晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

アフタヌーンティー行脚計画

食欲の秋から年末年始の忘年会シーズンへと、飲み食いが楽しい季節が続いております。
レビューしたレストラン以外にもちょこちょこ美味しいお店に行っているのですが、更新が追いついていない状況です。

さて、私にとって今年最大の発見は、ホテルのアフタヌーンティー♪
3月に行ったマンダリンオリエンタル東京に始まり、先日のウェスティンホテル東京まで4つのホテルのアフタヌーンティーを堪能しました。
どれもそれぞれ個性があって、比べてみるのも楽しく、すっかりハマっています。

そんなわけで、今後もアフタヌーンティー行脚を続けていきます!
目指すは首都圏全制覇!
とりあえず、近場から攻めていって、現在は西に向けて進攻中(笑)。
来月は江戸川橋方面を予定していたのですが、針路を変更して新宿に駒を進めます。仲間も増えてさらにパワーアップ!

とりあえず、来年1年間の月一アフタヌーンティー行脚計画を立てたんですが、その前に、これまで行ったところについて、個人ランキング順におさらい。

第1位
f0059671_1441936.jpg
マンダリンオリエンタルホテル東京 ラウンジ(日本橋)
http://www.mandarinoriental.com/tokyo/jp/dining/Lounge/default.aspx
アフタヌーンティーを初体験したのがこちら。お茶の種類は豊富で食事メニューも良し、景色も雰囲気も良くて、今のところ一番のお気に入りで、既に2度、訪れました。
三段スタンドのかわりにエキゾチックな鳥かご型スタンドに可愛らしいお菓子の数々が印象的でした。

第2位
f0059671_1444519.jpg
フォーシーズンズホテル丸の内 ekki BAR & GRILL(丸の内)
http://www.fourseasons.com/jp/marunouchi/dining.html#photo_2
スコーンのかわりにハンバーガーなのがこちらの特徴。マンダリンオリエンタルと同じく、お茶は種類も変更できて飲み放題です。
食事メニューの種類の豊富さとボリュームは4つの中ではここが一番かと思います。ハンバーガー以外にポップコーンやムースなどどれも趣向が違って飽きないです。
もう少し景色が良ければ、限りなく1位に近くなる感じです。

第3位
f0059671_1451332.jpg
ウェスティンホテル東京 ザ・ラウンジ (恵比寿)
http://www.westin-tokyo.co.jp/restaurant/thelounge/index.html
オーソドックスな三段スタンドが一人1台でボリュームたっぷりなのがgood!お茶の種類も変更できるし、ティーポットにたっぷり入っているのも良いのですが、食事メニューがもう少しバラエティに富んでいるとよいかと思います。
※先日のレビューではフォーシーズンズと並んで同格2位としたんですが、しばらくたって考えが変わりました。


第4位
f0059671_1452711.jpg
ザ・ペニンシュラ東京 PETER(有楽町)
http://www.peninsula.com/tokyo/jp/default.aspx#/tokyo/jp/Dining/Peter/
お茶以外にシャンパンがつくのがここの特徴。
お茶の変更は不可。2人で行くと、サンドイッチもケーキも全て種類が違うので、どうやって分けるかが課題です(笑)
それにしても3つのスープを2人で分けるって・・・
いずれも美味しいのですが、ボリューム的には他の3つのホテルに比べてお上品なレベルなので、大食いな人には物足りないかもしれません。


それでは今後のアフタヌーンティー計画。

More
[PR]
by icewine5 | 2008-10-30 01:53 | アフタヌーンティー

保養所にて

f0059671_159298.jpg軽井沢で宿泊させてもらったKちゃんダンナさんの保養所。
広い台所に食堂、スタイリッシュな暖炉のあるリビング、ホテル仕様の客室に、アメリカ製のジャグジー&サウナなどなど、つかの間のなんちゃってセレブ気分(笑)を味わうことができました。
(写真の暖炉に管理人さんが火をいれてくれました。)

