晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ジャクリーヌ・デュ・プレ

店頭で安さに惹かれて買ったCD。
世紀のビッグ・カップル、ジャクリーヌ・デュ・プレとダニエル・バレンボイム夫婦(だったと言うべきか・・)によるブラームスのチェロ・ソナタ第一番と第二番です。

ブラームス:チェロ・ソナタ第1番&第2番

デュ・プレ(ジャクリーヌ) / EMIミュージック・ジャパン

スコア:


ジャクリーヌ・デュ・プレは本当に大好きなチェリストです。
彼女の奏でるエルガーのチェロ協奏曲はもちろん、サン・サーンスやシューマンの協奏曲も本当に素晴らしい。

伝説のチェリスト・ジャクリーヌ・デュ・プレ

デュ・プレ(ジャクリーヌ) / EMIミュージック・ジャパン


特に良いのはやっぱり夫婦で演奏した作品。ショパンやフランクのソナタは昔からしょっちゅう聴いています。

ショパン&フランク : チェロ・ソナタ集

デュ・プレ(ジャクリーヌ) / EMIミュージック・ジャパン

スコア:

ブラームスのソナタも情緒たっぷり、心を揺さぶられる演奏でした。

バレンボイムが自伝か対談?だったかで、デュ・プレのことを「たいていの演奏家は人間がたまたま音楽を演奏しているように見えるが、ジャッキーは音楽家がたまたま人間の姿をしているようだった」といった意味の事を言っていて、なるほどな~と思ったことがあります。

ただ、CDジャケットでは、仲良くツーショットで幸せそうな笑顔を見せているジャクリーヌですが、その後の二人の関係、彼女と姉夫婦との葛藤を思うと、笑顔であるが故に余計に痛ましい気持ちになります。

痛ましいといえば、ジャクリーヌの姉と弟が書いた「風のジャクリーヌ」を元にした映画「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」が1999年に公開(日本では2000年)されましたが、あれは非常に衝撃的でした。

ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ デラックス版 [DVD]

パイオニアLDC

スコア:


この映画は、イギリスではかなり批判もあったそうですが、エミリー・ワトソン演じるジャクリーヌは本人が乗り移ったんじゃないかと思うぐらいの熱演で印象に残っています。
多発性硬化症に犯され、チェロを弾けなくなったジャクリーヌがパリにいるバレンボイムとの電話の最中に赤ちゃんの声が聞こえてきたことで、彼が既に別の家庭を持っていたことを知って絶望するシーン。
バックにかかっていたエルガーのチェロ協奏曲はあまりにも辛すぎました。
バレンボイムご本人はあの映画を見たんだろうか?

バレンボイムといえば、今度、ミラノスカラ座来日公演のアイーダで指揮をとりますね。
ものすご~く行きたいのですが、値段が庶民をバカにしているとしか思えない!
S席67,000円って(涙)。近場の海外旅行が1回できてしまう値段です。
F席でも15,000円。この末席あたりでもいいのでチケット取りたいのですが、きっとすごい競争率なんだろうな・・・
とりあえず、チケットぴあのプレリザーブ手続きしなくては!
[PR]
by icewine5 | 2009-02-28 02:22 | 音楽

再び長岡へ

先日、再び長岡に行く機会があり、ご当地B級グルメ「イタリアン」を食べてきました!
駅ビル内にある「フレンド」
テイクアウトのお店なので、あきらめかけたのですが、向かいのうどん・たこ焼き屋が、一品頼めば、他の店から持ち込んでも構わないとのことだったので、おにぎりだけ買って、無事、食べることができました。

f0059671_2347166.jpgイタリアンというからには、ミートソースの味が全面で出ているのかと思っていたのですが、実際食べてみたところ、思っていたほどミートソースっぽくなく、焼きそばの亜流といった感じです。
麺は焼きそばにしては太いので、限りなく焼きそばに近い食べ物といったところでしょうか(笑)

