晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

追悼

仕事で長年お世話になっていた女性が先日、春を待たずして癌のため亡くなりました。
まだ50代半ば、あまりにも早すぎる死でした。

病気が発覚したのは去年4月、既に末期がんの宣告をうけたものの本人は前向きに治療に取り組みましたが、残念ながら1年たらずの闘病生活を経て、先日、逝ってしまわれました。

社外の人ではありましたが、私にとっては仕事関係で唯一本音で話せる、そして愚痴をこぼすことのできる女性で、仕事だけでなくプライベートでもよく飲みにいったりお互いの家に遊びに行ったりと親密なお付き合いをさせてもらっていただけに、今月半ばに危篤の報を受けたときは本当にショックでした・・・

最後にお見舞いに行ったのが死の2日前の月曜日。既に意識は朦朧とされていましたが、私のことはちゃんと分かって名前を呼んでくれたのが救いでした。
帰る間際、かろうじて聞き取れる声でやせ細ってしまった両手を差し伸ばしながら「icewine5さん、よろしくお願いします。よろしくお願いします・・・」とおっしゃっていたのが今でも耳に残っています。

今日、東京での火葬に参列し、改めてもう彼女はこの世にいないんだと思うとどうしようもなく悲しいです。
会社にいる間は忙しさに心が麻痺していたのか案外平静でしたが、家に帰ってひとりお酒を飲んでいると生前の彼女とのやりとりが思い出されてきて、こみ上げてくるものが抑えきれなくなりました。

本当に常に自分のことよりも人のことを思い、尽くしてくださる方でした。転職当初、まだ仕事に慣れない私にとって、彼女は心の支えでした。
私のような人付き合いがそれほど上手でない人間の心をも打ち解けさせる不思議な魅力を持った女性でした。
本当になぜこんな素晴らしい女性が癌に苦しみ早逝することになるのか・・・と思うとやるせない気持ちでいっぱいです。

彼女とおなじ山口出身の上司が彼女の訃報を社内に知らせるにあたり「人一倍気を使うやさしい長州の女性」と評しましたが、芯の通った頑張り屋で、時に辛口な皮肉屋でありながら、心を通わせた相手には本当に情の深い、まさに長州の女性とはこういう人なんだと改めて思いました。

今のこの思いを誰かに語りたい、こんなとき思いっきりこの悲しさや愚痴を語れる相手というのが結局、当の本人なんですね・・・
でもいつまでも悲しんでいたらきっと天国にいる彼女から「いつまでもくよくよしていたら駄目ですよ!しっかりしてください。」と言われますね(泣笑)

本当に今までありがとうございました。あなたのことはいつまでも決して忘れません。
[PR]
by icewine5 | 2008-02-29 00:38 | 日々の雑談

浅草ロシヤ料理「マノス」

今年何度目かの雪のふった日、浅草のロシヤ料理「マノス」でぺぺりんさん、Sちゃんと食事会。
何を食べてもたいてい美味しいと思う私ですが、ここは特に大満足、今年最初の大当たりのお店でした。
久々に一緒に食事したSちゃんの愉快な新婚生活の話に大爆笑しながら、美味しい食事で盛り上がりました。そういえば、エジプトに新婚旅行中のKちゃんも合宿みたいな新婚生活と言っていたし、新年会で会ったTちゃんは計画出産でめでたく赤ちゃん誕生!みんな結婚生活を満喫しているようで何よりです。

f0059671_19324513.jpgこじんまりしたお店は浅草らしいレトロな感じとロシア風味が融合した雰囲気でした。
お店の皆さんもとても親切、非常に居心地が良い室内で、ボリュームたっぷりの美味しい料理をいただくのは格別です。
現地の味をそのままというよりも、ちょっと「洋食」風なのも浅草らしい感じがしました。

モスクワコース5500円とマノスコース6500円のどちらにするか迷った結果、モスクワコースに1個300円のピロシキをつけることに決定。
メインはもちろん、3人そろってこちらの名物キャベツロールです。
とにかく種類が多いので、どんどんいきます!

f0059671_1933613.jpg最初はシーフードサラダ。
野菜たっぷり、魚介類も丁寧な味付けでした。このサラダに限らずどの料理にも言えるのですが、一見素朴そうに見えて、食べてみると実はとっても丁寧に料理されているのが分かります。

f0059671_19333121.jpgf0059671_19334551.jpg

シーフードと一緒に出てきたパン。蒸かしたてで、ふわふわのホカホカでした。
こんなパンがレストランで出てきたのは初めて。普通にバターをつけるも良し、タラモペーストも良くあっていました。
あまりの美味しさに最初の2切れだけじゃ物足りなくて、結局私とぺぺりんさんは5切れおかわりして、Sちゃんに笑われちゃった^^;
f0059671_1934479.jpgf0059671_19341844.jpg

