晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2007年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

アニマリータ(笑)に目覚める!?

f0059671_2355694.jpg昨日は新丸ビルでブラジル料理のランチを堪能したあと、お店探索をしてきました。(本当はこっちが目的だったはず?)
前回、5月に下見したときに比べるとお客さんはやや減って、少し落ち着いてきた感じです。
特に何か買う目的でもなかったんですが、改めて値札をきちんと見ると、丸ビルよりもやや高めのお店が多いですね~

友人とあれこれ冷やかしながら見てまわったんですが、NIKITA造語が最近笑いのツボになっている私たちは、「セオリーってキャリアデージョが好みそうな服だねw」とか「これはチョイ甘、天女のフリフリ(笑)」「こっちはキャワイィ~って感じで、エビちゃんだね。ちょっと無理。」などなど、好き勝手な事を言って楽しんでました。
お店巡りをしていて、つい目がいってしまうのがアニマリータ(野獣美女)なファッションです。

少し前のエントリー「艶度診断」に書いた通り、診断結果がなぜか自分のキャラとは似ても似つかぬアニマリータだった事に完全に乗せられちゃっています。
流行にはトンと疎いものでアニマル系ファッションというと、虎や豹の頭がデカデカと描かれたオバサン向けセーターのイメージしかなかったんですが、こうやって見ると結構、若い人向けの洒落たアニマル柄ってあるんですね~

最初に目についたのが豹柄のショルダーバッグ。
見た目は派手でちょっと暑苦しいですが、実際、肩にかけてみると意外といい感じ。
友人達のお世辞半分?からかい半分?の「今の服に合ってるよ。icewine5にぴったりだよ。」という言葉におだてられて一瞬その気になりかけるも値段を見てちょっと冷静になりました。バーゲンまで残っていたら買うかも。

More
[PR]
by icewine5 | 2007-06-24 23:55 | 娯楽お出かけ

バルバッコア クラシコ~新丸ビル~

今日は久々に肉三昧のランチ。
新丸ビルのブラジル料理店「バルバッコア クラシコ」で肉をたらふく食べてきました!
ブラジリアンバーベキューの専門店ということで期待通りのボリュームと種類豊富なビュッフェに大満足。
選んだのは3,500円のシュラスコランチで、シュラスコ、サラダバー、デザートバーが食べ放題、ソフトクリームとコーヒーもおかわりし放題と非常にお得なコースです。

f0059671_2346849.jpg食べ放題のシュラスコはテーブルまでお店に人が回ってきてくれて、一人分ずつ切り分けてくれます。
最初に来たのがこのピッカーニャ。確か牛のお尻あたりの肉だったはず。
見るからに食欲をそそる姿形!
思わず「厚めに切って下さい!」と頼んじゃいました(汗)


f0059671_23462358.jpgこの生っぽいジューシーさがたまりません。
アニマリータの面目躍如といったところです(笑)←意味が違う?


f0059671_23464049.jpg「お肉が欲しいヨ!」の目印となるのがこのバッジ。
バッジの両面に緑と赤の色違いで同じ絵と店名が入っていて、写真の緑がお肉の合図で、裏面の赤は「今はパス」の目印。
もう私は常に臨戦態勢で緑にしておきたいところだったんですが、さすがそういうわけにもいかず・・・


f0059671_23465976.jpgこちらはサラダ&デザートバー。こんな感じで自由に取りにいけます。
単なるサラダだけじゃなくて、おかずっぽいものもあって思った以上に種類豊富なところがよかったです。

More
[PR]
by icewine5 | 2007-06-23 23:52 | レストラン

お風呂の常識、非常識?

