晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

有閑倶楽部がドラマ化!

お昼休みにネットでニュースを見ていたら、なんと秋ドラマで有閑倶楽部をやるんですね!!
これは嬉しいな~。
20代以下の世代の人たちの場合、ゴージャス高校生学園モノといえば「花より男子」になるんでしょうけど、私のような30代にとってはなんといっても「有閑倶楽部」です。
まさに自分が高校生の頃、リアルタイムで読んでました。
受験勉強に追われていた自分の高校生活とはあまりにもかけ離れた超お金持ち美男美女高校生の繰り広げるゴージャスライフは、読むだけで良い現実逃避になったものです。

ドラマでは原作と違って松竹梅弥勒が主役で演じるのは赤西仁だそう。
原作通り剣菱悠理を主役にしてくれなかったのはちょっと残念です。
赤西君って名前だけは知っている程度で、あの世代の男の子達の顔は区別もよくつかないんですが、弥勒に合うのでしょうか。
TV雑誌でちらほら見かけた気がするけど、なにしろ興味のない芸能人は完全スルーなので、どんな顔なのか分からなくて、さっき画像検索してみました。写真だと私にはキ●タクとすごく似ているように見えて判別できないです。
ふ~ん、弥勒ねぇ・・・

こうなると他のキャストも気になります。
悠理や黄桜可憐、白鹿野梨子とか女性陣はきっとイメージに合う可愛い女優がいるかと思うのですが、問題は男性陣。
美童グランマニエとかどうするんでしょう。
あの容姿を現実の人間でクリアするのは至難の業だと思うけど。
森茉莉の小説に出てくる美少年を実写化するのと同じくらい難しい、というか不可能に近いような・・・
清四郎だって、厳しいなぁ。あっ、やっぱり悠理も難しいかも。

どうか原作のイメージをぶち壊すような人選だけはしないでもらいたいものです。

もう原作の細かいストーリーは忘れてしまったけど、菊正宗清四郎と剣菱悠理の「婚約記念決闘」(爆)は個人的にすご~く見てみたいです。
[PR]
by icewine5 | 2007-08-31 00:18 | テレビ(ドラマ)

函館野外劇(その2)

気がついたら8月もあと数日で終わり。旅の記憶がどんどん薄れかけているので、早く記録しておかなくては!!
数日ぶりに訪問者数を確認したら見事なぐらい下降の一途を辿ってました(苦笑)。まさに自分の隠れ家状態。

途中になっていた函館野外劇記録の続きです。
8/4(土)と8/5(日)の二夜とも上演内容はほぼ同じなので、開演後の感想についてはまとめて書いてしまうつもりですが、その前に8/5の最終日の混み具合について少し触れておきます。

f0059671_1342457.jpg前日でおよその状況は飲み込めたので、最終日は6:45の開場前に到着したのですが、既に写真の通り長蛇の列!前日以上に混んでいました。


f0059671_1344515.jpgその後も続々とお客さんがやってきて、私の後方もこんな長い行列になっていました。これだけのお客さんが全部、客席に入れるのだろうかと思ったものの大丈夫だったようです。

改めて、函館野外劇がいかに人気があるかを実感しました。

前日よりも早い時間に着いたのに、開場に入ったのはもっと遅くて既に昨日座った中央ブロックの特等席は埋まっていました。残念!
仕方ないので、とりあえず誘導係が手招いていた隣の上手側ブロックに行ったら、誰も座っていない空間が!榎本家御一行様のための区画でした。
結局その御一行様周辺もほぼ満席で、さらに上手側のブロックにようやく席を確保しました。
ホント、完全に出遅れてしまいました。最終日を甘く見ちゃいけないですね。

More
[PR]
by icewine5 | 2007-08-30 01:38 | 旅の思い出:国内

ドイツその2(フランクフルト・マイン国際空港からハイデルベルクへ)

フランクフルトに到着。久々のドイツです。

以前、一人でドイツに入国した時に入国審査でしつこく旅行目的や滞在日数など聞かれた上に帰りの航空券まで提示するよう求められたことがあって、今回もまたあれこれ聞かれたらヤダな・・と思ってたら、あっさり通過できました。

