便利なのですが、内容は薄いですからね・・・。
読んだ本や映画、ドラマの感想、時事ネタ、このブログ本来の?歴史オタ話など、書きたいことが色々たまっているので、今後は初心にかえるつもりで内容も吟味していこうと思っています。

f0059671_1251350.jpgと言いつつ、とりあえずは年末の旅行と飲食ネタがしばらく続きそうなので、合間にこの数ヶ月で読んだ本の感想を忘れないうちに書ければ・・・といったところです。
(写真はお正月に行ったディズニーアンバサダーホテルの「シェフ・ミッキー」のブッフェコーナーより。早速、食い意地はってます。笑)

そうそう、今年は箱館奉行所庁舎復元工事の完成年ですからね!函館旅行も今年の楽しみの1つです♪

さて、今年は途中から生活がガラッと変わる見込みです。一時的に多少は時間の余裕が生じることになりそうなのはありがたい反面、自分で対処しなくてはならない新しい事が何かと増える点は少々不安でもあります。

それはそれとして、楽しい事やストレス発散に良い事に対して貪欲に喰らいついていく生活方針に変わりはありません。
幅広く好奇心を持ち行動的であることが、心身ともに若さを保つ王道だと思うし、自分自身の興味や行動に制限をつけた時点で人間の成長は止まってしまう気がするので、色んな事に視野を広げつつ、精神面ではあまり肩肘はらずに生活したいものです。
[PR]
by icewine5 | 2010-01-06 01:28 | 日々の雑談

利き目

先日、自分の足の正確なサイズが判明して目から鱗だったのに続き、昨日は自分の利き目も初めて知ることになりました。

超ド近眼の私、ハードコンタクトレンズは私にとって体の一部みたいなものなので、ちゃんとかかりつけの眼科で処方してもらって正規販売店で購入してます。
前回作り換えてから気がついたら数年。新しい年を迎えるにあたり、新しいレンズを購入することにしました。
両目で3万円以上するのはお財布が痛いですが大事な目のため、お金にはかえられません。今度はUVカットのレンズだし、目には良さそうなのが嬉しいです。
今年はこれが自分へのご褒美となりそう。

さて、新しいレンズをつくるための検眼の際、初めて知ったことがあります。
自分の利き目です。
そもそも利き目というのがあることすら知りませんでしたが、度数に関して2種類の候補で迷っていたところ、検眼スタッフから利き目の調べ方について教えてもらいました。
やり方は次の通り。

 1.両手の親指と人差し指で三角形の空間をつくる。
 2.その三角形の空間から検眼表の1番上のCの1つを両目で見て、Cがひとつだけ見えるギリギリまで三角形を狭めていく。
 3.三角形がぎりぎりまで小さくなったところで、右目、左目、それぞれ片目でCの字を見る。
 4.その時にCの字が見える方の目が自分の利き目である。

言われた通りにやってみたところ、私の利き目は右目だと判明しました。
両目や右目で見た時はちゃんと見えているCの字が、本当に不思議なことに左目だけで見ると手の影に隠れて見えないのです!

これは検眼表がなくても手元の本やカレンダーなどでも簡単に試すことができます。
眼科から帰ったあとも会社のデスクで手元の書類で試してみましたが、どうやっても左目では見えないのです。
手は左利きなのに目は右利きなんてこともあるんですね~。

う~ん、先日の足のサイズといい、案外自分の体の事なのに自分で分かっていなかったりするものなのだと思いました。


で、利き目が右の場合、右の度数を少し高めにしておくと見やすい場合が多いのだとか。
コンタクトレンズや眼鏡の度数を決める際に判断材料の1つとして役立つかもしれません。

コンタクレンズに関連して、ちょっと脱線しますが、実は眼鏡のフレームも作りかえたくてウズウズしてます。
眼鏡はあくまでもコンタクトを外した時やたまに調子が悪い時のための補助用なので、外にしていくことは滅多にないのだけど、今持っている銀縁フレームは味気なくてイマイチなんですよね。

できれば、外でしても野暮ったく見えない素敵なフレームの眼鏡が欲しいと思っていたところ、たまたま雑誌で良さそうお店をみつけました!
メガネフレームのブランドショップKAMURO(HPはこちら)。
これを見たら、もう欲しくてたまらなくなりました!