昨年末から通い始めたスポーツクラブ、週末になんとか時間をみつけて汗を流しに行っています。

そこでの楽しみの1つは運動後のサウナなのですが、そのサウナで迷惑行為をする人がいて、かな~り腹が立っています。
一部の常連さんで、暑いからといってサウナの扉の間に足ふきマットを挟み、少し隙間をあけて入る人がいるんですよね。
おまけに自分が出た後も隙間をあけたまま!(怒)
しかも、ただでさえ温度が下がっているにもかかわらず、出る時にわざわざ扉を大きく開けて、空気を入れ替えたりする!(怒、怒)

当然のことながらサウナ内の温度は下がるし、はじめてこの行為を見たときは呆れかえりました。
以前通っていた別のスポーツクラブでも、その他公共の入浴施設や温泉でもサウナの扉はきちんと閉めるのが当たり前だし、ちゃんと注意書きを掲示しているところもあるぐらいですから。

「他人の迷惑を考えろよ!中に人が入っているのがみえんのか!!」と怒鳴りつけたくなるのをぐっとこらえて、
「温度が下がるからすぐ閉めてください!」と、それでもきつめの調子で言ったら、逆にすごい顔でにらまれてしまったよ・・・
その後、あてつけがましく「あ~、暑くて息がつまりそう!」とか捨て台詞を残して出て行きましたが、こっちは開いた口がふさがりませんでした。

「サウナは暑いからこそ意味があるんであって、息がつまりそうならアンタが入らなけりゃええんじゃッ!自分が暑いからって勝手に開けっ放しにスンナ!」と内心、毒づいておりました。
こういう自分さえ良ければいい自己チューな無神経オバハンにはなりたくないものです・・・

本気で頭にきたもんで、施設のスタッフに何度か苦情を言って、今回ようやく掲示が出されることになりました。
これで改善されることを願ってます。

これに限らず、公共のお風呂でのマナーで気になっていることが他にもいくつかあります。

More
[PR]
by icewine5 | 2007-06-21 00:58 | 日々の雑談

「週刊日本の100人NO.73 榎本武揚」

本日発売の「週刊日本の100人NO.73榎本武揚」、早速購入してきました。
榎本武揚の人となりと業績をコンパクトにまとめたとても分かりやすい1冊です。
あらためて思いましたが、やっぱり榎本さんって顔もさることながら(笑)、イキザマも性格も全てが格好いいです!
幕臣でありながら明治政府にも仕えたことで評価は分かれるのでしょうけど、贔屓目で見ると、もっと人気があってもいいような気がするのに残念。

内容は、榎本さんの若いころから晩年までを年表つきで各種エピソードを交えて紹介した「ライフ&タイム」、彼の江戸っ子気質な人柄を示す「ヒューマンエピソード」、榎本さん周辺の人物相関図、人物スクランブルなどなど、薄い本ながらエッセンスをうまく盛り込んでいます。
「クローズアップ」では箱館戦争における榎本さんの動きを取り上げてるんですが、副題が「箱館より忠義を込めて 海の男の壮大なる戦略」とは、ロマンチですね~
「ロシアより愛をこめて」をもじっているような気がしないでもないですが(笑)

ロマンチといえば、「会えない時間が育てた愛 武揚・たつ夫妻のラブレター合戦」もいいエピソードです。
一緒にいる時間の少ない妻・たつと常にラブレターの交換で愛情をつないでいたという武揚ファンにとってはよく知られたお話。
明治の男性というと家父長制度のもと、強く威厳ある近寄りがたい夫・父親というイメージがあるんですが、そんな中、武揚のマイホームパパでありフェミニストだったりする一面はホント奇跡に近い貴重な存在です。

More
[PR]
by icewine5 | 2007-06-20 00:00 | 歴史・新選組関連

時代劇マガジン 2007 vol.16

久しぶりに時代劇マガジンを購入しました。
お目当ては、山本耕史くん主演の時代劇「陽炎の辻」、今年の大河ドラマ「風林火山」、それと「憑神」。
自分にとっては内容盛り沢山でお買い得な一冊でした。

時代劇マガジンSPECIAL Vol.16
/ 辰巳出版
スコア選択:

順番にまずは「陽炎の辻」。
耕史くん関連で雑誌を買うのはいつ以来だろう??
やっぱり、この人は時代劇の衣裳が本当に似合うなあと思います。特に月代の写真は「新選組!」試衛館入門前の歳三を思い起こさせる可愛らしさ(笑)。眼福です。

内容そのものについては、少し前に原作を買ってみたんですが、イマイチ興味がわかなくて放ったままになっています。
ですが、耕史くんの月代姿見たさにきっとドラマは見る事になりそうです。
恋愛要素もクローズアップされるとのこと、「新選組!」ではあまり耕史くん演じる歳三の女絡みの話があまり描かれなかった分、こっちはちょっと期待しています。