どうも私は顔立ちが東南アジア系(縄文系?)だし、肌の色も色白とは程遠く(笑)、日本人旅行者のふりをした不法就労者とかじゃないかと疑われたのかもしれません。
昔、妹と二人でドイツ国内を旅したときも「カンボジア人?」とか言われたし、ネパール帰りの飛行機ではANAの日本人キャビンアテンダントに英語で話しかけられたり、グァムで日本人旅行者の写真を撮ってあげたら「日本人だったんですか!」と驚かれたり等々・・・
さすがに今回は顔もスタイルも服装も典型的な日本のおばさん風の養母が一緒だったので、間違いなく日本人だと思われたようです。ホッ。

空港からハイデルベルクまでは、あらかじめ予約しておいてもらった乗り合いタクシーTLSHeidelbergで行きました。
以前、ハイデルベルクに行くには空港からリムジンバスを使っていたのですが、最近はこちらも予約をしないといけない上に本数が少ないらしく、こっちの方が便利なようです。
ネットでも予約できるので一応試みてみたんですが、慣れないものでどうも不安だったため、結局妹に電話予約させちゃいました(汗)。

空港のミーティングポイントにそれっぽいお迎えのオジサンが私の名前を書いたカードを持って待っていてくれたんですが、最初のローマ字が一字違いで別人になってました(笑)
ま、すぐに間違いなく予約した人間だと分かったからいいのですが、こういうところは結構いい加減w

f0059671_0232315.jpg乗り合いタクシーで、他にもお客さんが乗っていて途中で降ろしていくので、場合によっては多少時間がかかることもあります。
そうは言ってもハイデルベルクだと片道一人32ユーロで空港から自分の宿泊ホテルまで連れて行ってくれるのでリムジンよりも確かに便利です。
久々のアウトバーンですが、日本の速度感になれていると、周囲の車のスピードが異様に速く感じます。
タクシーのオジサンも飛ばす、飛ばす。

f0059671_0214298.jpgこちらの写真はもう一人乗っていたお客さんの行き先、マンハイム。
円柱の建物はフリードリヒ広場の給水塔です。
すでに夜8時頃なのですが、ごらんの通りまだまだ明るいです。
日本でも一時期話題になったサマータイム制度導入は日本の習慣に合わないし全然必要ないど思うけど、夏のヨーロッパにくると、なぜサマータイムが導入されているのかよく分かります。

途中でマンハイムをまわっていったので、直行すれば1時間のところ30分ほど余分に時間がかかりましたが、無事ホテルに到着です。
[PR]
by icewine5 | 2007-08-20 00:29 | 旅の思い出:海外

ドイツその1(ドイツ行き飛行機)

世の中お盆でお休みモードのなか、既に休暇の終わった私はひたすら働いていました・・・
普段は夜中に会社を出てもタクシーがバンバン走っているのに、さすがに今週は少なかったです。
さて、函館もありますが、それよりも記憶が薄れかかっているドイツもちょっと書いておきます。

まずは出発から。
f0059671_2111863.jpgf0059671_2115819.jpg

乗った飛行機はJALのフランクフルト直行便。
最近のJALに関する報道や山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」を読むと、JALに乗るのは躊躇してしまうのですが、今回は70過ぎの養母が一緒なので、とにかく早く到着する直行便で、日本語が通じる日本の航空会社の方がいいだろうというわけで、この選択になりました。

f0059671_2121899.jpgとにかく飛行機に乗ること自体、心が浮き浮きします。(まったく根がお子様なもので・・・汗)
飛行機での一番の楽しみは、機内食と飲み物。
食事前の飲み物はジンとオレンジジュースのカクテルにしてもらいました。空の上で飲むアルコールは格別!


f0059671_2123724.jpg機内食はこちら。
普段、地上で食べればなんてことのないメニューなのに、なぜか飛行機の中というだけで嬉しくなります。(やっぱりコドモだ・・・)

More
[PR]
by icewine5 | 2007-08-19 02:16 | 旅の思い出:海外

函館野外劇(その1)

f0059671_1224475.jpg函館行きの一番の目的は先にも書いたように、野外劇「星の城、明日に輝け」です。
5月の五稜郭祭は3回行ったし、秋の函館も行ったし、まだ行っていないのは夏と冬。
そんなわけで、前から観たかった野外劇をようやく観にいってきました。