昔、フランスの病院に入院した時にお世話になったリハビリ師の先生が、鼻の部分がト音記号になった眼鏡をかけていて、さすがおフランス!、こういうデザインは日本には無いよなあ・・・と羨ましく思っていたものですが、このKAMUROには他の眼鏡店では見かけない色々なデザインの眼鏡があるようで、近々、これも自分へのご褒美として手に入れたいと狙ってます!
問題は眼科で検眼をする時間があるかということ。仕事がいっぱいいっぱいでなかなか医者にいく時間もとれませんが、なんとか合間を見計らって眼鏡用の検眼もしてきます!
[PR]
by icewine5 | 2009-12-15 23:32 | 日々の雑談

靴のサイズ

先日、ある場所で正確な足のサイズを計測してもらう機会がありました。
いつも履いている靴のサイズは25センチ。
今でこそ25センチ以上の靴を揃えている店が増えたとはいえ、普通の靴屋には24.5センチまでしか置いていないことが多く、しかもデザインは限られているし、値段も高めなので、選択の幅が限られていて、靴選びには苦労しています。

ただ、これまできちんとサイズを計測したことはなくて、今回、初めて調べてもらったところ・・・

      右足            左足
足長 24.0センチ        23.7センチ
足囲 23.4センチ(22.4)  23.0センチ(22.2)
足幅 9.7センチ(8.8)     9.6センチ(8.5)

なんと、25センチも無いではありませんか!
計測してくださった方の話によると、このサイズの場合、24センチの靴が適切なんだそうです。

また、足長だけでなく足囲や足幅に合った靴であることも大事で、地面に着地した状態と地面から離れている状態の両方の長さを把握しておく必要もあるんだそうです。
(  )内の数字が地面から離れている時のサイズです。当然、着地時よりも小さくなります。

よく靴のサイズ表示で足囲を表すEやEEがありますが、これも実は小さい方から順にAからEEEぐらいまであるんだそうです(ブラジャーみたいですね 笑)。
標準的なEサイズの場合、足長とほぼ同じぐらいの長さなので、足長よりも足囲が小さい私の場合、本来ならDサイズが適切なのだそうです。これまで自分の足は幅も長さもあるデカ足だと思い込んでいただけに、意外な結果にびっくりでした。
25EEEなんて見ると「これぞ私のための靴!」と思っていたのに、全く間違った靴選びをしていたわけです・・・

私には大きすぎた25センチの靴なのに、なぜきつく感じることが多かったのかも分かりました。
要するに、幅も長さも大きすぎる靴を履いているために、靴の中で足がつま先の細い部分まですべってしまい、足指がつまってしまうせいでどんな靴を履いても小さく感じていたのです。その結果、足に余計な負担がかかって、足裏にタコができたりもしていたとのこと。
いや~、目から鱗が落ちました!

これまで24.5センチなんて入るはずも無いと思い込んで、普通サイズの靴売り場で試したことがなかったので、説明に納得はしたものの、それでも本当に24センチや24.5センチの靴が入るのか疑心暗鬼でしたが、その後、靴屋で手当たり次第試しに履いてみたところ、本当に入った!
売り場をちょっと歩いてみた感じもほどよくフィットして歩きやすいのです。

さすがに24センチはちょっときついと感じましたが、いつもゆるい靴を履いていたせいで締め付け感に慣れていないだけで、本当はこれぐらいピタッとフィットするほうが足に良いんだろうなあと実感しました。

何より嬉しいのは25センチ以上の靴には無い素敵なデザインの靴が選び放題になるということ。
現時点では持っている靴がまだ充分にあるのですぐに買う予定はありませんが、次に新しい靴を買い足す時が今から楽しみで、靴売り場の前を通りがかるたびに試し履きしてみたりしています。
足の正確なサイズが判明したことで、健康にも良いことになるし、素敵な靴も選べるし、良いことだらけです。
早く新しい靴が買いたいな~♪
[PR]
by icewine5 | 2009-12-13 15:51 | 日々の雑談