さて、「風林火山」。
山本勘助役の内野聖陽さん、武田晴信役の市川亀治郎さん、由布姫役の柴本幸さんをはじめ武将のみなさんのインタビューがそれぞれ見開きで構成されていて、かなり充実していました。

とりあえず、興味のあるところだけ拾い読みしていて、思わず笑っちゃったのが内野さんのインタビュー。
三条夫人役の池脇さんについてのコメントで、こんなこと言ってました。

「三条夫人にいじめられるのが、最近ちょっと生き甲斐になっていますね(笑)。勘助にとって、女王様ですから。「お座り!」と言われたら、鶴の一声で、すぐお座り!彼女とのシーンではマゾヒストです(笑)」<時代劇マガジン2007 vol16より引用>

確かに内野さん演じる勘助ってちょっと犬っぽい感じがします。特に、三条夫人とかお屋形様、由布姫の前では、忠犬な番犬みたい。忠犬・勘助ですねw
で、戦場に出ると闘犬とか麻薬取締り犬みたいで、放浪中は野良犬っぽいような・・・(スミマセン、途中から見出した私の勝手な印象です。)
それから、「鶴の一声で」って、すごいベタなオヤジギャグなんですけど(笑)。

More
[PR]
by icewine5 | 2007-06-16 11:43 | 新聞・雑誌感想

相撲の楽しみ

f0059671_011415.jpg白鵬が優勝した大相撲5月場所、今回は7日目に行ってきました。

大関栃東が引退し、上位から日本人力士が減ってしまってちょっと残念な一方、若い白鳳が横綱昇進というめでたいニュースもありました。
これで来場所からは久々に東西両横綱が揃います。

八百長疑惑騒動の喧しい最近の相撲界。
週刊誌をパラパラめくるとあれこれ書かれていますが、私個人的には、八百長は昔からおそらくあっただろうし、ある程度は仕方ないんじゃないかと思っています。
興行として成り立っていくには、毎場所お客さんに盛り上がってもらうための筋書きは必要だし、ガチンコ勝負だけでは無理な事情もあるんだろうなと考えてます。
取組みによっては、多分こっちが勝ってこういう展開になるだろうとなんとなく読めてしまう事もありますし・・・

もちろん、意外な番狂わせがあるのも相撲の醍醐味。
八百長があろうとなかろうと、それも含めて観戦を楽しめればいいかなと思います。

さて、実際に見てからすでに1ヶ月近くたっているのもあって、以下、観戦レポには全然なってなくて、私流・相撲観戦の楽しみ方=お花見の国技館版といったところです。

このところ、相撲人気が復活しつつあるのか枡席が取り難くなっています。
数年前は、一般発売日から数日経ったころでも土日の桝席が取れましたが、今ではモタモタしているとすぐ売り切れ。

そんなわけで、今回も2階椅子席Bでしたが、ここが非常にラッキーな席でした。
ちょうど出入り口の真上の最前列で視界を遮られないので、土俵をよく見渡すことができました。

f0059671_015953.jpgもうひとつ、この席の良いところは写真の通り、椅子席にもかかわらず、座席の前に飲食物を置けたことw
今回は、観戦後に近くのちゃんこ屋さんで夕食を取る予定だったので、観戦中は軽くお酒とおつまみ程度を持ちよろうというのが、事前約束だったのですがいざ持ち寄ってみると、みんな気前が良くて、こんな沢山になってしまいました。
これでも以前に比べれば減ったんですけどね・・・(汗)

結局、4人でワイン1本、日本酒1本、ビール?缶あけちゃいました。

昔、相撲博物館で相撲を観戦するお客さんの風俗みたいなのを紹介する企画展示がありました。
その中で誰の文章だったか忘れましたが、「相撲観戦に来たにも関わらず土俵に背を向けて飲み食いに夢中になっている輩もいる。しかし、それも相撲の楽しみ方の1つだ。」といった内容の紹介がありました。
これぞまさに私の楽しみ方です!

