晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2006年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

三島由紀夫映画祭2006(その1)「憂国」に衝撃

仕事が暇状態なのをこれ幸いと、この2日間は定時に会社を出て、キネカ大森で開催中(4/8~5/12)の三島由紀夫映画祭2006「その目で、心で 衝撃と対峙せよ」に行ってきました。

見たのは27日が「憂国」「愛の渇き」、28日は「潮騒」の3本。
「愛の渇き」と「潮騒」も良かったのですが、「憂国」の印象が強すぎて・・・本当に強烈でした。

余韻さめやらぬうちに「憂国」の感想を。
昨日は強烈な三島の世界から現実に戻りたくて、他愛も無い話を書きましたが、それでもまだ、今日も脳内を映像と共にBGMのワーグナー「トリスタンとイゾルデ」から「愛の死」がエンドレスで流れています。
原作を読んだことが無かったので、見る前は、2.26事件で将校が決起する話かと思っていたら、事件に加わることが出来なかった青年将校と新妻の愛と死をテーマにした話だったのですね。

「憂国」は三島由紀夫本人が主演しているのですが、字幕を見たら、原作は当然のことながら、なんと監督、制作、脚色、美術と全てに関わってるのが、すごい。
もう、これでもか、これでもかというぐらいコッテコテの三島の世界に圧倒されました。


憂国(1967年/モノクロ/28分)
監督/制作/原作/脚色/美術/主演:三島由紀夫
制作:藤井浩明/撮影:渡辺公夫
出演:三島由紀夫/鶴岡淑子

ストーリーは以下の通り。
昭和11年、「2.26事件」が勃発、新婚であるがゆえに仲間から決起に誘われなかった武山中尉(三島由紀夫)は、皮肉なことにかつての親友たちの鎮圧を命じられる立場になる。国も友も裏切ることができない武山中尉は最愛の妻・麗子(鶴岡淑子)と共に自ら死ぬことを決意する。そして、愛し合う二人の、想像を絶する「愛と死の儀式」が始まる・・・。(4月28日発売「憂国」DVDのチラシから引用)

これもチラシからの引用ですが、
能舞台に見立ててつくられた美術セット、艶かしい愛の交歓シーン、そしてあまりにもリアルな切腹シーン・・・全編セリフなし、ワーグナーの音楽にのせ、愛と死が緻密に描かれる。三島由紀夫の美学が全編に溢れるアート・ムービー(4月28日発売「憂国」DVDのチラシから引用)


ストーリーは、こんな感じで展開していきます。
1.武山中尉と妻・麗子が死を覚悟するシーン。
2.死の直前、愛の交歓
3.武山中尉の切腹
4.妻・麗子の自害

28分間、流れるのは「トリスタンとイゾルデ」のみ。場面が代わるところで、毛筆で書かれた注釈が入ります。
舞台は、チラシでも説明されているように能舞台のような空間に、装飾といえば背面にドドーンと大きく「至誠」と書かれた掛け軸と神棚だけ。
この「誠」の文字が武山中尉と妻・麗子のシーンの合間、合間に象徴的に何度も映るのが、新選組ファンとしては、なんと言ってよいのやら・・・

More
[PR]
by icewine5 | 2006-04-29 01:09 | 映画

「ニキータ」ネタで大盛り上がり

先日、都内の新選組史跡めぐりをしながら、一緒に行ったA子さんと下らん話で盛り上がりました。
今、巷で話題、そして笑いのネタにもなっている雑誌「ニキータ」についてです。

ニキータはちょい悪オヤジを生み出したレオンの女性版で、ターゲットは未婚、既婚を問わず、高収入の30代女性なのだそう。
この雑誌の中で推奨されている女性像、「艶女(アデージョ)」(定義はこちら)が何かと話題になっているみたいですね(笑)。
電車の吊り広告のコピーを見る限り、「うゎ~、なんかすんごい雑誌・・・」と、1度、立ち読みした事はありましたが、全く食指が動きませんでした。

でも、なんかこの雑誌の発想がある意味面白くて、ネットに出ている情報を色々見ていると、「艶女(アデージョ)」以外に爆笑もののネーミングがあるようです。
「派手女(ハデージョ)」、「駄目女(ダメージョ)」、「地味女(ジミータ)」、「艶男(アデオス)」ですって(大笑)。
このオヤジギャグのようなネーミングセンスって、女性誌というよりも男性誌のノリのように思えます。