私達以外にお客さんが誰もいなかったため、広い保養所が貸切状態。
「先日は友人のお招きで、軽井沢の別荘に滞在してきましたの。おほほっ」な~んて、言ってみたくなる感じw ←に、似合わね~^^;


f0059671_20333.jpg保養所というと朝・夕食がついてるところが多いのかと思っていたんですが、こちらは自炊。
しっかり者のKちゃん夫婦の采配のもと、スーパーで食材を購入してみんなで鍋パーティーをしました。
まさに友人宅でのホームパーティー状態で、楽しい夜のひと時でした。


f0059671_201689.jpgこのお鍋、Kちゃんダンナの推奨によりレタスとレンコンが入っています。
鍋にレタスって珍しいかと思いますが、これが意外と美味しいのです。
そういえば、以前、カレー鍋を食べに行ったときにもレタスが入っていたような気がしますが、隠れた鍋ワザかもしれません。
なにより、白菜みたいに包丁で切らなくてすむので、下準備が楽ちん♪
今度、私も家で試してみます。

f0059671_203788.jpgf0059671_205095.jpg

こちらは翌日の朝食。
普段の一人朝食だと慌しくサプリメントとヨーグルトを飲み込むぐらいなので、みんなでワイワイしながら準備して、たっぷり豪勢な朝食を取るのは嬉しいものです。
この後、ハイキングですからね。しっかりエネルギー補給をしておかねば!

Kちゃんダンナがスクランブルエッグの美味しい作り方をMKちゃんに伝授してたんですが、やっぱり朝ごはんをつくるオットというのはポイント高いですねwほんと、気さくで良いダンナさんです。
Kちゃんも良い人だし、やっぱりちゃんとその人に見合った人と結婚するものなんだなあ~とつくづく思いました。

f0059671_21531.jpgf0059671_212335.jpg

2日目の夜のデザートはケーキ♪
私はついでにビールも。ケーキとビールなんて邪道だろうがなんだろうが、飲みたいときには飲む!
秋の夜長で話に花が咲きました。
本当の贅沢というのは、こういうことを指すのかもしれません。
高級ホテルに泊まったり、高いレストランに行くのも、もちろん楽しいし憧れますが、ある意味、それと同じくらい、いや、それよりもずっと贅沢な時間の過ごしかた。
一人で過ごす時間も大好きだし、私にとっては必要不可欠だけど、こうやって気の置けない友人たちと一緒に過ごす楽しい時間も大切にしなくてはならない、そう改めて実感した3日間でした。
[PR]
by icewine5 | 2008-10-24 02:06 | 旅の思い出:国内

ウェスティンホテル東京でチーズケーキアフタヌーンティー

ホテルのアフタヌーンティーめぐり、今月は恵比寿にあるウェスティン東京のザ・ラウンジに行ってきました。

f0059671_0321776.jpgこちらは季節ごとのテーマがあるようで、10/1~11/30までは「深まる秋にクリーミーなチーズケーキアフタヌーンティー」。
税込みで3,200円と都内ホテルアフタヌーンティーの標準的なお値段ですが、お茶は種類も変更できて飲み放題だし、食べ物の方もボリュームたっぷりで、お得感があります。


f0059671_0324575.jpg早めに予約をしたおかげで、席は窓際の広い4人席。
ソファのすわり心地も良く、天井も高く、ゆったりと過ごすことができました。


f0059671_0311984.jpgさて、こちらが噂の三段スタンド。
事前にブログめぐりをして、こちらの内容を予習していたのですが、ボリュームたっぷりの三段スタンドが一人1台独り占めできるらしい(笑)のが、とっても楽しみでしたw
もちろん、大食いの私達は余裕で平らげましたが、少食な女性ペアだったら、これ1台で充分かもしれません。


f0059671_0313328.jpg二人分並べるとボリューム感もさらにアップ!


f0059671_0315175.jpgお茶は紅茶4種、フレーバーティー6種、コーヒー7種、ハーブティー5種、計22種類が飲み放題です。
コーヒー以外はティーポットで約2.5~3杯分、たっぷりあるのも嬉しいです。
最初のお茶はフレーバーティのマンゴー。


f0059671_033184.jpgまずは一番下の段のサンドイッチから。
トマト、サーモン、きゅうりの3種はいずれもオーソドックスな味でした。
お皿の脇のクリームとジャムは2段目のスコーン用です。
スコーンとマフィンがかなり大きいので、2段目に乗り切らないのです。


f0059671_0331515.jpg2段目。
アフタヌーンティーに来たからには、やっぱり美味しいスコーンが味わいたい!
プレーンもチョコ味もしっとり、ずっしり食べごたえがありました。
スコーンで余ったクリームをマフィンの方にもつけてみたのですが、これも結構いけました。
ブルーベリーのマフィン、美味しかったです♪

まだまだ続きます!
[PR]
by icewine5 | 2008-10-19 00:50 | アフタヌーンティー

軽井沢・プリンスショッピングプラザ

ほんの少し立ち寄ってみるだけのつもりが、結局すっかり長居してしまったアウトレット、軽井沢・プリンスショッピングプラザ
f0059671_22461896.jpg全部で約200店舗の店が、広い芝生の広場と池を挟んで、西側と東側の地区に分かれて構成されている超大型ショッピングモールです。
まだ工事中の所もあったので、これからさらに拡大するようです。
1店舗あたりの面積が広く、全体にゆったりしたつくりなのは、地方のアウトレットならでは。