見た目はコロッケのようなピロシキです。(3個全部一人で食べたんじゃないですよ 汗)
手がべたつかないようお店の人が紙ナプキンにくるんでくれました。これにケチャップをつけて、熱々のうちに頂きました。中のひき肉も美味しいし、外側の皮がモチモチッとして良い歯ごたえ。

f0059671_19344019.jpgf0059671_19345464.jpg

次はロシア風きのこのつぼ焼き。
こんもり盛り上がった生地をパカッと外したところが右の写真です。
この生地をきのこスープに浸しながら食べます。
本当にどれも温かくておいしくて、寒い雪の日にぴったりのお料理です。

f0059671_19351617.jpgまだ続きます。こちらはポテトでくるんだ海老を揚げたものとホタテ。
フレンチやイタリアンではお目にかかれない珍しい料理でした。これも海老の身がしっかりあってボリュームもあるし、とにかく美味しい~

いよいよキャベツロール!
[PR]
by icewine5 | 2008-02-10 19:41 | レストラン

歴史読本3月号

まだまだ寒い日が続きますが、そろそろ6月の小樽、夏の函館の旅の計画も立てなきゃな~と気持ちは既に夏に向かっています。
最近はスキーとも全く縁がなくなったし寒い冬は本当に苦手・・大好きな春と夏が待ち遠しくてなりません。

さて、和魂凡才の香音里さんのところで拝見して、購入した歴史読本3月号。「古写真集成 幕末人の肖像」ということで、幕末の著名人たちの写真満載の美味しい特集号でした。
どこかしらで見たことにある写真が沢山ありましたが、こうやってまとまって見られるのは色々比較できて面白いです。この人、ハンサムだな~、う~ん、この人はイマイチ・・・とか(笑)。
歴史オタにとっては、いまどきの芸能人の写真を見るよりも楽しめます。
歴史読本 2008年 03月号 [雑誌]
/ 新人物往来社
スコア選択: ★★★★



いきなり表紙から強烈なのは、黒田清隆の爆発頭。見事なまでのアフロヘア。(呆然・・・)
すごい毛髪量で、しかもそれが地球の重力に反して上向きに生えてます!

この爆発頭の写真、誰かを思い出すんだけど、一体誰だったのかずっと考えていたんですが、思い出しました!
王欣太さんの「蒼天航路」に登場する呂布です。
蒼天航路 (1)
李 学仁 / / 講談社
スコア選択: ★★★★



三国志の曹操を主人公とする「蒼天航路」については以前もちょっと触れましたように、これまでの三国志登場人物に対する既成概念を覆すような強烈な個性を持った面々がでてきますが、呂布も最初に見た時はぶっとびました。
そのときの破壊力を思い出すような黒田さんです。しかも酒乱で乱暴そうなイメージとか、黒田さんってどことなく呂布を彷彿させるものがあります。

もうひとつ、改めて思ったこと。以下、ミーハーぶり全開ですが、ご容赦を!

More
[PR]
by icewine5 | 2008-02-07 00:31 | 読書(歴史関連)

蜂谷涼「へび女房」より「雷獣」

「歴史読本」3月号を購入するついでに、榎本武揚が登場するという蜂谷涼さんの「へび女房」を入手しました。
幕末、明治時代の女性を主人公にした4つの短編集で、とりあえず、榎本さんが登場する「雷獣」を読みました。
(他の短編もざっとページをめくってみたところ、別の短編「うらみ葛の葉」には大鳥圭介も登場するんですよね~。こっちはまた後日。)
へび女房
蜂谷 涼 / / 文藝春秋
スコア選択: ★★★★



さて「雷獣」ですが、これ、良かったです~!
今まで読んだ榎本さんの恋愛モノ(って勝手にジャンルを作ってます 笑)では、以前読んだ「アラミスと呼ばれた女」よりもずっと私のツボにはまりました。
「アラミスと呼ばれた女」も話としては面白かったものの(感想はこちら)、男装の女性が榎本さんと恋愛するのが生理的に駄目だったのと結末のご都合主義に違和感がありましたが、この「雷獣」はとにかく榎本さんがいい男だし、主人公の芸者・小せん、黒田清隆をめぐる三角関係に「萌え」ました(笑)。
結末も切なくてイイです。

オーソドックスなストーリー展開だし、歴史小説というよりも歴史上の人物を使った恋愛小説といった感じなのですが、中途半端に歴史的要素を交えずに思い切ってベタな恋愛中心の展開としていることで、まとまりのある完成度の高い作品になっているよう思いました。

以下ネタバレありです。
[PR]
by icewine5 | 2008-02-06 22:49 | 読書(歴史関連)

