晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

あぶくま洞

大型連休中の旅行の話が途中になっていました。
バス旅行は寝ていても現地まで運んでくれるから楽チンですね~

f0059671_1152167.jpgさて、福島県滝根町にある「あぶくま鍾乳洞」では、ちょっとした洞窟探検ができます。
掲示看板にもあるように、一回り600メートルで約40分、部分的な急で細い階段や通路を登り降りする箇所があってそこが探検コースとなっていました。
探検といっても、ちゃんと灯りもついていて通路も整備されているので、子どもからお年よりまで軽く見て回ることができます。

f0059671_1153514.jpg外側は左の写真のような緑の樹木が生えていない山。
この中が洞窟になってます。


f0059671_1154720.jpg洞窟内は色んな色の照明でライトアップされていて妙にカラフルでした。

学生時代、巡検と呼ばれるフィールドワークが必須科目で、授業の一環として奥多摩にある日原の鍾乳洞に行ったことがありますが、そことは随分違う印象を受けました。
記憶では照明もそんなに完備されてなかったので、各自、自分の頭にヘッドライトを装着して見学したんですよね。
今じゃ、変わってしまったかもしれませんが・・・

f0059671_116673.jpgそれに比べると今回行ったあぶくま洞は、一昔前と違うからか、洞窟の規模が違うからなのかは分からないですが照明がとにかく凝っていました。

にょきにょき伸びている巨大な石筍が照らし出されて、それはそれで見ごたえもあって、面白かったです。
ただ、神秘的な演出のつもりとはいえ、緑っぽい色付きのライトで照らし出したりするよりも、普通の豆電球で薄暗い方がずっと雰囲気が出るのに、ちょっともったいない。

f0059671_116193.jpgこちらの写真は普通の照明部分。
公開されていないずっと奥の方に暗闇が広がっていて、先の見えない感じがかえって神秘的でした。
[PR]
by icewine5 | 2007-05-25 01:18 | 旅の思い出:国内

一応歴史関連?

また、少し日があいてしまいました。
先週末、函館では五稜郭祭でしたね。
といっても今年は函館ではなく、両国国技館に大相撲観戦に行ってました。
五稜郭祭は去年までに3回行ったし、今年は函館野外劇にあわせて行ってみようかなと思っています。
初めての函館は秋だったし、あとは春ばかりなので夏の函館もちょっと経験してみたいです。

新選組オタ関連ネタをひとつ。

AERAの最新号(2007.5.28号)に「オーマイゴッド!!『腐女子』の父」なる記事があり、少し気になったのでさらっと立ち読みしてみました。
お年頃の娘を持つお父さん向けの記事のようで、「腐女子」がどういうものかを分かりやすい事例を交えて解説してくれています。

私は歴史オタではありますが、コミケだとかアニメには全く興味ありませんので、記事本文には特別な感想はありません。
ただ、記事の端っこに載っていた娘の「腐女子」度チェックポイントを読んだときは、本屋でつい笑いそうになっちゃいました。

いくつか項目があるんですけど、その中のひとつに「時代劇を興奮しながら見る 特に「新撰組」に反応する。」(立ち読みなので正確な文章は若干違うかもしれません。)というのがありました。
「新撰組」と特定されてますよ!(「選」じゃなくて「撰」なのに何か意味があるのかは不明)

やっぱり時代劇の中でも「新選組」は何か特別な位置付けなんですかね・・・
まあ、私も確かに毎回、夢中になって見ていましたけど、思わぬところで新選組が出てきてびっくりです。
AERA、やってくれますねw
[PR]
by icewine5 | 2007-05-24 01:33 | 歴史・新選組関連

艶度診断

ちょっと前から艶女(アデージョ)と艶男(アデオス)が登場する日産自動車「ティーダ」のCMが面白くて気になっています。
艶女というと、どうしてもココリコミラクルで松下由樹さんが演じるNIKITA女のイメージがあるので、このCMを見ると可笑しくてたまりません。
これってウケ狙いのギャグと捉えるべきなのか、それとも真面目に「かっこよさ」を追求しようとしたCMなのか、う~ん・・・どっちなんでしょうね。

今日、日産と「レオン」「ニキータ」のコラボレーションイベントに佐藤江梨子さんが登場したとのニュースを見つけました。
サトエリがアデージョ!?松下由樹じゃないの??
確かにサトエリはナイスバディで派手な雰囲気の女性ですが、年齢的には本来の設定である40代艶女のお姉さま方が目の敵にする若さ溢れるコムスメのイメージに近いんだけどなあ・・・

