晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2006年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

元横綱大乃国のスイーツ本

一昨日、元横綱大乃国で現在の芝田山親方が書いた「第62代横綱大乃国の全国スイーツ巡業」を購入しました。

以下、「芝田山親方」というよりは「大乃国」という方が私には馴染みがあるので、「大乃国」と書きます。
大乃国といえば、ガチンコ相撲で引退前は怪我に悩まされた力士の印象が強いです。
一時期、角界の八百長疑惑が頻繁に取り沙汰された頃、あくまでもマスコミの報道からしか知りえた範囲では、大乃国はそういう星の取引はしないガチンコ力士だと言われていて、私の中では好感度が高かったです。
もうソースは忘れましたが、大乃国は地位が上がっても、部屋では下っ端力士と同じようにゴミ出しをしたという逸話も聞いたことがあって、「いい奴だ~」と感動したことがあります。
まあ、勝負の世界では、性格が良い真っ正直な人間が必ずしも勝ち残れるわけではないのは、仕方がないです。

さて、本の内容に戻ります。
相撲界きっての(笑)甘党で、ケーキ作りが趣味の大乃国が全国の巡業先で出会ったおいしいスイーツを紹介してくれます。
本の赤帯には「男が甘党で何が悪い!」と、まるで「結婚できない男」の各話のタイトルのような挑発的な(?)コピーがついていますw

本の構成はこんな感じです。

More
[PR]
by icewine5 | 2006-09-28 00:31 | 読書

秀山祭九月大歌舞伎の昼の部

先日、秀山祭九月大歌舞伎の昼の部を観てきました。
今回は初めての一等席デビュー(大げさな・・)でした。
今まで3等席や幕見席が多くて、ろくに花道を見たことがなかったのですが、今回は花道を通る役者さんを見ることができたし、舞台もよく見通せて、さすが一等席はいいなと思いました。
五十川晶子さんの「はじめての歌舞伎」では、初心者ほど良い席で見ることを勧められていますが、それに納得です。

相変わらず、筋書きの写真と照らし合わせないと役者さんを判別できないし、細かい演技も分からないので、大した感想は書けませんが、以下、初心者の戯言をツラツラと。

More
[PR]
by icewine5 | 2006-09-27 22:55 | 観劇・音楽鑑賞・博物館

文楽人形遣いの吉田玉男さん(※見出し内のお名前の漢字を打ち間違えていたので修正しました。)

人間国宝で文楽人形遣いの吉田玉男さん死去のニュースを先ほど知りました。
奇しくも昨日、歌舞伎観劇の合間に吉田玉男さんの話題が出たのですが、お恥ずかしい事に私はこの方の名前を存じ上げていませんでした。
さらにお馬鹿な事に、後から調べたら平成16年9月と平成17年2月の文楽公演で玉男さんの人形遣いを実際に観ていたにも関わらず、全然認識していませんでした・・・

気になって吉田玉男さんのことを検索してみたのですが、芸歴70年、人形遣いの最高峰というスゴイ方だったのですね。
そういえば、以前、一緒に観た友達がTVで玉男さんが文楽の話をされているのを見たと言っていたのを今になって思い出しました・・・
記憶力が良くないせいか(汗)、文楽に限らず歌舞伎やその他演劇でも誰が演じているかをなかなか覚えられないので、せっかく良いものを見ていたのに勿体無いなと思ってしまいます。

パンフレットを見ていたら、当時の公演の記憶がおぼろげながら、よみがえってきました。
2年前に初めて文楽を見た時の最初の演目「恋女房染分手綱」の「能舞台定之進切腹の段」で玉男さんの人形遣いを拝見していました。
人形遣いの方の中に、かなり高齢のおじいさん(吉田玉男さんという認識がゼロでした 汗)がいらっしゃったのにもびっくりだったし、その方が高齢とは思えない人形遣いぶりで、びっくりしたのを覚えています。

この演目は、冒頭の切腹の段が能舞台風で、何を言っているの???だったので、「やっぱり古典芸能はよく分からない・・」という状態でした。
幸い、すぐ後の「沓掛村の段」、「重の井子別れの段」はとても分かりやすく、面白くて、最後の別れの場面では思わず涙してしまいました。
観る前は人形の動きと太夫の語りでこんなに感情移入できるとは思ってもいなかったので、なんでこんなに泣けてくるのか不思議なくらいでした。