最近のあれこれ

書きたいことが色々たまっているのに、忙しくてストレスたまりまくってます。
単純作業で忙しいならまだいいのですが、気難しい得意先との対応やあれこれ考えなくちゃいけないことや細かいチェックが必要な事で、バタバタするのは本当に神経が疲れます。

しかもその関わっている仕事が今話題の事業仕分けで来年度は廃止だというんだから、凹んじゃいます。
自分が勤めるのは民間の小さな会社で、関わっているといっても末端の末端ではあるわけだけど、面倒な実務はこちらが請け負っているのだし、こんなしんどい思いをしたって来年度にはつながらないのか~と思うと、どうやってこれから年度末までモチベーションを高く保ち続ければいいのか考えてしまいます・・・

この事業仕分けでは、過去にやはり末端で関わった仕事も地方へ移されるそうだし、自分のやってきたことってなんだったんだろう・・・

でも、やるべきことはやらなきゃいけないわけだし、全てはお給料のために割り切るしかありません^^;

それにしてもあの事業仕分け、確かに自民党時代の無駄を徹底的に洗い出して効率化するという目的は良いと思いますし、賛成です。
ただ、仕分け人が役人や関係者を呼んで問い詰める映像をみたところ、罪人の吊るし上げのようで、あまり気分の良いものではありませんでした。
どこかで「東京裁判」みたいとのコメントだか批評だかを見かけましたが、私は文化大革命の弾圧なんかを思い起こしたりしました。
これもあちこちで言われてますが、そもそも1時間の議論で本当に要不要を見分けられるものなのか。本当に無駄な事業も沢山あるとは思うけど、行政刷新会議の評価結果のページを見ると、これって本当に廃止や凍結でいいの?と個人的には疑問に感じるものがあります。

それにしても芸能人の頃から蓮●って意地悪そうで好きはなかったけど、国立女性教育会館理事長とのやりとりは、見ていて不愉快でした。
確かに蓮●さんの言い分も分かります。
女性教育の必要性は充分すぎるほど理解できますが、国立女性教育会館なんて今まで聞いたこともなかったし、その立派な目的のための道具としては無駄な施設だと思わざるを得ません。
こういう施設はせっかく良いものを持っているのに、PRの仕方や有効利用の仕方が本当に下手なんですよね。そこがお役所仕事として批判されるところなんですが。

だけど、ああいう喧嘩腰の詰問って相手の態度を硬化させるだけで、かえってマイナスだと思うんですけどね。
まあ、蓮●さんはああいうヒール役として自分の立場を保とうとしているんだろうけど、あのきつい詰問調が逆にヒステリックな女性性を感じさせて、私はどうしても生理的に苦手です。
自分も感情的になって怒っている時ってどうしても口調がきつくなりがちなので、気をつけなくてはと思いました。

とまあ、それは置いといて、ここ最近ストレス発散の言い訳として?週末に自分にしては高価な買い物をしてしまいました・・・
ダイアン・フォン・ファステンバーグのワンピース。
いつも店頭でいいなあと思って見ていただけで購入するには躊躇してしまう値段なので、その日も鏡にあてて見るだけのつもりだったのですが、店員さんに「着てみるだけでも・・・」とそそのかされて(笑)、試着してみたのが一巻の終わり^^;
結局、すっかりその気になってたまにはいいや!と買っちゃいました。ダイエー好きのジミータもたまには頑張ります(笑)。

ただ、問題は家で洗濯できないこと。
お店の人によると「エマールなどで洗うと鮮やかな色合いが駄目になってしまう。」と脅され(爆)、せっかく買ったからにはガンガン着倒したい反面、クリーニング代が痛いよなあ・・・と内心思ったりしてます。
要するにこのブランドはクリーニング代なんて気にならないほどの財力のある女性に相応しい服であって、自分みたいに真っ先に洗濯方法を気にする人間には背伸びし過ぎなブランドだということ。

