晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2006年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

「誠パン」あれこれ

2週間休むと言っておきながら、少し余裕ができたので、とりとめの無い話を少し書いておきます。
この週末で自宅でのPC無し生活も1週間を迎えます。
平日はお昼休み等にネットも確認しているのですが、週末は完全にOUT。
無くても生活できなくはないけど、家族や友人との連絡がすぐにできない事やちょっと調べものをしたい時にパソコンが使えない事の不便さを実感しています。
やっぱり2週間が限度かな。

ところで、今日書こうと思ったのは、新選組好きの間で話題の「誠パン」にまつわるネタです。

More
[PR]
by icewine5 | 2006-08-25 20:18 | 歴史・新選組関連

2週間(予定)ほど休みます。

土曜日の早朝、自宅のパソコンが壊れてしまいました。
おそらくハードディスクがいかれてしまったとのこと、修理が終わるまで10日から2週間、家ではパソコン無しの生活です。
私は今時、化石のような人間で携帯電話を持っていないので、パソコンが使えない状態というのは、かなり致命的です(涙)。
何よりもバックアップしていなかったデータが飛んでしまったのが悲しすぎる・・・。特にメール。
そのうちやろうと思いつつ放置していたツケがこんな形できてしまいました。

というわけで、しばらくブログはお休みいたします。
週末に行った三浦半島でのヨット乗り&海水浴や8月納涼歌舞伎のことも書きたかったのですが、書き貯めも厳しいし、パソコンが無事退院する頃には忘れてしまってそうです。

それにしてもこれから2週間の浦島生活、きつい・・
[PR]
by icewine5 | 2006-08-21 12:49 | 日々の雑談

この口触りがたまらなく好き Marzipan

今いる部署は、毎年4月から今ぐらいの時期まで比較的仕事が楽な時期なので、そこそこ早く帰宅していたのですが、このところジワジワと忙しくなっています。
これから先、年度末までの修羅場を乗り越えられるのか・・ちょっと憂鬱な毎日です。
上司からは、「お盆は実家に帰らなくてもいいんですか?今のうちなら休んでも目立たない。秋になったらバタバタするから。」と言われ、秋以降は休むなと暗に念押しされているようで、ますます暗い気分に。(涙)

頭が疲れるとどうしても食べたくなるのが甘いもの。元々大好きなのですが、夕食後は極力食べないつもりが、ここ数日、何かしらデザートを食べています。まずい・・・

f0059671_23512219.jpgと、前置きが長くなりましたが、本日の食後のデザートは妹の帰省みやげNiedereggerのMarzipan。
私はここのマジパンが大好きで、いつもこれを買って来いと指定するのですが、なぜか妹も母親もマジパンの粘土のようなヌチャヌチャした食感があまり好きではないらしい。
ここのお店のマジパンはいくつも種類があるのですが、写真のマジパンはアーモンドを練りこんだ生地の周囲をチョコレートでコーティングしたもので、チョコとアーモンドの組み合わせがなんとも癖になります。

自分の知っている範囲では、成城石井でクリスマスシーズンに見かけたことがありますが、いつもあるわけではないので、常に購入できる所を現在、探索中です。
[PR]
by icewine5 | 2006-08-18 23:54 | 飲食物(その他)

タイゾー議員のSPA!

今日、「SPA!」8/15・22号から新連載の「タイゾー事務所SPA!支店」を読んだのですが、開いた口がふさがりませんでした(苦笑)。もう怒る気力も沸かないぐらい・・・

「衆議院議員・杉村太蔵が読者の質問に出張応談!!」というものなのですが、タイゾー先生(笑)から読者へのご挨拶の中に、最近自分が結婚したという近況報告と絡めてこの人の結婚観?らしきものが書かれていました。

通信教育会社「ユーキャン」が20~30代の主婦を対象とした調査で「結婚」を表す漢字を聞いたところ「忍」という文字が多かったという結果をタイゾー君は紹介しています。