まずは駅から近いイーストとニューイーストのお店から。
こちらはスポーツ用品、アウトドア関係のお店が多くて、普段の私にはあまり縁のないところですが、今回は翌日にハイキングもすることだし、MKちゃんはこういうの好きだから、結構じっくり見てまわりました。

ウロウロしていて気がついたんですが、このアウトレットは犬連れが非常に多いのです。
軽井沢はペットOKのお店や宿もあるようだし、緑も多いし、ペット連れにはうってつけの場所です。

アウトドア以外の普通のお店もたくさんあって、1軒ずつじっくり見ているうちにあっというまに午後になってしまって、とりあえず昼食。

f0059671_22464335.jpgアウトレット内の「レストラン アーティチョーク」に入りました。
池に面した、なかなか居心地の良いお店です。

ランチはメインディッシュが鶏肉のコース(2000円)と豚スペアリブのコース(2500円)の2種類があったのですが、どっちのほうが量が多いかで真剣に悩む女二人。
(もちろん、多い方を選びたい。 笑)
「リブってことは骨の分、きっと鶏肉より量が少ないよね」「う~ん、鶏肉にして、安い分、デザートを食べるか・・・」
f0059671_2249211.jpg結局、どちらが多いかMKちゃんが店員に聞いてくれたんですが、店員も食べたことがなくて分からないとのこと。
まあ、こんなアホな質問をする客もそうはいないだろう(汗)
で、悩みに悩んだ末に、二人ともリブで落ち着きました。

でも、こういう下らないことを気取らず悩める間柄というのは気楽でいいものです。
なにしろ、12の時からのつきあいですからね。宿泊先の部屋でも、下着1枚でウロウロ、荷物もぐちゃぐちゃ散らかし放題でもお互い全然気にならない。(私だけがそう思ってたりして・・・)

f0059671_22481663.jpgf0059671_22482927.jpg

スープと食べ放題のパン、メイン、コーヒー。
お肉の量も心配するには及ばず、ボリュームもあって、味も香辛料がきいていて美味でした。

さて、のんびり昼食を取った後、フロアガイドを確認したところ、実はまだ西側の店を全然見ていないことが判明して、こっちを見ないでサイクリングをするかどうするか迷ったんですが、「せっかく来たから、やっぱりちょっとだけ見たい・・よね?」ということで意見が一致。
ここでも、まだ一応ちょっとだけと言いつつ、既に時計は2時半をまわっているし、サイクリングはまたの機会ということで、買い物に専念することにしました。

ニューウェスト、ウェストの方が一般的な服のお店が多いせいか、イーストよりもややお客さんも多め。
これだけあると、一日ではとても見切れません。本気でじっくり買い物するつもりなら泊りがけで2日間は必要かと思います。

あと30分でKちゃん夫婦が到着すると聞いて、それまでのんびり、じっくり物色していたのが、急に気持ちが焦りだしてしまいました。
既にMKちゃんは水着や服やら何点か購入しているのに、私はまだ何も買ってない!
といっても、別に買わなきゃいけない義務があるわけでもないのに(笑)、何かしら買わないと気がすまなくなってくるんですよね・・・

で、その場で目に付いた紫色のロングカーディガンをひっつかんで、ささっと試着して、即決。なんか似たようなのを持っていた気もするけどまあいいや!
結局いつも紫とか黒とか似たような色を選んじゃうんですよね。
これまで、さんざん物色していたのはなんだったのか・・・(苦笑)
MKちゃんも駆け込み購入。

その後、Kちゃん夫妻が私達のいる店まで来てくれて合流してから、Timberlandで翌日のハイキングに良さそうなリバーシブルのライナージャケットを購入しました。
これも紫と黒ですが、アウトドア系の上着はあまり着たことがないので、目新しい感じです。山だけでなく一応、街中でも着られそうなのが、購入の決め手。

アウトドア用の服や靴は今まで全く知らなかった、というか関心の無かった領域でしたが、機能面で色々優れたところがあるようだし、デザインも中には街で着てもOKなものがあったりして、みんなと一緒にお店めぐりをしたおかげでちょっと興味が湧いてきました。

というわけで、1日目はアウトレット買い物デーとなりました^^;
[PR]
by icewine5 | 2008-10-18 22:55 | 旅の思い出:国内

カノッサ「秋の特別講習」 タイヤ幕藩体制と海外列強の展開

久々にテレビの話題です。

new雑記帳2のrukoさんがご紹介くださっていた「カノッサ秋の特別講習」。
なんだか面白そうなので、録画してみました。
10数年前にもやっていたそうで、もしかしたら知らずに見たことがあるかもしれませんが、覚えがありません。

