晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

観劇予定の覚書

毎年のことながら、出張やら年度末仕事のバタバタが続いています。あと1ヶ月、なんとか乗り越えなくては!

さて、仕事は置いといて今年はいろいろ楽しみなコンサートがあります!
まず3月はパリ・オペラ座バレエ団来日公演
ルドルフ・ヌレエフ演出、プロコフィエフの「シンデレラ」を観劇予定です。実はこの演目は未見。おとぎ話のシンデレラを1930年代のハリウッドに置き換えた話だそうで王子様は映画スターなんだとか。
美しいエトワールたちのダンスで殺伐とした日常をほんのひと時忘れたいです。

もうひとつお楽しみのバレエ団の来日公演が6月にあります。
英国ロイヤルバレエ団来日公演。これは奮発しちゃいました!
2演目セット購入で、それぞれA席、B席それぞれ1,000円引になっても合計36,000円。お財布が軽くなるけど仕方ない。

バレエ作品の中では最愛のプロコフィエフ「ロミオとジュリエット」。ケネス・マクミラン振り付けのロミジュリを以前から観てみたくてようやく念願が叶います。

ケネス・マクミランのロミオとジュリエット [DVD]

ワーナーミュージック・ジャパン

吉田都さん出演日にするか迷いましたが、結局マリアネラ・ヌニェス出演の日にしました。これまでに観たノイマイヤーやラヴロフスキー版とどんなところが違うのかも気にしながら観てみたいと思います。

もう一つは同じくマクミラン振り付け、リストの「うたかたの恋」。
これもどうしても!どうしても!観たかったのでチケットが取れてホッとしています。

そして今年は「ショパン生誕200年」。
自分の中では久しぶりにジワジワとショパンがマイブームです。
色んな作家の作品に浮気してもやっぱり原点回帰というか定期的にショパンに戻ってくるんですよね。ブーニンブームとかも懐かしいです。ワルシャワにももう一度行きたい~~!

EMIミュージック・ジャパンが運営する「ショパン生誕200年記念特設サイト」にはコンサートやCD発売など気になる情報が出ていました。
その他にもあれこれチェックして、今後の要チェックイベントを覚書として整理してみました。

【CD】
つい最近購入したのがこれ。毎日リピートしてます♪
平野啓一郎による入魂のショパン・ガイド!『葬送 平野啓一郎が選ぶ”ショパンの真骨頂”』"

平野啓一郎プレゼンツ・ショパン「葬送」

オムニバス(クラシック) / EMIミュージックジャパン


曲目はどれもお馴染みのものばかりだし、CDも沢山持ってるけど、こちらはマウリツィオ・ポリーニ、サンソン・フランソワ、ダニエル・バレンボイム、アルフレッド・コルトー、ジョルジ・シフラなどお気に入りのピアニストの演奏なので、持っていてもいいかなと思いました。
ブーニンやフジコ・ヘミングが入っていなかったというのも購入契機の1つ。

で、さすがショパン通の平野さんの選んだものだと思ったのが、ピョートル・アンデルシェフスキというピアニスト。私自身は全然知らなかったのですが、すごく良い感じなのです。
用事をしながら聞き流していて、思わずこの人の演奏するバラード第4番では聞き入ってしまいました。
比較的ゆったりしたテンポでショパンにしては重たさを感じるような演奏だけど、それがとても丁寧で情感がこもっているように思いました。
平野氏での解説でも「今回の企画で、私は遅ればせながら彼を発見した。」「非常に丁寧に、しかも懐の深い演奏をしている」と書かれています。

「永遠のショパン」も気になったけど、演奏者にブーニンが入っていたのでパスしました。この人の演奏はあまり自分の好みではないんで。

永遠のショパン

オムニバス(クラシック) / EMIミュージックジャパン



同じ企画の続きでショパンの「ラスト・コンサート in Paris」(仮)も4月に発売されるそうで、これもきっと買っちゃうんだろうな。

【コンサート】
コンサートでは、ゴールデンウィークに開催されるラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」(2010年4月28日(水)〜5月4日(火・祝)
テーマは「ショパンの宇宙」。トップページの現代風?ショパンの絵が笑えます^^;
これはチケット代が安いのが嬉しいけど、その分、あれこれ行って結局、散財してしまいそう・・・