だけど買ったからにはたくさん着なくては!
なんだかんだ言ってストレス発散の買い物は気分がいいものです♪

さて、今週も無事乗り切れますように!
[PR]
by icewine5 | 2009-11-18 00:14 | 日々の雑談

赤ちゃん週間 第三弾

先々週は甥2人、先週はblaksumurさんのおまめさん、そして今日はKちゃんの赤ちゃんAちゃんと初対面。
3週連続の赤ちゃん週間です♪

明るく活発なKちゃんご夫婦のお子さんらしく、とても人懐っこい可愛い赤ちゃんでした。
これまでずっと男の赤ちゃんにばかり接してきたから、女の赤ちゃんを抱っこするのはとっても新鮮。
男の赤ちゃんに比べて気のせいか、女の赤ちゃんは骨格が少し華奢で繊細な抱き心地のように感じました。
もちろん赤ちゃんらしくむっちむっちの肉付きだし、脚力は強いし、活発で元気いっぱい!
天真爛漫な明るい笑顔から、ご両親の愛情をいっぱい受けてスクスク育っているのが伝わってきます。

私も早速、抱っこさせてもらって、音楽に合わせてダンス♪ダンス♪
ウチの甥も大好きな飛行機ごっこは、きっとAちゃんも好きに違いないと思って、ビュンビュン回転したら、とっても嬉しそうにニコニコしてくれました。

f0059671_24399.jpgそして、今回もやっぱりアフタヌーンティー状態で久々のおしゃべりも楽しみました。
Kちゃんが用意してくださったゼリーも美味しかったし、ご一緒したMKちゃんの地元シュークリームも皮がしっかり、クリームたっぷりで食べ応えがありました。


f0059671_25249.jpg私はすっかり手土産の定番となった堂島ロールとクラブハリエのバームクーヘン。
実は今回、三越に行った時間もちょっと遅かったので、堂島ロールは買えないだろうから、バームクーヘンとマカロンにするつもりだったのですが、いざモンシュシュに行ってみたら、行列もほとんどなくノーマルタイプだけは残っていたので、予定変更でこちらを購入しました。
さすがに抹茶やキャラメルノワールなどは完売でしたが、もしもノーマルだけを購入するつもりなら、正午過ぎぐらいの方が並ばずに買えるので時間的な効率は良いかもしれません。

さて、さんざんAちゃんを抱っこしたり触ったりして遊んで、気がついたら4時間近く経っていました。
赤ちゃんと遊ぶのって本当に楽しいです。
乳児の頃も可愛いし、幼児になってお喋りしだすと、それもまたたまらなく可愛い。
いつまで見ていても飽きないです。

それに、女の子は大きくなっても母娘で旅行やショッピング、食事、観劇などずっと一緒に遊べますもんね。
男の子もウチの甥なんて本当に可愛いのだけど、いずれは離れていってしまうことを考えると、娘さんを持ったKちゃんがちょっと羨ましかったりもします^^;
ウチも弟か妹、どっちでもいいから頑張って女の子をもう一人生んでくれないかな(笑)。

たっぷり遊ばせてもらったうえに、いつもの事ながらご夫妻からお土産までいただき、ご丁寧なおもてなしに感激です。

Aちゃんのぷくぷくの余韻に浸りつつ、家に戻ったら、弟から甥たちの日常を撮影したビデオが届いていて、早速、鑑賞。あ~、癒される~。

More(隠れてウ○チ)
[PR]
by icewine5 | 2009-08-16 02:15 | 日々の雑談

買い物あれこれ

久しぶりに肩下まであった髪をばっさり切って、頭も軽くすっきり。首にまとわりつく髪がなくなると体全体が身軽になるようで、夏はやっぱりショートが楽チンです。

軽くなるといえば、このところ財布がやや軽くなっているのはちょっと困りものです。
旅行などで何かと出費が続いていたので、「夏のバーゲンでは買わないし、しばらく余計な浪費はしない!」と誓ったはずなのに、結局、なんだかんだと散財してしまっています。
まあ、これを浪費と捉えるのではなく、楽しく生活するためのインセンティブと都合よく捉えることにして(笑)、何を買ったかというと・・・

昔から憧れだったジョージ ジェンセンのアクセサリー、買っちゃいました。
宝飾品ブランドに全く疎い私ですが、デンマーク王室御用達ブランドのジョージ ジェンセンだけは学生の頃から知っていました。

昔、妹がアルバイトで教えていた「お嬢さま」(本当にスゴイお嬢さまだったらしい。)のご両親からお歳暮か何かで妹が頂いたのがGJのペンダントでした。
当時は当然、名前なんて知らなかったけど、鑑識眼なんて全くない私が見せてもらっただけでもいかにも高級そうな雰囲気を醸し出していて、後日、実はそれがジョージ ジェンセンというブランドだったと判明したのです。