味は、結構美味しいです。私の味覚だとたいていの食べ物を美味しく感じてしまうのですが・・・
空腹の時にとにかくがつがつ食べるには良さそうです。
フライドチキンやラーメン、ハンバーグなどカロリーの高いB級グルメは、なぜか無性に食べたくなることが時々ありますが、「イタリアン」も私の分類ではその系統。
ただ、全国展開はさすがに厳しいかなと思いました。

f0059671_23474749.jpgf0059671_2348048.jpg

こちらは、夜食に行った居酒屋。
やはりこのあたりはお酒と魚介類が美味しいですね~。
長岡の地酒、吉乃川と、とりあえず旬?の景虎を試してみました。

さて、今回、目的地に向かう途中、取引先の方が山古志村を廻ってくださいました。
墨で描かれた日本画のような景色です。
f0059671_23465613.jpgこの地域は道路もすっかり整備され、4年前に震災があったとは思えないほどの再生ぶりですが、立て替えられた復興住宅だけが新しくて景色から浮き出しているような感じがしました。

震災の傷跡として、水没した民家がそのまま残っている場所にも寄っていただきました。
さすがに、その写真を載せるのは憚られますが、震災後、よくマスコミでも報道された家々です。
水没した民家にお住まいだった方々はそれぞれ別の場所に新しい住宅を建てられたそうですが、いまだにかつての我が家が震災の傷跡として残っているのを目の当たりにする気持ちを思うと、痛ましいです。
[PR]
by icewine5 | 2009-02-26 23:49 | 旅の思い出:国内

東京ディズニーランドホテル「ドリーマーズラウンジ」のアフタヌーンティー

f0059671_01884.jpg昨年11月末に訪れて、そのボリュームに感激した東京ディズニーランドホテルのアフタヌーンティに再び行ってきました。
先月もご一緒したblaksumurさん、1年ぶりにお会いするMちゃんと、今回もたっぷり4時間半、美味しいお茶にお菓子にお喋りにと楽しい時間を過ごすことができました。


f0059671_013236.jpgこちらのアフタヌーンティーの場合、2時からお茶の提供があり、食事の方は2時30分からとなります。
前回、2時少し前に行った時には、名前を先に告げて番号札をもらって待つシステムで、その後来たお客さんは少し待たされていたようでした。
なので、今回も余裕をもって早めに行ったところ、それほど混雑していないので、2時に入り口に行けばOKと言われ、ちょっと拍子抜けしました。
やっぱりクリスマスシーズンに比べるとお客さんも少なく落ち着いた感じでした。

天井が高くてゆったり。隣のテーブルとの距離も離れているので、周囲の会話が気になることもなく、このホテルも大変居心地が良いです。


f0059671_01551.jpgお茶は前回よりもレベルアップしていました。
種類の変更不可でおかわり自由というのは同じですが、前回、ティーバッグだったのが、今回はちゃんと茶葉が入ってました。
ティーポットもすっかり変わって、とってもユニーク。どうも蚊遣り豚のように見えて仕方ない(笑)。
3分間蒸らす間はこの写真のように横向きに置き、カップに注ぐときはこれを縦にします。
蓋が斜めについているので、落ちないように手を添えるなど、扱いには注意が必要です。

お茶はお店お勧めのゴールデンアッサムティにしました。

f0059671_021411.jpg蓋をあけて見るとこんな感じ。
ポットの中が2階建て(屋根裏部屋 笑)みたいになっていて、上の部分に茶葉が入ってます。
単に面白い構造だな~と思っていただけで、こうなっている意味をちっとも考えていなかったのですが、先ほど、blaksumurさんのブログを拝見して、これ以上、お茶が濃くならないためだった事に気づきました。


f0059671_023231.jpgようやくお待ちかねの三段トレイがきました!写真は一人分です。
食べ物に関しては前回と同じく、三段トレイ+デザート盛り合わせプレートがドーンくる、という甘いもの好きにはとっても嬉しいものでした。
このボリューム感をMちゃんには事前にお伝えし忘れていたせいで、彼女はお昼御飯を食べてきたとのこと。ちょっと申し訳ないことをしてしまいました。
これだけだったら、他のホテルとそんなに変わりません。Mちゃん「これだったら、余裕で大丈夫♪」と言ってましたが、実はこの後、まだ来るんですよ~。
まあ、アフタヌーンティーのために昼抜きで気合を入れてきた自分もどうかと思うんですが^^;