初めてのことで混み具合や詳しい進行状況も分からなかったので、本命の(笑)日曜日の予備日として土曜日も行ってみることにしました。
これは両方行っておいて正解でした。

まずは1回目に観た土曜日の様子から。
17時過ぎに函館駅近くの格安ビジネスホテルに到着後、荷物を置いてすぐに五稜郭へ。晩御飯は勝手知ったるラッキーピエロ五稜郭店でササッと済ませました。(こちらは別途、食べ物エントリーで。)

18時45分開場で、開演は19時30分ということで、まだ充分時間はありそうかな・・と、五稜郭タワー内のトイレでのんびり夕食後の歯磨きをしたりして、会場に着いたのは18時50分頃。
実は、事前チェックをあまりしっかりしてなくて、タワーの案内所で聞くまではてっきり五稜郭内の広場、五稜郭祭で土方歳三コンテストをやる所が会場だと思ってたら、違ったんですね。
星の外側を函館市芸術ホール方面に向かって進み、星型の淵の部分が舞台、お堀を挟んで外側が客席でした。行く前に聞いておいて良かった~

さて、私が会場に到着した頃にはすでに入場開始していて、切符切りの入り口テントまでかなりの行列になっていました。
こんな混んでいると思っていなかったので、ちょっと驚き。ちゃんと座れるのか急に焦ってきました。
しかも、「満員になる見込みなので1つのベンチを4人がけで詰めて座るように」とのアナウンスが何度もあって、ますます大丈夫か心配に。

f0059671_1231679.jpg写真は並んでいる間に取った船。開陽丸とはちょっと違うように見えますが、榎本艦隊の中の1つ?だったのでしょうか。いまいち、よく分かりません。


f0059671_1233573.jpgこっちも行列の途中にあった「土方さんになって写真を撮ろう」というやつ。
今回は一人なので、さすがにこれはできません(苦笑)。
一人旅は自由気ままでいいけど、こういう時にアホな恥さらしをできないのが、ちょっと残念!

入り口で切符切りと引き換えに座布団を渡されて、いざ会場内へ。
すでにひな壇の上の方までかなりの人で埋まっていましたが、一人だったので運よく客席中央あたりの空白地帯に滑り込むことができました。

f0059671_124781.jpgちなみに、こちらの写真は野外劇終了後に五稜郭内の盛土からとった客席です。これが観客でいっぱいになったんだからすごいです。

More
[PR]
by icewine5 | 2007-08-14 01:27 | 旅の思い出:国内

戻りました(その3函館編)

f0059671_010476.jpg先週、土曜日から月曜日まで2泊3日で函館に行ってきました。
目的はもちろん野外劇。土曜、日曜の2回見てきました。
予想していた以上に本格的ですばらしい舞台に感激でした!ホント、行ってよかったです。

野外劇の最終日だった日曜日には榎本武揚の御子孫である榎本隆充氏も出演され、感動もひとしお。140年近く前にこの五稜郭で戦った榎本武揚の御子孫が、こうやって現代の五稜郭で多くの市民の皆さんと一緒に野外劇の舞台に立たれる・・・って、それだけでロマンチな気分になりましたw

とりあえず、今は行ったところだけ整理します。

前日、海外からもどったばかりでさすがに早朝の飛行機はつらいので、函館には夕方着の飛行機で行きました。
まずは歴史オタ的スポットから。

■野外劇
f0059671_0185943.jpg幸い、正面のかなり良い席に座ることができて、このとおりばっちり舞台を見渡せました。(撮影はフラッシュ禁止です。)
こちらの写真は五稜郭完成の場面。劇中盤の盛り上がりどころです。


f0059671_0162247.jpg2回目の最終日ははこちら。
超満員のため、前日ほど良い席ではありませんでしたが、それでも充分楽しめました。
フィナーレで「星のまち Hakodate」をみんなで歌っている場面です。この中に榎本氏もいるはず。