タイムテーブルの各会場名にフォンタナ、ドラクロワ、ジョルジュ・サンド、ヴィアルド、グジマワなど、ショパンとゆかりの人物の名前が使われているのが面白いです。

【展覧会】
最後に展覧会。
民音音楽博物館で「ショパン生誕200年展」 を開催中(1/1~7/11)。
ショパンが使ったのと同じ型の1837年製プレイエルのピアノや直筆の楽譜複製などが展示されるようです。
これも行かなくては!
[PR]
by icewine5 | 2010-02-28 00:58 | 観劇・音楽鑑賞・博物館

igrek MARUNOUCHI

先月末の週末は恒例、会社のKさんとの憂さ晴らし会でした。
お開きの時間が午前2時、2時半と毎回少しずつ遅くなっていますが、今回はとうとう朝帰りになってしまいました。いや~、始発で帰るのって何年ぶりだろう(笑)。
会社を出たのが20時30分頃で食事を始めたのが21時からと、いつもよりもちょっと遅かったというのもありますが、約8時間もひたすら会社ネタだけでなんでこれほど盛り上がるのか自分でも不思議です。
私もKさんも仕事のストレスが相当たまりまくってるんだなあと実感します。
「終業の18時ぴったりにタイムカードを押す!というのを一度やってみたいですよね・・・」というのが今の私達のささやかな願い。非現実的な願望とはいえ、このぐらいの夢はみたいものです。

この日のレストランは新丸ビルのフレンチダイニングレストランigrek MARUNOUCHIです。
いつものことながら手っ取り早くコース料理を注文。メニュー“エム”(¥4,830)です。


f0059671_169564.jpgアミューズ・ブーシュ
色んな実のつまったパンをテリーヌを一緒にいただきます。


f0059671_16101261.jpg赤ワインでお疲れ様の乾杯です。
この日はちょっと遅かったこともあってボトルは頼まずグラスでおかわりすることにしました。


f0059671_16102752.jpgじっくりマリネしたサーモン アネットとクミンの香り 甘酸っぱいイチゴのヴィネグレット パングリエを添えて
これもパンと一緒に食べるタイプ。サーモンがたっぷりあるのが空腹の胃には嬉しいです。苺とサーモンという組み合わせも面白い。


f0059671_16104184.jpgパンはちょっと小ぶりで、形がユニーク。
どちらもりとカリッとした風合いでした。


f0059671_16105535.jpgメインはポーク。詳細な名前は不明。少し甘みのあるジューシーなお肉で美味しかったです。


f0059671_16132279.jpgおかわりのパンが最初とは種類の違うパンだったのは良かったです。こちらはふんわり系。


f0059671_16111078.jpg本日のデザート
あっさりしたムース風のものとバニラアイスの組み合わせ。まあ可も無く不可もなくといったところでしょうか。
お客さんが多いからあまり手の混んだデザートを用意するのは難しいのでしょうけれど、いかにも大量につくりおきできるタイプのデザートだと思いました。


f0059671_16112540.jpg食後のコーヒー
この間も怒涛のおしゃべり&食事タイムも一段落。これでようやく一息つけました。
もちろんまだ喋り足りないので今度はノンビリ、ウダウダおしゃべりするためにお店を移ることにしました。
この時点では今日こそ終電で帰ろうと思ってたんですけどね・・・


f0059671_16115069.jpg2軒目は同じ新丸ビル内の蒸料理専門店MUSMUS
普通の食事もできて、深夜営業でお酒も飲めるとても便利なお店でした。この種の深夜営業店にありがちな薄暗い空間に騒々しい音楽がかかっているような雰囲気ではなく、BGMは非常に控えめ、照明も蛍光灯っぽい明るい食堂風なので、居心地が良くつい時間が経つのを忘れてしまいました。