たしかに砂被り席や枡席Aぐらいだとテレビで見るよりも断然迫力があるでしょうけど、土俵から距離が離れた席の場合、単に取組みの様子を見るだけなら、テレビの方が断然、見やすいです。
人によって色んな楽しみ方があると思いますが、私の場合、取組みそのものプラス場所中の国技館の雰囲気がなんとも好きなんですよね。
非日常的なハレの場、かといって全然堅苦しくなく、それでいて格式や伝統も感じられる、他ではなかなか味わえないものです。
以前、両親が始めて国技館で観戦したときも、テレビでは感じられない情緒あふれる雰囲気に感激していました。

割烹「吉葉」
[PR]
by icewine5 | 2007-06-14 00:02 | 娯楽お出かけ

ドイツその後、函館

ここ数日エキサイトブログの調子が不安定です。
14日にメンテナンスをするそうなので、なんとか回復してほしいです。
当初の予定ではとっくにブログ引越ししているはずなのですが、時間が・・・

さて、ようやく夏休みの予定が定まり上司の了解も得て、現在、宿の検索中です。

結局、7月下旬~8月初めまでドイツ、戻った翌日から函館、というかなりハードなスケジュールになってしまった・・・ホントに大丈夫かな。
ま、今回は昨年のペルー旅行と違って個人旅行なので時間の自由は利くし、ほとんど1箇所でのんびりする予定だから、飛行機さえ問題なく飛んでくれればなんとかなるでしょう。

とりあえず海外のホテルはほぼ決まりかけたので、函館のお宿探索をしています。
毎年、超格安のビジネスホテルやユースに泊まってるので、今度は一人旅だし、こぎれいなホテルかペンションにでも泊まって、優雅におひとりさまディナーでもしたいなぁ~なんて希望はあるんです。
が、その前に海外にも行くし、最近何かとお金使っているし、予算的に厳しい~

結局、じゃらんで駅近の格安ビジネスホテルを予約することになりそうです(トホホ・・・)。
で、きっと食事は朝食が朝市の500円丼、昼・夕食がラッキーピエロだな。
まあラッピは何度食べても美味しいですから、カロリーを気にしなければ問題ないです。

唯一の贅沢は谷地頭温泉!函館で外したくない場所の1つです。
昨年はたまたま閉館時間が早い日に当たっていけなかったので、2年ぶりに名物?星型露天風呂にゆっくりと浸かりたいです。
[PR]
by icewine5 | 2007-06-12 22:48 | 娯楽お出かけ

見てます「風林火山」

今年の大河ドラマ「風林火山」、以前から気になっていて第1回から10回ぐらいまでは録画したものの、なかなか見る時間を取れなくて諦めていたのですが、実は数回前からほぼ毎回見ています。

由布姫が晴信の側室になるかならないかの問答をしていた回からで、三条夫人も絡んだネチッコイ女の戦いにいつのまにか夢中になってました(汗)
というわけで、それ以降、姫サマは一体どうするつもりかと毎回興味津々で見ています。
原作もとりあえず部分的に読みましたが、晴信、由布姫、三条夫人、それに勘助の人間関係が私的には結構ツボだったりしますw

勘助は、ドラマだと役者さんの見た目もあってそうは見えないけど、実はこの時50を越しているんですよね。
いい年をした、というか当時だと老人の部類に入る勘助が10代の少女である由布姫に対してほとんど崇拝といってもいいような愛情を抱くというのもある意味スゴイかも(笑)
ドラマでは「晴信や姫は自分にとって国」のような存在とか言ってましたけど。

ここ1~2回は合戦が続いて武将が沢山出てきましたが、まだ人物関係と登場人物の人となりがイマイチ把握できていません。
ですが、女が絡まない部分でも骨の太いドラマのようで続きが楽しみです。

前回出てきた雪斎は一応、自分の中でキャラクターイメージが確立しているので、わりと理解しやすかったです。伊武さんの雪斎、いい味出してました。
さすが、人質時代の徳川家康に勉学を教えた人だけあって、陰謀好きそうなところが良いわ。
元々、この時代より少し後の時代が大好きなので、もう少し見ていたら分かってきそう。

今回は鉄砲が出てきましたが、約20年後にこの鉄砲をフルに活用した織田信長によって今回ご誕生の勝頼率いる武田軍は撃破され滅亡することを思うと、歴史は無常なものですね。