f0059671_03594.jpg下段からサンドイッチ。
そんなに珍しいものはありませんが、どの具もおいしく、パンもほどよくしっとりしていました。


f0059671_041120.jpg中段はスコーン。
プレーンとハーブの入ったものの2種類。
クリームとジャムがちょっと少ないのが難点でした。前に行った時の写真と比較してみたところ、ジャムの量が半分ぐらいに減っていました。
これまで使い切らないお客さんが結構いたのかも。
ただ、私の場合、この量だと2つ目のスコーンの時にはジャムがつけられませんでした。


f0059671_042457.jpg上段はデザート。
この後、デザートはまだドカンと来るので、ここはちょっと控えめです。
豆乳ムースも苺タルトも美味。


f0059671_04446.jpg二人に言われて気がついたのですが、実は豆乳ムースの表面がミッキーになっていました♪
こういうところはディズニーのホテルらしいですね。


f0059671_05511.jpg真打の登場です(笑)
甘いもの大好きな私は、もうこれを見るだけで幸せです。
クレームブリュレ、アイスクリーム、オペラ、マカロン、マドレーヌ、モンブラン、シュークリーム、ショートケーキ、ゼリー・・・
もちろん、完食です!
Mちゃんは最後の数種類のところでギブアップしてましたが、お昼を食べてこれだけいけちゃうんだから、ものすごーくスレンダーなのに素晴らしいです。

今回も気がついたら日が暮れていました。
美味しいお茶とお菓子があれば、本当に何時間でもお喋りできてしまいますね~。
これだからアフタヌーンティーはやめられません。
次もどこに行くか楽しみです。
[PR]
by icewine5 | 2009-02-23 00:07 | アフタヌーンティー

グリル木村屋

先週末、買い物ついでに銀座のグリル木村屋に行きました。
銀座本店は1階がベーカリーショップ、2階から4階までがレストランになっていて、階が上になるほどレストランの格も高くなるという分かりやすい構造になっています。
私達が行ったのは3階のグリル木村屋。
ハンバーグやカツレツなど昔ながらの洋食を比較的良心的な値段で提供しています。

ここの良いところは、なんといってもパン食べ放題な点♪
木村屋といえば、あんぱんですが、それ以外の食パンやフランスパンも色々あります。
グリル木村屋では、一品頼むと自動的にパン食べ放題がついていて、数種類のパンが入った籠をもったお姉さんがテーブルを頻繁にまわってきてくれます。

f0059671_046286.jpg最初に頼んだのが、この3種。
ナッツの入った食パン、人参の入った食パン、ふわふわの白パンなどなど。どれもふんわりと柔らかいパンで、固いパンがあまり好きではない私にとっては嬉しい品揃えでした。
この写真以外にも何種類かあって、全部で5種類ぐらいだったかな。
時間帯によって少しずつ異なるようです。


f0059671_0461495.jpg料理の方はビーフカツレツ。
カロリーオーバーだとは思いつつも、普段、家では作らないものを頼んでみました。
これだけでもボリュームが結構あるのに、美味しいパンが食べ放題なものだから、ついついおかわりしてしまって、完全に食べすぎです(汗)

お昼の時間としてはちょっと早めの11時半頃に行ったので、全く待たずにすみましたが、ゆっくりたっぷり食べ終わってレストランを出る頃には、複数のお客さんが並んでいました。
結構人気があるようです。
銀座で買い物時の昼食には手頃なお店だと思いました。
[PR]
by icewine5 | 2009-02-22 00:48 | レストラン