大分前のエントリーでも少し書いたことがありますが、三谷幸喜さんが「スタジオパークからこんにちは」で、「人間が演じるのと違って、文楽の場合、人形が死ぬと本当に魂が抜ける」とおっしゃっていたのを聞いて、自分が人形の演技を見て泣けた原因がちょっと分かった気がしました。

これがきっかけで、翌年も観にいって、そのときは「伊賀越道中双六」で玉男さんの人形遣いを観ていたんですね。このときも泣けたなぁ・・
今から思えば、人形遣いや太夫がどんな方々なのかを意識して観ればよかったとちょっと後悔しています。
[PR]
by icewine5 | 2006-09-25 00:09 | 観劇・音楽鑑賞・博物館

朝青龍優勝~力士ブログあれこれ

お昼の歌舞伎観劇(後日、感想を書く予定です。)から戻ってネットニュースを見たら、朝青龍の優勝が決まってました。
おそらく今日、優勝が決まるだろうとは思っていたけど、千秋楽前に優勝が決まってしまうのは、ちょっと残念です。
朝青龍は以前に比べて問題行動も減って礼儀正しくなったし、嫌いではないですが、やはり朝青龍と互角に戦える力士が育って、相撲を面白くしてもらいたいものです。

うざい昔語りになってしまいますが、まだ私が相撲に夢中だった頃、千秋楽の取組で優勝が決まらず、北勝海、小錦、霧島の三つ巴選になった事がありました。
その時は、確か私の大好きな安芸乃島もぎりぎりまで優勝争いに関わっていたはずで(記憶違いだったらすみません。)、めちゃくちゃドキドキした覚えがあります。
千代の富士引退前後、若貴の新入幕が話題になっていた頃は、千代の富士以外の横綱や大関、関脇にも良い力士がそろっていました。
誰が優勝してもおかしくない戦国時代的な面白さがあり、本当に目が離せなかったです。

その後、しばらく相撲からは離れていましたが、この1~2年で再び関心が戻りつつあります。絶対的に応援している力士がいないので、以前ほどの熱はないですが。
最近、新選組行脚の友A子さんに教えてもらった普天王、雅山、栃東のブログをちょくちょく覗いています。
彼らのブログを読むと、一番一番、真剣に取り組んでいる姿が伝わってきて、好感が持てます。それと同時に、顔文字や若者言葉がふんだんに使われた文章からは、土俵の上で見せる顔とは違って、力士である前に一人の若者の顔も見えてきて、微笑ましくなります。

現役力士以外では元関脇・寺尾の錣山親方のWEBサイトも面白いです。
親方のブログも、いかにも寺尾らしくて笑っちゃいます。
どのエントリーも文末に「ヨロピコお願いします。」とか「これからもヨロピコ!」って、もうちょっと親方らしく威厳を出さなくていいんかいな・・・
8月以来更新されていないけど、寺尾~、早く更新して下さい!!

さて、もうすぐTVで相撲ニュース見なくては。
[PR]
by icewine5 | 2006-09-23 22:17 | 日々の雑談

映画版「トリスタンとイゾルデ」?!

先日、有楽町西武の入り口で映画「トリスタンとイゾルデ」の試写会案内を見かけました。
公式HPも既にあるようで、10月21日から全国ロードショーなのですね。
これはかなり気になります。
特に音楽。「トリスタンとイゾルデ」といえば、ワーグナーが強烈にインプットされているので、映画の音楽になじめるかどうか。

監督はグラディエーターのリドリー・スコット。予告編を見た感じからすると、壮大な時代モノっぽい仕上がりのようで、ちょっと楽しみです。
「史上最も美しい、禁じられた愛の物語」というコピーがなんともベタなんですが(笑)。

役者さんは、トリスタン役がジェームズ・フランコ。イゾルデ役がソフィア・マイルズ。二人とも私は他の作品を見たことがないので、演技は分かりませんが、ヴィジュアル的には合ってそうです。
オペラだと声は最高でもイゾルデがかなり豊満だったり、トリスタンが腹の出っ張ったオッサンだったりすることも多々あるので、その点は問題なさそう。

そういえば映画は、春に三島由紀夫映画祭で「憂国」を見て以来、ご無沙汰なので久しぶりに口直しになるような作品を見たいと思っていたところですが、「トリスタンとイゾルデ」では口直しどころか、逆に傷口に塩を塗るようなものかもしれません(汗)。