それ以後、たまにデパートなんかで店の前を通りがかっては、「やっぱりいいな~」なんて思ったりしていたものの、「もっと安い店で似たのを買えばいいや!」ということで(笑)、購入するまでには至りませんでした。

それが、今年の春、Uちゃんにお会いした時に彼女がつけていたリングがとても素敵だったので、これはもしや!?と思ったら、やっぱりそう、GJでした。
シルバーの独特なデザインだし、北欧外資系に勤めていた彼女だから、ピンときました。
みんなで「やっぱりいいよね~♪」としばし鑑賞会(笑)。

そういえば、Kちゃんといつだったかデパートに行った時もGJの前で「いいよね~」と二人、ため息をついたことがあったなあ・・・

先日、京都でお会いした時もそのリングをつけてきてくれたんですが、やっぱりいい!と改めてジョージ ジェンセンの魅力を再認識したのです。
京都から帰ってからもネットであれこれ見ているうちに無性に欲しくなって、結局、ペンダントを1つ購入しました。

f0059671_1411994.jpgあまり高いものは手が出ないから、無難にヘリテージコレクションのペンダントを1つだけ。
う~ん、満足♪
これを眺めてニンマリしています。
どんな服にでも合わせやすそうだし、良い買い物ができました。

HPを見ていると、他にもピアスやネックレスなど、どれもこれも欲しくなってきます。コレとかコレとか・・・
そういえば、サマージャンボ宝くじの当選番号をまだ見てなかった!当たっていたら買います(笑)

ついでにもう一つ、夏のバーゲンで買ってしまったアッシュ・ペー・フランスのリング。
最初にブレスレットとピアスを購入して以来、ちょこちょこ買っていて、今、数えてみたら全部で8点、購入していました。ん~、意外に買ってたんだ!

f0059671_1414361.jpgこちらはずっとお手頃価格。確か40%OFFで4,400円でした!
H.Pフランスが4,000円台で購入できるとしたら、そりゃもう買うしかないでしょう^^;
というわけで、フラッと見るだけのつもりで立ち寄ったお店で衝動買いしてしまいました。
派手なようで案外、何にでも合うので重宝しています。

このリングはDelphine-Charlotteというデザイナーのブランドだそうで、シャネルのジュエリー・デザインもやっていると、お店の人は話していました。
そんなデザイナーさんの作品だから価値がありますよ、と暗に匂わせているようでしたが(笑)。

まあ、私にとっては、シャネルのデザイナーの作品だろうが、お気に入りのZARAやスーパーのダイエーで売っている安いアクセサリーだろうが、自分が良いと思えば、ブランドなんて関係ないんですけどね。
自分が購入するものの価値を判断するのは、自分なんですから。

高級ブランドであっても、どんなに質の良いものであっても、高価なものであっても、自分が気に入らなければ、私にとっては全く無価値。
雑貨屋でもっと素敵なお気に入りのアクセサリーがあればそれがたとえ100円だったとしても私にとっては、高価なブランド物にも勝る価値があるのです。
逆に高価なブランド物がタダで貰えるとしても自分が気に入らなければ欲しくもありません。

世の中には盲目的に「高価なものイコール質も高い」と信じて、それを身につければ安心といった思考停止状態になっている人、もしくは自分の人間的価値やレベルまで高くなったと勘違いしている人も多いですが、私は決してそうはなりたくありません。
そういう思考停止状態の人に限って、その人に不釣合いな持ち物を持っていたりして、ちぐはぐな印象だったりするんですよね。

安いものでも「良いものは良い!」と自信を持って言える価値判断力、値段や売っている場所やブランドに惑わされずに本当に価値あるものを見極める鑑識眼、今の自分に相応しいかどうかをわきまえる客観的視点を常に持っていたいものです。

それをきちんと心得た上で、やっぱりアクセサリーに関してジョージ ジェンセンとH.Pフランスはいいです~
あっ、あと、春に買ったロエベのバッグもちゃんと愛用してます♪
[PR]
by icewine5 | 2009-08-09 01:57 | 日々の雑談