それはさておき、ニュースで今回のコラボの特設サイトが紹介されていました。
その名も「艶な大人のあえての、コンパクト 艶やかコンパクト.COM」

この中で面白いのが「艶度診断」。いや~笑っちゃいました!
「艶男」「艶女」度をファッション、デート、ドライブ、異性のタイプ、自分の性格、バカンス、レストラン、映画の8つの質問に答えて診断するというもの。

質問文もいかにもNIKITAな濃いテイストで思わず吹きそうになりました。
例えば、「一本釣りでアポ成立に至った艶男と初デート」(笑)の時のファッションは?とか。
で、私はなんだったかというと、

「野獣美女(アニマリータ)」 (爆)

冬ならば極上ファーにクロコダイル、夏だって上質レザーブルゾンにパイソンのサンダルと常にケモノを好むのがアニマリータ
だそうです!?
全然違うんですけど(笑)私、こんな服装したことないです。
暑い季節のアニマリータがテラコッタ肌に合わせるのは麻とヘビのMixとか云々・・・」
あ、暑苦しすぎる・・・怖すぎる・・・

その他にはどんなのがあるかというと、以下のとおりです。
・貫禄艶女
・キャリアデージョ
・柄美女(ガラージョ)
・ちょい甘SEXY艶女
・並女(ナミージョ)


NIKITAの区分で言えば、私は地味女(ジミータ)の部類に入るはずですが、この中だったら並女がマシかな。
この並女の定義がこれまた笑えます。「万人受けを目指してしまう特徴のない一般的な貴女」ですって(苦笑)

ま、私は自称「新選組オタージョ(行脚の友A子さん考案)」ですけどw
これで当分の間、遊べそうです。
皆さまもどうぞお試しあれ。
[PR]
by icewine5 | 2007-05-16 23:59 | 日々の雑談

五色沼と会津磐梯山

大型連休中、1泊2日で福島方面へ温泉バス旅行に行ってきました。
行き先はあぶくま洞、五色沼、吾妻小富士、野口英世の生家、宿泊先は穴原温泉でした。

久々に自然の風景に触れてリフレッシュしました。
特に、五色沼とそこから見た会津磐梯山が美しかった!

f0059671_024273.jpgこちらの写真は五色沼の湖沼群の中で一番大きい毘沙門沼から見た会津磐梯山です。
コバルトグリーンの沼と青い空、雄大な磐梯山というまさに絶景。

この毘沙門沼から始まり赤沼~みどろ沼~弁天沼~るり沼~青沼~柳沼~桧原湖までが全3.6キロメートルのハイキングコースになっていて1時間ほどで歩けます。
ここは以前、家族旅行でも訪れているのですが、どんなコースだったかほとんど忘れていました。
勾配も大してきつくないし、景色も良いので、子どもや年配の人でも歩きやすい散歩道でした。
f0059671_032397.jpgf0059671_034562.jpg

f0059671_04293.jpgf0059671_041489.jpg

五色沼の名前どおり、みんな微妙に色が違います。
どれも綺麗ですが、やはり最初の毘沙門沼の色が一番鮮やかな気がしました。

f0059671_042729.jpgこちらは到達地点の桧原湖です。風がさわやかで心地よかったです。


普段、人工的な空間で生活している自分の場合、山や湖、空といった自然の中に身をおくと本当に開放的な気分になります。
子どもの頃、六甲山を見て育ったこともあって、山の風景はいくら見ても見飽きることがありません。
気分爽快、心が晴れ晴れするひと時でした。
[PR]
by icewine5 | 2007-05-15 00:11 | 旅の思い出:国内

幕末めし処池田屋

日野でのお昼ご飯はいつも決まって幕末めし処池田屋。
相変わらずお店の外も中も全て新選組グッズで飾られたディープなお店です。
ここにも一体何度来たことか・・・

f0059671_2322946.jpgこの時期は日野新選組まつりの限定メニューになっていました。
私が頼んだのは蝦夷新選組定食1200円。実際は天ぷら定食です。
ちなみにA子さんは竜馬定食でメインは鳥の照り焼き。
もう一つは池田屋定食でお刺身。

なぜ、蝦夷新選組が天ぷらで竜馬が鳥の照り焼きで池田屋が刺身なのか。
「鳥」の照り焼きの方が「大鳥」さんつながりで蝦夷新選組定食じゃないの(笑)
普段のメニューは割りと納得がいくんですけどね。
土方歳三丼が海鮮系なのはお約束だし、近藤勇丼が豚肉のスタミナ丼なのも何となくイメージがつくしw