と言いつつ、「憂国」のハラワタはみ出るエグイ切腹シーンがフラッシュバックしそうで封印していた「イゾルデ愛の死」を久々に聴いてみました。やっぱりいいね、この曲♪
幸い「憂国」ショックは自分の中で解消したようです(笑)。
映画版の音楽がどんな感じになるのか期待半分、心配半分ですが、やっぱりイゾルデが死ぬ場面は愛の死でビシッときめて欲しいところです。
[PR]
by icewine5 | 2006-09-22 01:43 | 映画

堪能しました「結婚できない男」

「結婚できない男」の最終回、じっくり楽しませてもらいました。
思わず吹き出してしまう場面あり、ホロリとさせられる場面あり、主役の阿部寛さんだけでなく、脇役陣のキャラクター設定もしっかりしていたし、演技も小技が効いていて(もちろん、ワンコのケン君も)、初回から見ていなかったことが本当に惜しまれるドラマでした。

このところ、仕事のストレスがかなり溜まっているせいもあって、このドラマを見るのが癒しの時間だったので、来週から桑野さんと夏美さんの掛け合い漫才、いや違った、言葉のキャッチボールが聞けなくなってしまうのが、ちょっと寂しいです。

以下、ツラツラと思ったことの羅列です。

More
[PR]
by icewine5 | 2006-09-21 00:52 | テレビ(ドラマ)

大相撲9月場所観戦(7日目)

f0059671_23223255.jpg大相撲9月場所、初日に続き土曜日7日目も観戦してきました。
初日は皇太子ご一家ウォッチングで取組そのものはろくに見ませんでしたが(汗)、土曜日は朝11時に国技館入りしてから、ちゃんこ炊き出し以外、ほとんどを席で観戦しました。

今回は3人だったので、席は地味に2階椅子席C。いつも枡席ばかりでしたが、2階席も結構いいです。
上から見るので視界が開けているし、なんといっても椅子なので体が楽でした。枡席って4人座ると本当に狭くてきゅうきゅうなんですよね。しかも酒瓶やつまみやらを大量に持ってくるのでその置き場も作らなくちゃいけないし。
2階席だった今回も飲食物は色々持っていきましたが、席の前に置くしかないので、酒盛りをするにはちょっと不便(笑)。
意外と桝席よりも本気で観戦したい人向きの席かもしれないと思いました。すぐ後ろに座っていた男性数人組もかなり相撲通のようで観戦しながらあれこれ分析していたし、安いから毎日通って見るような人にはちょうどいいかもしれません。

ま、オリンピックおじさんみたいに場所中毎日、向こう正面の枡席で観戦できる身分ならいいんですけどw
ちなみにこのオリンピックおじさん、ご自分のWEBサイトをお持ちなのですね。土曜日も見かけました。

f0059671_23232719.jpgさて、こちらの写真は午前11時過ぎの場内です。
まだ序の口、三段目あたりなのでお客さんもまばらで取組も淡々と進んでいきます。このぐらいのお相撲さんは十両や幕内力士に比べるとまだまだ体が未熟な感じがします。
時間を追って見ていくと、だんだん体つきができていくのが分かって面白いです。

f0059671_232348100.jpgそうこうするうちに12時のちゃんこ屋台の時間が近づいてきました。
今日のちゃんこは醤油味。先日食べた味噌ちゃんこもおいしかったですが、しょうゆ味も良いです。具材も微妙に違って鰯のつみれやレバーも入っていました。
ただ、味噌もそうですが、醤油ちゃんこも味付けはかなり濃い目です。体はほっかほっかになりますが、これを毎日食べると塩分採りすぎになるやもしれません。

More
[PR]
by icewine5 | 2006-09-17 23:29 | 娯楽お出かけ

ローカル列車、旅の徒然

f0059671_051783.jpg昨日は出張で茨城県内の小さな町に行ったのですが、上野駅で「北斗星」を見かけました。鉄道オタクではないのですが、珍しい列車を見ると、つい写真を撮りたくなります。
いいなぁ、これから仕事じゃなくて、北斗星に乗って函館行けたら・・・と、思わず写真を撮ってしまいました。


f0059671_0512450.jpgで、実際に乗ったのはこちらの「スーパーひたち」です。
新幹線や飛行機も良いですが、たまにこういう在来特急に乗ると、のんびり旅気分が味わえるので私は好きです。