この「艶女」が敵視するのが20代の「コムスメ」(笑)←仮想の敵はきっとエビちゃんOLですね。
もうねぇ、「コムスメ」を敵視している時点で、30女の余裕の無さが見え見えだし、なんかヒステリックな感じがして哀れを誘うのです。
自分も30女だけど、20代女性をそこまで意識したりしないけどなあ・・

しかも同世代の女性についても「駄目女」とか「地味女」とか区分して、そこまで貶めるか(笑)

そもそも、この雑誌のターゲットである、30代の高収入女性でこれを本気で信奉している「艶女」なる人が本当にいるのか?疑問です。
体型の緩みをカバーする服装とか、30代よりもむしろ40代ぐらいを狙った方がいいんじゃないかと思いますが。

で、前置きが長くなりましたが、いつだったか「水10」で松下由樹とお笑い芸人が「ニキータ」推奨の「艶女(アデージョ)」をおちょくったコントをやっていたのを、A子さんも私も偶然見ていて、「あれは笑えたよね~」という所からこの話が盛り上がりました。
(「ナイス!アデージョ!」「まさかの〇〇!」「あえての△△!」とか言っていたものです。)

そこで、私達はニキータで言うと、一体どのカテゴリーに分類されるのかということで、A子さんが面白いネーミングを考案しました。

以下、先日の私とA子さんの会話。
私:「大体さぁ~、『艶女(アデージョ)』なんて普段見たことないけど、どこにいるんだろうね~」
A子さん:「白金とか広尾とかじゃない?少なくとも中央線沿線にはいなさそう。」
私:「まあアデージョは間違っても、私達みたいに土方歳三が好きだったり、新選組史跡をめぐったりなんて、あり得ないよね^^;」
A子さん:「私たちみたいなのは、『オタージョ』??」
私:(爆笑)

漢字をあてると「お宅女」(オタージョ)・・・って、文字通りなんですけど(笑)
(誤解なきよう書いておきますが、私たちは単に新選組など幕末の歴史が大好きで、史跡やお祭りを見物したり、一般的な幕末本や小説を読んで楽しむだけで、同人活動等のいわゆる「オタク」には全く興味ありません。(^_^;)

もうその後は、もしも「ニキータ」が幕末史や新選組好きの「お宅女(オタージョ)」をターゲットにした雑誌だとしたら?ということで、新選組めぐりの間じゅう、アホなキャッチコピーを考案し続けちゃいました。

以下、全部おふざけです。
[PR]
by icewine5 | 2006-04-28 02:20 | 日々の雑談

コインロッカーに楽器を預ける無神経さ

お昼休みに見た腹立たしいニュースについて一言。

先日、フルート奏者の山形由美さんのフルート2本(1,200万円相当)が東京駅のコインロッカーから盗まれたそうですが、本日の報道によると川崎駅のロッカーで見つかったそうです。

この事件、見つかって良かったと思うものの、コインロッカーに楽器を預けるという無神経さにあきれ返ってしまいました。
この人、曲がりなりにもプロのフルート奏者として活動していて名声もあるわけで、フルートは命の次に大事なもの、いや、体の一部と言ってもいい存在のはずです。
それをよりによってコインロッカーに預けるなんて、もう言語道断です。
友人と食事をするためにロッカーに預けたそうですが、もう「はぁ~???」って感じ。
自分の愛器だったら傍に置いておくべきです。
アマチュアで楽器やってる人ならまだしも、彼女の場合プロなわけで、プロの演奏家としての姿勢に問題があるんじゃないかと思ってしまいます。

私の妹もヴァイオリンで生計を立てているので、いかに楽器を大事にしているかを知っている分、余計に腹が立ってしまいました。
自宅以外の場所に楽器を持ち出す場合は、絶対に肌身離さず持ち歩いています。
演奏旅行などで旅先に楽器を持っていった際は、楽器のいらない観光の時でも原則、宿に預けたり部屋に置きっぱなしにしたりはせず、ずっと背中に背負っていました。

もちろん、家や車に保険をかけるのと同じように、ヴァイオリンにも保険をかけています。でも、保険をかけたからといっても、車なら無くなればまた同じものを買おうと思えば可能だけど、楽器は本当に世界に1つで、替わりは存在しないのです。

山形さんも当然、フルートに保険をかけているだろうけど、問題はそんなことではないです。
いかに内外の評価が高くても、自分の楽器を友人との食事ぐらいでコインロッカーに預けるような人にプロを名乗る資格があるんだろうか・・・本当に疑問です。
[PR]
by icewine5 | 2006-04-27 14:21 | 音楽