新潟県へ

やっと週末です。
今週は久々に出張があったりして、バタバタしていました。
旅行とは違ってリラックスはできませんが、普段、延々とデスクワーク残業続きなので、たまには良い気分転換になります。
行き先は新潟県。
学生時代、巡検の授業で佐渡島に行く際、新潟市を通過した事があるだけで、新潟本土?はほほ初めてです。
あの時は新宿から夜行列車で一晩かけて行ったので、随分遠いところまで来たような感覚がありましたが、今回は上越新幹線で目的地の長岡駅まで、約1時間40分。
大阪・京都に行くよりも近いのがなんだか意外でした。

乗り慣れた東海道新幹線と違って、上越新幹線は日本列島の肋骨部分を横断するため、とにかくトンネルが多いです。
まさに「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」を体験!
越後湯沢駅に向かうあたりのトンネルを過ぎたところで、雪に覆われた山々が出現しました。
f0059671_2239426.jpgf0059671_22395664.jpg

長岡で落ち合った取引先の方の話しによると、今年は例年に無く暖かで、スキー場は別にして、市街地については前日まで全く雪が積もっていなかったそうです。
せっかく冬の北陸に来たんだから、やはり雪景色を見ることができて良かったです。
あ~、久しぶりスキーもしてみたいな・・・
f0059671_22401349.jpg長岡駅では、今年の大河ドラマ「天地人」にちなんだ展示がありました。このドラマ、私は3回目で脱落してしまいました(^^ゞ

ところで、これも教えてもらって初めて知ったのですが、新潟には地元限定B級グルメの「イタリアン」なるものがあるんですね。
焼きそばの上にスパゲティミートソースがかかってるんだとか。
それを提供しているお店が「みかづき」「フレンド」の2つのチェーン店なんだそうです。
長岡駅の駅ビルに入っているのは「フレンド」。
お店のHPを見てみたところ、色どり的にはイマイチですが、結構いけそうな気がします。
その土地でしか味わえないとなると気になります。食べてみたいゾ!
今回は、時間がなくて行けませんでしたが、来週、もう一度行くので、その時、時間があれば、入ってみたいものです。
[PR]
by icewine5 | 2009-02-21 22:44 | 旅の思い出:国内

黒い色が好きな理由?

映画の感想を書いている時間と気力がないので、かわりに伯母バカ話。

今月末で3歳になる甥は、昨年秋にお兄ちゃんになったせいもあって、赤ちゃんぽさは大分抜けて、幼児らしい体型と顔つきになってきました。
ヤンチャぶりも相変わらず。
義妹が二番目の甥にかかりっきりなもんだから、上の甥はすっかりお父さん子になって、実家に遊びに来てもべったりくっついて戦いごっこなんかをして、弟にじゃれついています。

さて、この甥っこ、最近どうも黒い色が好きらしく、お正月に食事したときもホテルのロビーに色とりどりの風船があるのを見て「黒いふうせんもあるね~」と、やたらと黒色に反応していました。
家では、「○○くん、黒いおようふくがいいの」なんて言ったりもしているらしく、小さいのに渋い趣味だね~なんて笑っていたのですが、黒が好きな理由がわかりました。

義妹の話によると、最近は勧進帳の弁慶がお気に入りで、弁慶が黒い着物を着ているのを見て、黒が好きになったそうです。

歌舞伎名作撰 勧進帳 [DVD]

NHKエンタープライズ

相変わらずの歌舞伎好きで、歌舞伎っぽい踊りをして喜んだりしているそうですが、それにしても勧進帳の弁慶が好きとはねえ!
私には勧進帳をそこまで好きになる理由がさっぱり分かりませんが、幼児の目からみると弁慶はかっこよく映るんでしょう。
要するに「戦いごっこ」好きの幼児が戦隊ヒーローモノに憧れる心理の一種なんでしょうけど。

実家で弟夫婦が買い物に出ている間、甥とおばあちゃん(母)と一緒にお留守番をしていたときに「○○は勧進帳が好きなんだって?」と聞いてみたところ、面白い答えが返ってきました。

「弁慶と~♪義経のなかまたちが、戦うの!」

内容は分かってないだろうと見くびっていたら大間違い、ちゃんと筋も一応は知っているらしい!
多少は義妹や弟が説明してあげたんだろうけど、それにしてもちゃんと内容まで説明してくれるとは、もうびっくりです。