先ほどは赤ワインだったので今度は日本酒。
私の注文したのは純米酒の西陣。とっくりの形がユニークです。


f0059671_161216100.jpg酒の肴に蒸し豚とキムチの蒸しキャベツ巻き。
さきほどフレンチでお腹いっぱいになったはずなのに、料理の種類が変わるとまた食べられちゃうんですよね。

これでまた数時間ウダウダしているうちに気がついたらお客さんが誰もいなくなっていた!
この時点で午前3時過ぎ。
私はいざとなったら歩いて帰るつもりだけど、Kさんはタクシーじゃないと無理な距離。とはいえ、この時間だとあと数時間で始発の電車に乗れるしタクシー代を出すのはもったいないということで、明け方まで空いているお店を探そうと、東京駅周辺を彷徨いました。

で、見つけました!
楽市 八重洲店が朝5時まで開いていました!ここでココナッツアイスクリームと緑茶を飲んで始発まで時間潰し。こんな時間にアイス食べて、めちゃくちゃ不健康な一日です(笑)。
でも、散々愚痴って気持ちはすっきり。今読んでいる某カ○ツマさんは「愚痴らない」が信条のようですが、やっぱり愚痴って鬱憤晴らしをすることは絶対必要だと思うのです。

家に帰ったのが朝5時半。この日は結局夕方5時半まで爆睡、その後、スポーツクラブで1,000m泳いでサウナで汗出してさらにすっきり。
食べて喋って運動して、きれいさっぱりデトックスした週末でした。
[PR]
by icewine5 | 2010-02-14 16:18 | レストラン

読書記録(その2)

前記事に続き、今後読む予定の本。
まずは坂の上の雲8巻までと読みかけの本を読み終えるのが目標なので新しい本にいきつくのはまだまだ先になりそうですが・・・

梅原猛「塔」(上・下)

塔 (上) (集英社文庫)

梅原 猛 / 集英社

亡くなった祖父の本棚からもらってきた本。
奈良のお寺や仏教に詳しかった祖父の本棚にはこの種の本が沢山ありました。ところどころに線が引かれていたり、間に飛鳥仏に関する古い新聞記事の切り抜きが挟まっていたりして、いまさらながら祖父が関心を持っていたことの跡を追ってみたくなりました。

石森久雄「ETF(上場投資信託)の授業」

ETF(上場投資信託)の授業

石森 久雄 / 中経出版

マンションのローン支払いで今はなかなか貯蓄が難しいですが、そろそろ老後を考えて蓄財もしなくては!ということで、お金の運用方法が気になっています。
本当は株をやりたいのだけど、忙しい会社員には時間的に厳しいので、以前、会社の上司に勧められたETFを本格的にやってみようかなと思ったりしています。
株に関しては、亡くなった祖母が運用上手で自分が子供の頃、いつも新聞の株式欄をチェックしていた姿を思い出します。今さら遅いけれど祖父にはもっと歴史や仏教やお寺のことを、祖母には投資ノウハウについて色々聞いておくんだった・・・

コンラート・ローレンツ「ソロモンの指輪-動物行動学入門-」

ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)

コンラート ローレンツ / 早川書房

佐藤優の「交渉術」で紹介されていた動物行動学についての入門書。人間も動物の一種なんだから確かに下手に心理学や啓発本を読むよりも動物の行動について知った方が行動の本質が分かるんですよね、きっと。

香山リカ「しがみつかない生き方」

しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)

香山 リカ / 幻冬舎

「断る力」を読んだらやっぱりこちらも読まないわけにはいかないでしょう^^;
カツマーVSカヤマーと面白おかしく騒がれているけれど、まあ、お二人とも自分自身や本の売り出し方、世間が何に注目するかを察知する能力に長けている点では共通しているように思います。

さて、これらを全部読み終わるのはいつ頃になるのかな。
[PR]
by icewine5 | 2010-02-13 23:31 | 読書

読書記録(その1)

昨年から今年に読んだ本の感想を書きたいと思いつつ、忙しさゆえにのんびり書いている余裕がありません。
本腰を入れて書こうとするとダラダラになってしまうので、ここ数ヶ月で読み終わった本とこれから読む本を簡単に整理してみました。