それはさておき、このお店の良いところは、なんと言ってもボリュームがあること、そして味もこの種の定食屋さんとしてはとても美味しいことです。
ご飯は器に山盛り、ぎっしり詰まっているし、メインディッシュの天ぷらも種類は豊富、衣は薄めで中身がしっかりついていて良心的です。

このボリュームは新選組ゆかりの地めぐりで体力を使う人のためを考えてのことだと勝手に解釈しています。
おかげで夕方になってもまだお腹がすいてこないぐらいでした。満足!
[PR]
by icewine5 | 2007-05-14 23:05 | レストラン

歳三忌

f0059671_035032.jpg久々の新選組ネタです。
これまで日野には何度も行ったものの歳三忌だけは参加したことが無く、ようやく今年は行くことができました。
去年も、一昨年もちょうど日野新選組祭りの耕史くんイベントと重なってたんですよね・・・

万願寺の駅で行脚の友A子さんと待ち合わせて、石田寺に向かいました。
私たちが着いた頃には既に参加者の方々が集まっていましたが、人気の土方歳三関連の行事にしては思ったよりも参加者数が少ない気がしました。
もしかしたら「新選組!」放送年はもっと多かったのかもしれないですが。
2年前に参加した総司忌の時はもっとすごい人出だったように記憶しています。

f0059671_058546.jpg11時ちょっと過ぎにお墓の前で読経が始まりました。
あくまでも個人的な感覚ですが、以前参加させて頂いた流山の勇忌の場合はお寺の本堂で行われて、御子孫の方々も参列されていたので「法事」らしい印象を受けました。

それに対して、今回の歳三忌はお墓の前で何となく読経が始まり、(私の見た限りでは)御子孫らしい方々の姿も見えず、一般参列者が行列してお焼香し、終わったらばらばら帰っていくので、「えっ、こんなものなの?」というのが正直な感想でした。
途中でおもむろに仮装コンテストの優勝者?がお焼香に現れたりして、なんか不思議。

午後は講演会
[PR]
by icewine5 | 2007-05-14 00:56 | 歴史・新選組関連

新丸ビル

5月も仕事に追われて慌しい毎日ですが、土曜は日頃の運動不足を解消すべく久々にオンボロ自転車フル稼働の一日でした。妙にペダルが重く感じるのは、脚力が落ちているせいなのか・・・鍛えねば!

さて、本来の目的は区の無料検診受診だったのですが、予想していたより早く終わったので、話題の新丸ビルに行ってみました。
報道されていたオープン当日ほどではないにしても、かなりの混みようでした。

前評判だと大人をターゲットにした高級感漂うショッピングモールということで、確かに隣の丸ビルよりも大人っぽい内装でした。
ただ、中に入っているブランドはとても普通の勤め人には手が出ないものばかりかと思ったら、丸ビルやコレド日本橋とも重複しているお店もあったりして、やはり基本はOLがターゲットなんだと思いました。
もうちょっとブームが過ぎたらゆっくり物色しようかな。丸ビルとも共通のポイントカードが使えるし。
個人的にはH.P.FRANCEとBANANA REPUBLICがあったのがちょっと嬉しいです。(といっても、滅多に買わないのですが 汗)

せっかく来たので、とりあえず食べ物系で新丸ビルじゃないと日本(もしくは東京圏)では買えない商品を物色して記念に買って帰りました。

f0059671_225174.jpgその1:町村農場のバターとモッツァレラチーズ
なんで、これを買う気になったかというとお店の壁の古い写真とその説明の中にある「北海道」「札幌農学校」「酪農」とか気になるキーワードが目についたから。
札幌農学校を卒業した青年が酪農を学ぶためにアメリカに留学、帰国後、北海道に農場を開いたのが始まりだそうです。
今回、初の道外出店ということで、かなり人気があるのかお客さんが並んでいました。
トマトとチーズのサラダにするのが楽しみw

f0059671_22511829.jpgその2:カフェ アパショナートのオーガニックコーヒー
こちらは日本初出店のお店だそうです。
自分用と実家用に同じものを3つ購入。

今回は、休日ということもあってあちこちから様々なお客さんが集まっていましたが、全般に20~40代ぐらいの女性をターゲットにした店が多いし、もうしばらくしたら丸ビルと同様、落ち着くような気がしました。
[PR]
by icewine5 | 2007-05-13 22:54 | 娯楽お出かけ