それに対するタイゾー君の感想というのが、なんと言うか、この若者やっぱりな~んにも考えてないなというものでした。

「僕が一文字で表すとしたら、「夢」そのものと書きたいですね。
疲れて家に帰ってくる。大好きなジャガイモを蒸かして待っていてくれる。お風呂が沸いている。ビールが冷えている。朝起きるとコーヒーが沸いている。新聞がテーブルにある。その一つ一つに感動を覚え、やる気が漲り、戦地へ赴く勇気が沸く。(中略)
男にとっての結婚、これは公私共に絶対プラスになると考えますね。(以下略)」<「SPA!」8/15・22号より引用>

・・・・・・。一瞬、書いてある内容にカチーンッとなったんだけど、時間が経つと真面目に反論するのもアホらしくなってしまいました。つくづくオメデタイ人ですね、タイゾーくんって^_^;
人によって結婚観は色々だとは思いますが、このタイゾーくんの発言を読んだら専業主婦だけじゃなく、未婚女性でも頭に来る人がいるんじゃないでしょうか。

タイゾー君には、なぜ多くの専業主婦が「忍」をあげたのか、それを深く読み取ろうとする意識もなければ、その背景に存在する非婚率の上昇、少子高齢化問題、教育問題、格差社会の問題、その他諸々が複雑にからんだ現在の社会状況を把握する能力も無いってことですね。
このレベルの人が国会議員をやっているようでは本当に世も末だなと思います。

まあ元々は、この能天気でお気楽な若者に投票した国民に責任があるわけですが・・・
【追記】杉村議員は比例代表でした。なので、直接、この人ということで投票されたわけではないですね。ちょっと誤解をまねく書き方でした。【追記おわり】

イメージ先行で政治家としての資質や志を吟味せず、安易に議員を選んだそのツケは結局まわりまわって国民にかえってくると思うと、これから先の世の中、一体どうなってしまうのか、本当に不安になります。

More
[PR]
by icewine5 | 2006-08-16 21:02 | 新聞・雑誌感想

はまり中です。「結婚できない男」

「結婚できない男」が先週火曜日以来、マイブームとなっています。
明日の放送が待ち遠しい~(笑)
見始めたのが先週からなので、公式HPの情報で過去のストーリーをおさらいしたり、「結婚できない名言集」や「結婚できない行動パターン」に大受けしたりしています。
その中から自分にも思い当たる共感ポイントや、これはちょっと違うなと思ったところをちょっとあげてみます。

More
[PR]
by icewine5 | 2006-08-15 01:08 | テレビ(ドラマ)

ペルーの旅(お祭の日のクスコ):完

ペルーの旅記録、久しぶりに再開です。
かつてインカ帝国の首都であってクスコについてです。
標高3399メートルで富士山より少し低いところに位置しています。
f0059671_23153273.jpgやはり空気が薄いこともあって、着いた直後は少し息苦しさを感じました。アルコールは控えめに急な動作や走ったりはしないことが基本ですね。
盆地であるクスコはケチュア語で「へそ」という意味だそうで、確かに山の方から市街を見下ろすとへそだというのが頷けます。

f0059671_23155691.jpgクスコではちょうど太陽の祭り「インティ・ライミー」の期間中で、街の中心地のアルマス広場は大勢の人が集まってパレードを待っていました。

f0059671_23162485.jpg最初に訪れたサント・ドミンゴ教会でも中庭にインカの旗が掲げられ、お祭の準備が進められていました。
さて、このサント・ドミンゴ教会は、インカ帝国時代にはコリカンチャという太陽の神殿だったところです。その後、征服したスペイン人が神殿を壊して、その上に建てられたんほが現在の教会です。
ここの見所は、インカ時代の神殿土台です。

f0059671_2317126.jpg精巧に花こう岩を組み合わせて作られた土台部分は、耐震性も考えられたもので、スペイン征服後に起こった地震で教会部分は崩壊したにもかかわらず、インカの石の土台はびくともしなかったそうです。もう、日本のマンション設計者もインカの技術を見習った方がいいんじゃないかと思ってしまいました。
写真の壁も本当にぴったりと石が積みあがられており、何度も言ってますが建築技術の高さには驚かされます。
壁面の台形のくぼみには、インカ帝国時代は金銀の像が設置されており、神殿全体も黄金で装飾されていたそうですが、スペイン人がそれらを奪い去ってしまったとのことでした。

f0059671_23172420.jpgもう1箇所、インカの石組みの精巧さを示すのが、アルマス広場の近くにある「12角の石」です。
クスコ市内はリマに比べれば、インカ時代の雰囲気が感じられるものの、現在の建築物のほとんどはスペイン征服後に建てられたものです。
その中で一部、インカ時代の石の壁が残っている箇所があります。
「12角の石」もそういった場所の一部で細い路地の両側がずっとインカ時代の石壁となっていました。
写真だと端っこが影になってしまっているのですが、数えるとちゃんと12辺ありました。
わざわざ12にこだわったのは、宗教的な意味があるからなのだそうです。