早速見てみたところ、これ、面白い~!こういうの好きです。
大爆笑するというより、思わず「ニヤッ」「クスッ」としてしまう味のある面白さ。
ゴールデンタイムに、お笑い芸人やお馬鹿タレントとやらが面白くもない話で馬鹿笑いしている番組を流すぐらいなら、こういう番組の方がずっと楽しいのになんで深夜なのか、もったいないです。

内容は、タイヤメーカー大手のブリヂストンを中心に競合会社や関連する自動車メーカーの相関関係、商品市場動向の歴史を、日本の古代から現代までの歴史になぞらえて、面白おかしく解説した番組です。

「戦国るま時代」、「ミシュ蘭人の到来」、夏目漱石の「我輩はエコである」、坪内逍遥の「省エネ真髄」とか、RV車の「四輪平等」とか・・・
駄洒落がめちゃくちゃ馬鹿ばかしいのだけど、思わず「うまい!」と唸ってしまいました。
馬鹿ばかしいといっても、お笑い芸人の無意味な言葉遊びの馬鹿ばかしさとは方向が違って、ちゃんと歴史的なツボを押さえているから、辻褄も合っていて面白い。
「後部座席合体運動」と五街道の整備は、順番が違うと思ったけど(笑)

駄洒落の効いた時代の命名も面白いのだけど、それぞれの時代を説明する挿絵も笑っちゃいました。
バブル時代の外車ブームで踊る男女の姿が鹿鳴館時代の絵画を模していて、違うのはスカート丈がミニなところ。鹿鳴館時代の扇子がジュリ扇に見えてしまうのもイイです。
「ミシュ蘭人」が聖書ならぬミシュランガイドを手にしているのも笑えた!

ただ、「タイヤ封建制度」の最下層に位置づけられた女性が、一貫してあくまで助手席に乗せてもらって彼氏にデートに連れて行ってもらう存在として位置づけられている点とタイヤが薄くなった理由に対する女性の関わり方には、正直、異論があります(笑)
だいたい、私の母親なんかは、1960年代、大学入学と同時に待ってましたとばかりに免許とって運転しまくってましたよ~。ましてや、80年代にもなれば女性でも当たり前のように自分で運転してるでしょ?
ま、これはあくまでも楽しいパロディ番組。これ以上、野暮な事は言いません^^;

過去の放送分もちょっと見てみたくなりました。
[PR]
by icewine5 | 2008-10-17 23:25 | テレビ(ドラマ以外)

ハイキング&軽井沢アウトレット

旅記録がどれもこれも中途半端な状態ですが、相変わらず更新している時間がありません。書きたいネタは色々とあるんですが・・・

さて、この3連休はKちゃん夫婦のお誘いで軽井沢&周辺の山をハイキングしてきました。
f0059671_2261270.jpg

登山が趣味のKちゃんのダンナさんには車の運転からハイキング指南までしていただき、宿泊先もKちゃん夫の会社の保養所。これが素敵なところで、Kちゃん夫婦にはお世話になりっぱなしでした。
まだ新婚ホヤホヤなところ、MKちゃんと私も同行させてもらって感謝!

高野山の女人道以来、久々のハイキングでストレス発散、紅葉も美しく、山の空気も清々しく健康的な旅でした。

以下、軽くおさらいです。
1日目:軽井沢のアウトレットで買い物です。
MKちゃんと私は新幹線で軽井沢へ。
軽井沢には子供の頃に何度か車で訪れたことがありますが、新幹線は初めて。
東京から1時間ちょっとで到着とは便利になったものです。
f0059671_227119.jpg

車で来るKちゃん夫婦とは夕方落ち合うことになっていたので、それまで二人で軽井沢をサイクリングしようと計画してたのですが・・・。
その前に駅前のアウトレットに「ちょっとだけ行ってみる?」と寄ったのが運命の分かれ道。まあ、買い物に来て、ほんのちょっとで済むはずがない(笑)
結局、この日は夕方までアウトレットをうろついてしまいました^^;

2日目:妙義山
f0059671_2271962.jpg
Kちゃんダンナさんの運転で群馬県の妙義山へ。
日本三大奇勝の1つだそうで、ごつごつした奇岩が印象的な山でした。
f0059671_2273754.jpg
ハイキングコースは上級者から初級者までいくつかコースがあるので、あまり本格的な登山経験の無い私でも軽く行くことができました。