徳川家康〈1 出生乱離の巻〉
山岡 荘八 / / 講談社
スコア選択: ★★★★★

私が最初に日本史で興味を持った時代は、幕末ではなくて織豊時代から徳川幕府成立に至る時期。特に徳川家康の人生はコツコツ築きあげる達成感があって好きです。
山岡荘八の「徳川家康」は私にとってバイブル的小説で、中学時代、憑かれたように全26巻読み通しました。今じゃとてもこの分量の小説を読む根性も吸収力もないけど当時はまだ若かった・・・

「風林火山」の時代は自分の馴染みのある織豊時代から少し年数をさかのぼるので、武田信玄については織田、豊臣、徳川に比べるとやや関心は薄いです。
それと、徳川贔屓なので、どうしてもこの時代の歴史を織田・徳川視点で見てしまって、武田家は織田、徳川の前に立ちはだかる巨大な敵として捉えてしまうので、今後「風林火山」を見るときはちょっと頭の切り替えが必要かも。

さいごに蛇足。
[PR]
by icewine5 | 2007-06-11 01:34 | テレビ(ドラマ)

ちゃんこ「川崎」

少し前になりますが、両国の老舗ちゃんこ料理屋さん「川崎」に行ってきました。
昭和12年創業、goo大相撲のちゃんこ屋紹介ページでも「老舗中の老舗」と書かれているお店で、一度は行ってみたいと思っていました。

おとなの週末 2006年 12月号 [雑誌]
/ 講談社
スコア選択: ★★★★★

ちゃんこ巡りの参考に愛用している「おとなの週末」2006年12月号でもランキングは横綱級のトップの評価。
予約をしないと入れないといった情報もネット上では見かけたりしたものの4人以上じゃないと予約できないので、5時開店の30分前に友人と待ち合わせました。
ただ、これだとさすがに早すぎたみたい。場所前だったこともあるし、5時ぴったりに来ても予約なしで充分入れる状況でした。

f0059671_130114.jpgお店の外観はこんな感じ。周囲がビルばかりの中、昔ながらの佇まいがいかにも老舗らしいです。


f0059671_1303446.jpg一番乗りのおかげで予約してないにも関わらずお座敷席にしてもらえました。他のお客さんのテーブルとの仕切りには古い番付表が貼ってあったりします。


f0059671_1305357.jpg注文したのはソップ炊き(醤油味の鶏ガラスープ)の名代ちゃんこ2940円。
この店の場合、鍋の種類はソップ炊き1種類のみです。コースだと鍋プラス他に何品かつくようです。
具材は野菜、油揚げ、鶏肉、レバーなど。もちろん四足動物は入ってないです。
量的には、パッと見の印象だと正直言ってちょっと物足りないかなぁ。


f0059671_1311441.jpgこちらが具材を入れた直後の写真。
鍋はお店の人が作ってくれます。この鍋を作ってくれた兄ちゃんがかなりの喋り好き。
私は適当に相槌打ってるだけだったんですが、一緒に行った友人は調子を合わせるのが上手くて、あれこれ問い掛けるもんだから、どんどん語る語る・・・


f0059671_1313358.jpg煮えてきた状態がこんな感じ。
これで2人前なんですが、私だったらこれ全部一人で食べられるよ(汗)
味は評判通り、なかなかの美味でした。これで量がもう少し多ければ(しつこい!)

More
[PR]
by icewine5 | 2007-06-10 01:35 | レストラン

吾妻小富士

先月の旅の続きです。

f0059671_1401862.jpg福島県浄土平の吾妻小富士。ここも絶景でした。


f0059671_141091.jpg色々なサイトでも紹介されている通り、頂上までは比較的簡単に行くことができます。
磐梯吾妻スカイラインでふもとの浄土平ビジターセンターまで行き、そこから左の写真のような散歩道(登山道と呼ぶほどの道でもないです。)を10分ほど上ると頂上です。


f0059671_1411458.jpgこんなきれいにお釜の底まで見えるのも、珍しい。


f0059671_1413355.jpg火口のふちはぐるっと1周することができるそうですが、今回はバスツアーで時間が限られていたので、4分の1周ぐらいのところで引き返しました。


f0059671_1414794.jpg風が強く、晴れていたので周囲の山々もすっきり見渡せて、気分爽快でした。
[PR]
by icewine5 | 2007-06-05 01:43 | 旅の思い出:国内