■五稜郭タワー
f0059671_012424.jpg前回、2006年の五稜郭祭のときには、新タワーの隣に取り壊し前の旧タワーが並んでいましたが、今回は新タワーのみ。これからの五稜郭タワーの新風景ですね。


f0059671_0122741.jpgこちらは、五稜郭タワー内に新設されたアトリウム内の土方歳三ブロンズ像。
やっぱりこの飾りつけセンスの微妙さは、五稜郭ならではかも・・・。背景の植物たちは、なんとかなりませんかね(笑)


■市立函館博物館五稜郭分館

f0059671_0124888.jpg五稜郭分館では最後の特別展となる「血戦!戊辰戦争-東北・蝦夷地の戦い-」を見てきました。
ちなみに今回、函館公園内にある博物館本館にも行ってきましたが、こちらは縄文文化関係の特別展をやっていました。


■碧血碑

f0059671_0131143.jpg幕末オタージョにとって、函館に来たからには絶対外せないスポットですねw
何度きても、気持ちが引き締まる神聖な場所です。

More
[PR]
by icewine5 | 2007-08-13 00:24 | 旅の思い出:国内

戻りました(その2フランス編)

休暇が終わって早一週間、仕事復帰早々、深夜のタクシー帰りやら休日出勤やらで、時差ぼけも函館野外劇の余韻も一気に吹き飛びました・・・
夜中2時に会社を出てタクシーを拾う道すがら、「日本の生活に戻ったんだ・・・」とつくづく実感。
プライベートな時間を家族でのんびりくつろぐヨーロッパの人々とはえらい違いの生活です(涙)。
さて、海外の旅の続き、フランス編です。

基本はドイツ滞在で、間に2泊3日でストラスブールとコルマールに行ってきました。

■ストラスブール
f0059671_22312956.jpgストラスブールはこれで2度目。
思いもせぬ出来事から、結果的に日本以外の国で一番長く滞在したことになるのが、このストラスブール。
以前、私にとってこれまでの人生最大の試練の時をこの地ですごしました。非常に辛い思い出と良い思い出のある街です。

町のシンボルであるノートルダム大聖堂の塔の上から見た町の様子です。再びこの街を訪れることができたことに感謝!

f0059671_223217100.jpgプティット・フランス
旧市街のイル川沿いに昔ながらの木組みの家が並びます。


■コルマール
f0059671_2232446.jpgストラスブールの川沿いの町並みをプティット・フランスというのに対して、こちらはプティット・ヴニース。
ストラスブールの小型版といったところで、こっちの方がこぢんまりとして美しいです。

More
[PR]
by icewine5 | 2007-08-11 22:37 | 旅の思い出:海外

戻りました(その1ドイツ編)

ドイツから先週金曜日に戻り、翌日から函館で野外劇を堪能し、月曜日に戻ってきました。函館はまた別に書きますが、まずはドイツから。

今回は比較的余裕を持ったスケジュールで、あまり移動もなくのんびりすごしました。
ひとつ、私の不注意な油断から本当にアホな失敗をしましたが、おかげさまで無事解決。
美味しいドイツ料理、ストラスブールではアルザス料理も堪能してきました!
(※ドイツ料理というとジャガイモとソーセージばかりだと思っていらっしゃる日本人も多いかと思いますが、実はバラエティ豊かで、しかも非常に美味なのです。)

詳しい旅記録は別途書くとして、まずは行ったところ整理です。

■ハイデルベルク
f0059671_0355580.jpg
途中でフランスのストラスブールとコルマールに行った以外はハイデルベルクに滞在。
私自身はもう何度も来ていますが、今回は同行した養母が初めてなので、主要スポットはすべて押さえました。

上の写真はよくカレンダーにもなっているお馴染みの景色。
ネッカー川を挟んで旧市街の対岸にあたる哲学の道から撮ったものです。
ネッカー川にアルテブリュッケとハイデルベルク城がすっぽりと画面に納まるビューポイントです。


f0059671_0365168.jpgこちらはそのハイデルベルク城。


f0059671_0372872.jpg夏場はお城のお祭りが開催されていて、こちらは別の日になりますがお城の野外コンサート。

More
[PR]
by icewine5 | 2007-08-08 00:47 | 旅の思い出:海外