3日目:白駒池
f0059671_227563.jpg

泊まらせてもらった保養所の居心地がよくて、朝はのんびり寛いでしまって、出発したのはお昼過ぎ。
この日も車に同乗させてもらって、紅葉がピークの白駒池の周辺を散策しました。
湖面に紅葉した木々が映し出されて、まさに絵葉書のような景色でした。
私にもうちょっと写真技術があればな~

3日間、素晴らしい晴天で絶好の行楽日和の中、気の置けない友達とワイワイ。何よりも贅沢な時間を過ごすことができました。

詳しくは別途エントリーで。
あ~、去年と今年のドイツも夏の高野山もまだ途中・・・
[PR]
by icewine5 | 2008-10-17 02:31 | 旅の思い出:国内

夏の旅(その7):高野山:宿坊(恵光院)

旅の3日目からは高野山です。
今回の旅の一番の目的は、以前のエントリーにも書いたように、1泊2日の阿字観合宿に参加することでした。
高野山そのものには3泊4日滞在したので、合宿の前後の2泊は、それぞれ別の宿坊を予約することにしました。

f0059671_1401483.jpg高野山には50件以上の宿坊があり、一体どこを選べばいいのか、初めての場合は本当に迷ってしまいます。
ガイドブックや宿坊組合のHPなどを参考に、値段、料理、宿泊施設としての設備、阿字観や写経の有無などを基準に1泊目は比較的安めの恵光院、最後の日は少し高めの福智院に決めました。

この2つに泊まってみて分かったんですが、宿坊の場合、必ずしも値段と内容の良さは比例しないということです。
宿泊費だけみれば、恵光院の方が福智院よりも約7,000円安かったにも関わらず、満足度は恵光院の方が断然高かったです。

f0059671_148421.jpgまずは1泊目の恵光院の感想です。
毎朝行われる護摩祈祷に参加できることや、高野山で唯一阿字観道場があるというのが申し込みの決め手となりました。
正直なところ、値段も他の宿坊に比べて安いし、食事や部屋からの眺めの良さなどは全く期待していなかったのですが、これが思った以上にずっと良かったのは嬉しい誤算でした。


f0059671_1404311.jpg通されたのは二方面に窓があって、縁側、床の間もちゃんとついている広々とした部屋。
昔ながらの窓に障子、床やたたみの軋み具合が、昔住んでいた家の母屋を思い起こさせて、ちょっと懐かしい。

f0059671_141645.jpgf0059671_1411888.jpg

部屋からの景色も庭がよく見渡せて、とても落ち着けます。あまり手入れされ過ぎていないのも、かえって自然の情緒が感じられていいです。
今はビルの谷間に住んでいますが、子供の頃は、毎日庭を見て、そこで遊んで育ちました。
もちろん、こんな広くて立派な庭ではありませんが、夏みかんや桜の木々、色んな形の庭石、小さな池、ブランコ、・・・そこで遊んだ楽しい記憶とともに家の庭は私の原風景となっています。
なので、たまにこんな風に部屋から木々を見ると、心が心底ホッとするし、いかに自然の緑に自分が飢えていたかを感じます。

f0059671_1413779.jpgお楽しみの精進料理の夕食は午後5時半から。
料理は部屋までお坊さんが運んできてくれました。
この食事の上げ下げをはじめ、布団の準備などお世話をしてくださるのは、お坊さん。一般の旅館みたいに必要以上にお愛想を振りまいたりもしないかわりに、不親切でもなく、節度ある接待は気持ちの良いものでした。

二の膳の精進料理は、肉や魚を使っていないので、大変ヘルシーです。
ちょっと少なめに見えますが、大食いの私でもこれで充分お腹いっぱいになる量でした。

f0059671_1421583.jpgというのも、御飯がこの通り、お櫃に結構あったから。
全部で茶碗3杯分ぐらいはあったと思いますが、もちろん、これも全部平らげました♪

f0059671_143444.jpgf0059671_1431923.jpg

お膳ごとにもう少しアップで撮ったのが上の写真。
もちろん、肉や魚は一切無し。天ぷらも野菜だけだし、お造りのかわりにワカメとなぜかパイナップル!定番の胡麻豆腐はとろ~り、美味でした。
自他共にみとめる大食いの私ですが、普段なら肉類無しで、御飯を3杯も食べるなんて、ありえないのに、動物性のものがなくても、こんなに美味しく食べられるのはさすが精進料理です!本当に御飯がうまい!
般若湯もほどよく回ってきてほろ酔いの良い気分・・・

More
[PR]
by icewine5 | 2008-10-01 02:01 | 旅の思い出:国内