これがお受験ママの詰め込み教育ならかわいそうな話ですが、アウトドア系の弟夫婦は全くそんな事はしていないし、あくまでも子ども自身の自然な興味を尊重して、見せてあげているだけなんだから、本当に好きなんだと思います。
もちろん、絵本の読み聞かせは毎晩欠かさずしてもらっているらしいので、物語好きになる下地が基礎としてできているというのはあるかと思います。

しっかし、甥よ、勧進帳って、そんなに面白いの?(笑)
[PR]
by icewine5 | 2009-02-14 17:16 | 日々の雑談

ひたすらオマー・シャリフ三昧

全く不景気にも関わらず、忙しさだけは変わりません。今年も憂鬱な年度末の時期を迎えました。
で、こういう時に限ってその反動で、夜遅く帰ってから普段よりも真面目に料理作ってしまったり、夜中にシャワー浴びていて、床の汚れが気になってブラシでゴシゴシやりだしたり、別に今やらなくてもいい事をなぜかしてしまうんですよね。

で、極め付けが「アラビアのロレンス」です・・・

アラビアのロレンス 完全版 [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スコア:

結局、年末以来4回、映画館に観にいってしまいました。自分でも何やってるんだか・・・
お目当ては、もう何度も書いていてしつこいですが、オマー・シャリフ演じるアリ。
公開も今週で終わり。次に映画館で観られるのはいつのことになるのでしょう。
この余韻にひたるため、日々ビデオでオマー・シャリフ出演作とデビッド・リーン監督作品に浸る夜更かし生活を送っています。
f0059671_2171891.jpgf0059671_2172846.jpg

こちらは、映画館で買ったラクダのクッキー。ラクダってアップで見るとなかなか愛嬌のある顔をしています♪

あちこちブログ巡りをして映画レビューを読みましたが、やっぱり男女問わずオマー・シャリフのアリを評価していらっしゃる人が多いようで、自分の事のように嬉しいです(^^♪
「オマー・シャリフ演じるアリ首長がかっこいい」「痺れる」「美しい」「男らしい」「最高」「素晴らしい」などなど。
うんうん、分かります。あの映画を見たら、まず大抵の人はアリに惚れるよね。
美丈夫ってまさにこういう人の事だと思います。

デビッド・リーン監督は当時、欧米では無名の新人だったオマー・シャリフに「『アラビアのロレンス』が公開されたら、君は大スターになる。」と言ったそうですが、さすが名監督、見抜いてるなあと思いました。
どこの新聞記事か忘れましたが、この映画でロレンス役のピーター・オトゥールは主役の名声を得たが、オマー・シャリフはその人気を横取りしたといった趣旨の事が書かれていたのを読みました。
それぐらい、あの映画での彼の存在感は大きかったし、演技も素晴らしかったし、とにかく美しかった・・・

そのシャリフ出演作のうち、「ロレンス」「ドクトル・ジバゴ」「ファニー・ガール」「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」(←リアルタイムで観たのはこれだけ)といった代表作、それと「将軍たちの夜」「黄色いロールスロイス」などは昔、一通り見たので、それ以外の映画(本人が自分自身で言っているたくさんの「駄作」も含めて)を大人買いして楽しんでますw

とりあえず、今手元にあるのは・・・
ドクトル・ジバゴ

ドクトル・ジバゴ 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ

スコア:

「アラビアのロレンス」と並ぶシャリフの代表作。人気が本格的になったのはこの作品からのようです。

日曜日には鼠を殺せ

日曜日には鼠を殺せ [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スコア:

これは隠れた名作でした!

夕映え

夕映え [DVD]

東北新社

スコア:

スパイ映画としては面白い方かも。

華麗なる相続人

華麗なる相続人 [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

スコア:

見事に駄作でした(笑)キャストはとっても豪華なのに・・・

とりあえず、次エントリーで「ドクトル・ジバゴ」の感想を書くつもりです。
[PR]
by icewine5 | 2009-02-11 02:24 | 映画