ただ、水戸まで約1時間、気持ちよく過ごそうと思っていたのに、ちょっと失敗したことがあります。
私はタバコの煙が大嫌いで、いつも必ず禁煙車に乗るのですが、今回の指定席は禁煙車両の一番先端で、隣の車両は喫煙車両でした。
この席だと禁煙車両にも関わらず、隣の喫煙車両からタバコのにおいが漏れてくるんですよね。もう、これがたまらなく臭くて頭痛い。
以前、新幹線でも同じ配置の席になってしまって、我慢ならないほど辛かったので、緑の窓口で指定を取る時は車両の真ん中あたりの席にしてもらうのですが、今回は発車間際に自動券売機で購入したので席を選べませんでした。
1時間、悪臭を吸い続けなきゃならんのかと思うと、せっかくの旅気分も台無しでしたが、運良く別の席が空いていたので移動して事なきを得ました。
愛煙家の方には酷かもしれませんが、タバコの臭いが大嫌いな自分からすると、列車も飛行機同様、全席禁煙にして欲しいと切に願います。

f0059671_0514164.jpgさて、水戸で降りて、今度は水郡線に乗り換えました。
2両編成のローカル列車で、今から仕事に行くとは思えないほどのんびりムードです。
目的地は茨城県内の駅ですが、終点は郡山。いいな、いいな、このまま乗っていけば福島県、会津もすぐそこかと思うと、またまた仕事が嫌になります(笑)

地方の道路建設はまだ必要?
[PR]
by icewine5 | 2006-09-14 00:57 | 旅の思い出:国内

大相撲秋場所初日の観戦

f0059671_0384217.jpg今日は両国国技館で大相撲秋場所を見てきました。
これまで何度か国技館で観戦してきましたが、初日に来たのは今回が初めて。
勝敗の結果が見えてくる中日以降に比べて取り組みそのものは盛り上がりに欠けるような気がしますが、初日は協会ご挨拶もあり、今日から始まるお祭り感もあって良かったです。
外人さん率もこれまで私が行った時に比べて心なしか高いように思いました。

場内に入った午後1時頃は三段目あたりの取組が行われていて、まだお客さんもパラパラです。
席はいつもと同じく升席Cの正面席、花見気分で昼から酒盛り&観戦の開始です。まずはビールで一息。
相撲の楽しみは昼からアルコールを飲んでウダウダできることですね(笑)。
といってもあまりのんびりしているわけにもいかず、売店の弁当が売り切れる前に調達して、その後は2時から相撲教習所で始まるちゃんこの炊き出しのために場外に並びにいきました。

f0059671_0385897.jpg今日は味噌ちゃんこの日。
具材がよく煮込まれていて、本当においしいです。鶏肉もやわらかい!
一杯200円でこのボリュームはいつ来ても嬉しくなります。
来週も見に行くのですが、その時はしょうゆ味のようで、それも楽しみ。

ちゃんこも食べ終わって、併設の相撲博物館やお土産を見て席に戻った頃には十両の取り組みが始まっていました。
相撲観戦に来るといつもそうなのですが、なんだか時間が経つのが異常に早いのです。今日は午後から会場入りしましたが、早い時だと朝10時半過ぎから延々8時間近く国技館にいるのに、普段仕事をしている時と時間の感覚が全然違います。

皇太子ご一家が国技館へ
[PR]
by icewine5 | 2006-09-11 00:46 | 娯楽お出かけ

面白くなってきた「不信のとき」

この夏のドラマで最初から見ていた「不信のとき」は、内容が重いわりにドラマの作りがコメディータッチでちょっと期待はずれでしたが、第10回から急展開、ようやく面白くなってきました。

第9回までは、展開が遅くて退屈だし、平成の時代に絵に描いたような専業主婦と愛人という設定も古臭くて、途中で何度か挫折しそうになりました。
米倉涼子が正妻役で松下由樹が愛人役という意外性も当初話題を呼んだわりに、結局二人とも私にはしっくりこなくて、やっぱりオーソドックスなイメージ通り、米倉さんが愛人役の方が良かったんじゃないかなと思います。

でも、とりあえず辛抱して見続けて良かったです。
第10回では、夫・浅井義雄(石黒賢)が窮地に陥り、これまでのイライラが解消されました(笑)。
大事な家族を騙して、のうのうと二重生活を送る厚顔無恥で図々しい人間にはいずれ天罰が下るだろうと思っていましたが、その通りになって今後の彼の動向が気になります。
次回予告では会社でもどうやら何か問題発生のようだし、落ちるところまで落ちるんでしょうか。
まあこの結果は、不倫の始末もまともに出来ない最低人間が自ら招いたものだから仕方ないですね。

More
[PR]
by icewine5 | 2006-09-10 02:00 | テレビ(ドラマ)