「マチベン」第3回

遅ればせながら先週の「マチベン」第3回の感想です。

ご覧になった方々のレビューをあちこち拝見しましたが、今回の評価は概ね良好のようですね。
私も、第1回<第2回<第3回と、段々面白くなってきたように思います。

第3回は死刑問題を扱うとのことで、見る前は死刑廃止論議と裁判制度など死刑をめぐる制度上の問題に焦点を当てるのかと予想していたら、ちょっと違いました。

どちらかというと、死刑問題そのものを扱うというよりも自白と冤罪をテーマに、被告人の心の葛藤、それに弁護士が如何に関わるかを表現していたように思いました。
今回は裁判のプロセスを追うことにあまり重点をおいたストーリー展開ではなくて、被告人の心の動きに話をしぼったから、逆に面白かったのかもしれません。

何か理由があって被告人が本当の事を話せないために重い判決となったのを天地弁護士がいかに覆していくか、という点では第2回の誘拐事件と同じパターンでしたが、第2回ほど話の展開が強引でなかった点が良かったです。

といっても、死刑制度の問題に全然触れていないわけではなく、これまで自分が持っていなかった視点から死刑を考えることができました。
特に天池がサチに対して言った言葉が印象に残っています。

「裁判官が死刑判決を出す時にどれだけ悩むか」
私はこれまで、遺族の立場から死刑を考えることがあっても、判決を出す側から考えることはあまり無かったので、やっぱりデュアル思考が必要だわと思いました。
殺人を犯した人間とは言え、一人の人間の生死を決める立場にもしも自分がなったとしたら、確かに夜も眠れないほど悩みぬくだろうなあ。
それでもやはり死刑制度は必要だという考えは変わりませんが・・・

今回は、元々の脚本が良かったというのに加えて、米子・・・じゃなくてサチ役の若村さん、色々なブログを拝見しても好評だったようですが、ぴったり合っていました。
見た目の雰囲気は、けものみちの米子とは全然違って、蓮っ葉な感じは「白い巨塔」の財前杏子に近いものがありました。

外せない耕史くんネタ(笑)
[PR]
by icewine5 | 2006-04-26 16:36 | テレビ(ドラマ)

「大向こうのプロ」の言葉

先日、大向こうについてちょっと思ったことを書きましたが、折しも、大向こうに関連する新聞記事が、4月24日発売の日刊ゲンダイ(4月25日版)に掲載されていました。
「すぐ始めるセカンドライフ準備 歌舞伎の「大向こう」が楽しくて」(29面)という記事です。
長年、大向こうを続けている72歳の男性の事が紹介されており、なかなか興味深かったです。
その言葉はまさに「通」のオジサンといった感じ。

More
[PR]
by icewine5 | 2006-04-25 01:57 | 観劇・音楽鑑賞・博物館

都内、幕末・新選組関連史蹟行脚 (個別編)

幕末・新選組関連史蹟めぐりの続きです。


f0059671_23553651.jpg
まず最初は、新選組が京都から江戸に戻ってきて最初に宿泊した品川の釜屋跡です。
地図上では、青物横丁駅からすぐの品川寺の側にあるはずなのに、道が入り組んでいるせいか、結構遠回りしてしまいました。案外駅に近すぎると分かり難いものです。
釜屋跡は今や品川寺と道路を挟んだ向かいに立つマンションの前に碑があるのみです。


f0059671_23563727.jpg
続いて、榎本さんが初代学主となった東京農業大学開設の地碑です。この人は明治期にどんだけ活躍したら気が済むのかというぐらい、本当にあちこちに出てきます。



f0059671_0114731.jpg次も同じく榎本さんが明治初期に開いた北辰牧場跡です。
飯田橋から九段下に向かう大通りで今じゃこんなところに牧場があったなんて信じられないような場所ですが、石碑の説明によると、ここに当時は乳牛が4~50頭(!)いて、牛乳を提供していたようです。
土方さんが託した「夢の華」を北海道ではなくて、飯田橋で咲かせたのですね(笑)

時代屋、彰義隊の墓、今戸神社、深川江戸資料館
[PR]
by icewine5 | 2006-04-24 00:08 | 歴史・新選組関連

都内、幕末・新選組関連史蹟行脚してきました。

本日は、かねてより計画していた都内の幕末・新選組関連史蹟をめぐってきました。
新選組関連の史蹟は、関東、京都、会津、函館とほぼ行き尽くしたのですが、灯台下暗しで都内にあるゆかりの地だけは行った事がなかったので、これまでに取りこぼしている箇所を一挙に制覇してきました。