おやつの時間

首都圏で珍しく雪の降った寒い日曜の午後、スポーツクラブに行く予定を変更して久々のブログ更新にいそしんでいました。

そんなわけで珍しくゆっくりおやつの時間。
甘いもの大好きにも関わらず、平日も休日も残念ながらおやつにかける時間はほとんど無いし(涙)、しかも一人暮らしだとロールケーキとか羊羹みたいな切り分けて食べるまとまった生菓子は、賞味期限の関係上、欲しくてもなかなか買えないのですよね。
f0059671_0491283.jpgf0059671_0492415.jpg

でもたまには、カロリーを気にせず甘いものを楽しみたくて、昨日オークラで買ってきた欧林堂のパトロン。
栗にチョコレートがコーティングされた焼き菓子です。購入するのは初めてですが、高級そうな見た目に引かれて試してみることにしました。

f0059671_0493864.jpgもうひとつは、アメリカンファーマシーのバレンタインフェアで見つけた私の大の大のお気に入りMON CHERI。
原産国はイタリアだそうですが、私がこれを知ったのはドイツに行った時で、駅のキオスクやスーパーなどどこにでも売っていて、向こうではポピュラーなチョコのようです。

たっぷりリキュールに漬かったチェリーの実がチョコの中に入っていて、お酒の苦味とチョコの甘さが絶妙なのです。
これ、日本でもあちこちで売ってくれるといいな~。

f0059671_0495498.jpgお茶はこれもお気に入りのマリアージュフレールでかなり前に買ったサムライ。
定番のマルコポーロもどこかにまだ残っていたはずだけど、整理が悪くて見当たらない・・・
ここの紅茶はどれも香りが大好き。濃いめのお茶が好きなので、たっぷり葉っぱを入れて香りを楽しみつつ飲んでみました。

さて、パトロンですが、う~ん、旨い!
4個入りのうち、2個だけお皿に取り分けたのですが、もうちょっとで3個目に手を出しそうになり、かろうじて自制しました(笑)。
そのかわり、モンシェリは1個だけのつもりが結局もう1つ食べてしまった・・・

明日は節制して、夜はパワーヨガ行けるといいな・・・どうか仕事が長引きませんように!
[PR]
by icewine5 | 2008-02-04 00:52 | 飲食物(その他)

人生観いろいろ

先週の新年会で会えなかったSちゃんとホテルオークラのロビーでほんの短い時間、会ってきました。
f0059671_1833259.jpg1年前に結婚したSちゃん、昔からICBとかキャリア系ファッションでばっちり決めていましたが、この日もすっきりパンツスタイルがよく似合っていました。

会うのは結構久しぶりで弾丸のようにしゃべっているうちに人生についてお互い熱く語り合ってしまった。
彼女は結婚し、私は独身だけど、「女性は結婚しても仕事をちゃんと続けて自立しているべき」という生き方ポリシーは一致していて、そんな話で意気投合。

「私達の年齢って、すでに自立して自分の生活があるし、結婚していなくても生活できるわけだから、よっぽどのメリットがなければ結婚する意味なんてないよね。一緒にいて居心地がよくなきゃ結婚しないよ。」というSちゃんの言葉に私も大いに納得。
都心のマンションに住み、平日は夫婦ともに仕事に励み、休日は二人でレクリエーションを楽しむ、まさに絵に描いたようなDINKS生活を謳歌しているSちゃんの言葉だからこそ説得力もあります。

しかも彼女の良いところは、バリキャリにも関わらず、決して自分のことをひけらかさない点。
自分がいかに有能かをひけらかす薄っぺらな自己顕示欲が強い人ほど、実は大したことがないというのが私の持論なので、そういう意味ではSちゃんに限らず私の友人たちにそんな嫌~な自信過剰タイプがいないことはありがたいです。
というか、そんな人だったらまず友達にならないしね^^;
もちろん必要以上に謙遜するのもよくないですが、「私ってデキル人なの、すごいでしょ」タイプは鼻持ちならないです。

「やっぱり結婚してもこれから何があるか分からないし、女も仕事は持つべきだよね。自分の好きなもの買うのにいちいち夫に『これ買いたいんだけど・・・』なんて気を使うのは嫌だしね。
自分に収入がないために夫のDVで離婚したくても離婚できない人だっているわけだし、リスク管理という意味でも仕事は続けるべきだよね。」
うん、同感同感。自分の欲しいものを買うのに気兼ねしたり、やりたい事を遠慮したり、辛いのを我慢するのなんて私もまっぴらごめんです。

いつもの癖で仕事の愚痴をついもらしてしまいがちな私ですが、
「今の世の中、私達みたいに正社員として働けるだけでもありがたいことだと思うよ。」というSちゃんの言葉にやっぱり色々不満や迷いはあっても、今の会社にしばらくはしがみついて働いていこうとポジティブシンキングに。
いまどき一旦会社を辞めたら再就職がいかに難しいかを考えると、本当にこうやって働けるのを感謝しないといけないと思います。マンションのローンも返済していかなきゃいけないしね。

以下、脱線してます。
[PR]
by icewine5 | 2008-02-03 18:09 | 日々の雑談