クスコのお祭り&サクサイワマン遺跡
[PR]
by icewine5 | 2006-08-13 23:22 | 旅の思い出:海外

耕史くん掲載「relax」

久しぶりに山本耕史くんの出ている雑誌を買いました。
耕史くんファンの間で噂の「relax」で、たった1ページのために980円出しました。(笑)

耕史くんが出ていたのは、「眠り」特集の1つ、「夢十夜」の部分。
出演者1人につき1ページを使って、それぞれ「眠り」のポーズを取った写真と眠りにまつわるエピソードが紹介されていました。
椅子の背もたれに腕をくんでほっぺたをくっつけた眠りのポーズはなかなか可愛くて(笑)、いい感じでしたw
服装もシンプルで、最近のメディア露出の中では、良い部類に入るんじゃないでしょうか。
ただ、実際にこの体勢でうたた寝するのは結構しんどいと思います。起きたら手の甲がしびれてるよ、きっと。

夏目漱石はあまり自分の好みではないので、原作の「夢十夜」も未読なのですが、せっかくだから公開までに読んでおきたいです。

ところで、昨日、今日は耕史くんの朗読付き小森さん&服部さんのリサイタルですね。
行かれた方のご感想はどうだったのでしょうか。私は今回、チケットを取っていないので、ブログめぐりをしてレビューを拝見するのが楽しみです。

耕史くんは見たかったんですけどね。(笑)
ブラームスの歌曲にイマイチ食指が動かなかったというのが行かない理由のひとつです。
小森さんのサイトを見たら去年も8月に日本でコンサートをなさったようですが、その時はシューマン・リスト・ワーグナー作品だったんですね。こっちの演目だったら行ったんだけどなぁ。

もう1つ、今回の場合、小森&服部氏の音楽目的じゃない耕史くんオタがワンサカ集まりそうだし、その中には、(クラシック)コンサート慣れしてない人もいるかもしれない・・・というのが、チケット取りを躊躇した理由です。
目の前で居た堪れない光景に出くわすことがあったら嫌だなという不安が正直なところ、ちょっとありました。ま、杞憂だといいのですが・・・

この手の規模のクラシックコンサートはたまに行くことがありますが、客層は出演者の知人のクラシック音楽関係者、音大、音高のお弟子さんとその家族・知人といった人たちが多いので、大体の雰囲気は分かるんだけど、今回は、きっといつもと少し違う客層だろうし、今ひとつ想像がつかないです。

もちろん、ほとんどの耕史くんファンの方々は気持ちよくコンサートを鑑賞なさるでしょうから、こんなことを気にするのは余計なお世話かもしれませんね。
[PR]
by icewine5 | 2006-08-12 03:39 | 新聞・雑誌感想

途中から見た「結婚できない男」

先日、「結婚できない男」第6回を見ましたが、面白かった~。最初から見ていなかったのが残念です。

夏ドラマでは、「不信のとき~ウーマンズ・ウォー」を一応見ているのですが、現時点ではちょっと期待はずれで、見る意欲が失せつつあるので、「結婚できない男」に重点を移そうかと思っています。

最初から見なかったのは、どうも阿部寛の演技と話し方が好きじゃなかったからです。本人そのものは別に好きでも嫌いでも無いんだけど、以前「逃亡者」を見た時に、この人の口の中にこもるような発音が聞き取りにくくて、演技もわざとらしいのがどうも鼻についたんですよね。

でも、久しぶりに阿部さんの演技を見たら、ちょっと評価が変わりました。こういう偏屈役(笑)がよく似合ってるよ!
相変わらず、何を言っているのかたまに聞き取りにくい事がありましたが。