今回も一緒に行ったのは新選組行脚の友A子さん。
彼女も私もこういうオタクなお出かけ(笑)の場合、行く前に念入りに計画を立てるタイプなので、今回も事前にA4で4ページに渡る入念な行程表を準備しました。この計画を立てている時が結構楽しかったりするんです。

巡ったのは、以下の場所。
1.品川の釜屋跡 2.東京農業大学開設の地 3. 北辰社牧場跡 4. 歴史時代書房 時代屋 5. 上野公園(彰義隊の墓、西郷隆盛像) 6. 今戸神社 7.(おまけ) 深川江戸資料館+深川宿本店 

日野と違って目的地が各所に点在しているので、移動に結構時間がかかり、これだけ見るだけでも丸1日かかりました。
本当は綾瀬の五兵衛新田跡近辺も散策したかったのですが、時間切れで今回は断念。
次回、梅若公園の榎本武揚像、墨田公園の勝海舟像とセットで見に行っちゃう手もあるかな。

個別の感想は次の記事で。
[PR]
by icewine5 | 2006-04-23 23:51 | 歴史・新選組関連

「新選組!!土方歳三最期の一日」DVD&「サウンドトラック」を堪能

昨日は、ちゃんと発売日に届くかやきもきしていた「新選組!!土方歳三最期の一日」DVDとサントラが無事、宅配ボックスの中に入っていました(^O^)

とりあえず、メイキング、京都トークショー、サントラそれぞれについて、とりとめない感想を書きます。(ネタばれを含みます。)

More
[PR]
by icewine5 | 2006-04-22 19:47 | 歴史・新選組関連

掛け声について。ぼやき

今日はアクセス数が普通のペースに戻ったようで内心ホッとしています。どうやら一時的なものだったようです。

愛之助さんネタが読みたいというミーハー目的で時々拝見している「平成若衆歌舞伎」のブログですが、歌舞伎をほとんど知らない私のようなモノにも分かりやすく色々な情報が出ていて面白いです。

ただ、昨日掲載された「大向こう」についての記事を読んだ時は、初心者の方も沢山見ているであろうブログで、掛け声を推奨するような事を書いちゃっていいのかなぁ?とびっくりしてしまった・・・

記事の中でも説明されているように、あれは何十年も歌舞伎に通い詰めているような「通」のオジサンが掛けるものであって、初心者がそう簡単に練習して出来るものじゃないと思うのです。
相撲観戦じゃあるまいし(笑)、そんなおこがましい事、自分だったら恐ろしくて、とてもじゃないけど出来ないです。

More
[PR]
by icewine5 | 2006-04-21 18:26 | 観劇・音楽鑑賞・博物館

「新選組!!」DVD発売前祝~晩酌用備蓄アルコールを楽しむ~

新選組!!DVD発売の前祝(笑)として、何かしら関連のある晩酌用備蓄アルコール類を集めてみました。(一部、中身が既に空のものや、組!!というよりも耕史くん関連のものが含まれますが・・)

f0059671_221222.jpg新しいデジカメで色々試し撮りしたくて、パチリ☆
右から順に、「北海道生ワイン」、「Newton(青りんごビール)」、「ハイネケン」、「ゆかりの人(白)」、「土方歳三の血」、「RHEINHESSEN Eiswein」です。

まずは、
・「北海道生ワイン(赤)」
こちらは、小樽にある北海道ワインの商品です。
「新選組!!」設定、ワインの似合う榎本武揚(笑)にちなんで、とりあえず北海道のワインを並べてみました。

次は、
・「Newton」(青りんごビール)
新選組とは関係ありませんが、「マチベン」つながりということで(笑)
これはベルギー産ビールでホワイトビールに青りんごジュースを加えたものらしいです。
ベルギービールジャパンのサイトでは、以下のように紹介されています。
300年前の物理学者ニュートンの万有引力の功績をたたえ醸造されたビールです。
果実香を作り出す為に小麦と青リンゴ果汁6.5%を混ぜ、さらに雑味を消す為、0℃で長期発酵熟成させる事によりすっきりとした味わいにしあがっています。

ふ~む、飲むのが楽しみです。

以下、ハイネケン、ゆかりの人、土方歳三の血・・・
[PR]
by icewine5 | 2006-04-21 02:11 | 歴史・新選組関連