酒井順子氏の「負け犬の遠吠え」で30代、独身、子無しの「メスの負け犬」はすっかり世の中に定着して何かと話題になりますが、桑野のような「オスの負け犬」にフォーカスした話はありそうで無かった(?)ので、デフォルメされた「オスの負け犬」の生態がなんとも面白かったです。

More
[PR]
by icewine5 | 2006-08-11 02:55 | テレビ(ドラマ)

総裁選「靖国論争」&おまけで榎本さんの軍服

自民党総裁選の論議の中心は、時節柄もあるでしょうけど今のところ靖国問題がメインですね。

今週の週刊現代に掲載されていたジャーナリスト松田賢弥氏のノンフィクションレポート「安倍晋三空虚のプリンスの血脈」を読んでいたら、ちょっと気になる情報をみつけました。安倍晋三の父方の叔父でみずほホールディングス元会長の故・西村正雄氏が甥の政治姿勢に懸念を抱いていたというインタビューを元にした記事です。

西村氏は晋三に「靖国神社に参拝すべきではない。心の問題だという理屈は国際的に通用しない」旨を警告していたそうです。
「西村氏は死の間際まで、悲惨な戦争の実態が風化し、美化されることへの危惧を抱いていた。そして、晋三の靖国神社参拝に異を唱えていた。」<週刊現代8/19、26号より引用>

記事には上のように書かれており、この西村氏の考え方は至極まっとうなものに私には思えます。
彼が晋三にあてた手紙の中身についても触れられていましたが、その中で
「偏狭なナショナリストと離れろ。(略)靖国神社の付属施設「遊就館」では、太平洋戦争はルーズベルト米大統領に騙された陰謀だというビデオが上映され、戦争を美化して正当化しているのだ。(略)」<週刊現代8/19、26号より引用>

「米大統領に騙された陰謀!?」いまどき、本気でそんなビデオを流してるのか・・・と驚くとともに、「遊就館」なる施設が一体どんなものなのか、気になってHPを見てみました。

More
[PR]
by icewine5 | 2006-08-09 23:26 | 歴史・新選組関連

ペルーの旅(飲食物)

最後に残したクスコの前に、ペルーの飲食物についてです。

雑食性の私は、どこに行っても何を食べても美味しいと思うことが多くて、ペルー料理も期待以上に美味しかったです。
飲み物に関してもお茶、ソフトドリンク、アルコールとこれまで飲んだことがないものなど、色々試しました。
日本へのお土産にも飲み物系はあれこれと購入したのですが、そのおかげで帰りの荷物の重いこと、重いこと・・・ビール瓶が何本あったことか。

まずは食べ物から。
f0059671_1534974.jpgペルー料理では、肉料理ももちろんありますが、ジャガイモやトウモロコシなど野菜や魚介類が使われているものも多く、味にうるさい日本人の口にも比較的合うんじゃないかと思います。
こちらは、セビーチェ。白身魚やイカ、タコなどの魚介類とたまねぎ、トウモロコシ、香草にレモン汁を合わせたペルーの名物料理で、さっぱりとして美味しかったです。

f0059671_1541080.jpgほとんどの料理が美味しかったのですが、ひとつだけ例外だったのが、こちらのクイのから揚げ。
クイというのはモルモットのことで、料理の仕方にもよるのかもしれませんが、私が食べたのはちょっと固くて、筋っぽくて、有名なわりにはイマイチでした。
見た目もちょっとグロかったです。でも栄養はありそう。

次に飲み物です。
f0059671_1543092.jpgペルーといえば、なんといってもコカ茶。文字通りコカの葉っぱのお茶で、ティーバッグになっているものや、写真のようにコカの葉をそのまま紅茶の葉のように蒸らして飲むものと両方あります。

f0059671_1544572.jpg右の写真はコカの葉です。
ペルーでは、日本の緑茶感覚で日常的に飲まれている飲み物のようです。
コカの成分が高山病予防にもなるということで、旅行中、ほとんど毎食時に飲んでいました。
味は緑茶に近くて非常に飲みやすいです。気のせいかもしれませんが、確かにこのお茶を飲むと体調がすっきりした感じがしました。
本当ならお土産にもコカ茶のティーバッグが最適なのですが、残念ながらコカは日本への持込が禁止となっています。

More
[PR]
by icewine5 | 2006-08-08 01:59 | 旅の思い出:海外