【読み終わった本】
佐藤優「交渉術」

交渉術

佐藤 優 / 文藝春秋

スコア:

書店で帯の宣伝文句に興味を引かれて購入。タイトルからするとノウハウ本のようですが、実際は著者の外務省時代の経験を記録したもので、とにかくこの人が役人の枠には収まりきらない規格外の人物だということが分かりました。鈴木宗男についてもマスコミで報道されていることとは全く違った視点で書かれていて、ちょっと見直しました。
物事を考える時はいつもデュアルな思考が必要だと実感。時間があればもうちょっと詳しい感想を書きたいところです。

山崎豊子「不毛地帯」

不毛地帯 (第1巻) (新潮文庫 (や-5-40))

山崎 豊子 / 新潮社

スコア:

山崎さんの小説はほとんど読みつくしたなかで、なぜか未読でした。テレビドラマが始まる前に読んでおこうと思い立ちました。他の作品同様、徹底した調査に基づいた山崎ワールドにすっかりはまり込んで一気読み。ただ、この人の描く恋愛はどうも肌に合わないというか女性のキャラクターが自分好みではなくて、読んでいてイラッとくることがあります。
でも話は本当に面白いのですよね。
年末年始にTちゃんとメールをやりとりしたときに偶然Tちゃんも山崎作品ファンだと知ってちょっと嬉しかったです。

【読みかけの本&時々読む本】
普段、細切れの時間しかないので、あちこちに読みかけの本があります。

司馬遼太郎「坂の上の雲」

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)

司馬 遼太郎 / 文藝春秋

スコア:

これは通勤電車用。年末のドラマを見て、原作を読んでみたくなりました。現在、1巻の後半、秋山好古のフランス留学時代のあたりです。やっぱり司馬作品は面白いです!

勝間和代「断る力」

断る力 (文春新書)

勝間 和代 / 文藝春秋

スコア:

これはトイレ用。
自分は世に言う「カツマー」では無いけれど、これだけ世間で注目を浴びているからには、どんな内容なのか知っておきたくて読んでみることにしました。軽く読み流せる感じで、ほぼ読み終わりつつあります。
この本と一緒に香山リカさんの「しがみつかない生き方」も買ったので、次に読む予定です。
「カツマーVSカヤマー」、すっかり広告戦略に踊らされています(苦笑)。

友松 圓諦「法句経講義」

法句経講義 (講談社学術文庫 533)

友松 圓諦 / 講談社

スコア:

これもトイレで時々読む用。自分自身への戒めとして、また、生き方指南として読んでいます。やっぱり私には人生教訓として、カツマー本より法句経の方が合っているみたいです。

「回想の小野アンナ」

回想の小野アンナ―日本のヴァイオリニストを育てて半世紀

音楽之友社

リビングルーム用。
以前、このブログでも書いたことのあるロシア人ヴァイオリニスト小野アンナさん(こちら)の家族や教え子たちによるアンナさんの思い出を集めたものです。彼女の生涯が気になって購入したもので、食事中や食後にパラパラめくっています。この前も書いたように、アンナさんの人生は映画か小説にしたらきっと面白いと思うんだけど・・

ここでちょっと余談。
小野アンナと小野ヨーコさんが血のつながりのない伯母と姪の間柄だというのは以前も書きましたが、その後さらにチェックしたところ、小野ヨーコさんと15代片岡仁左衛門さんが実は従兄弟同士の関係にあることを知ってかなりびっくり。
13代の仁左衛門が養子だったのも、実の父がヨーコさんの祖父である安田善三郎だったことも私が知らなかっただけで、歌舞伎に詳しい方なら当たり前の事実なのかな?

長くなったので、これから読む本については次のエントリーで。
[PR]
by icewine5 | 2010-02-12 00:15 | 読書

ブルガリ・イル・カフェ

コルテオ観劇後、表参道GYREのブルガリ・イル・カフェで食事しました。
カフェの入っているGYREは、できて間もない頃に気になって、ペローラ・アトランチカというポルトガル料理のレストランに行ったことがあり、それ以来この周辺に来た時はよく立ち寄っています。
といっても1階は高級ブランドブティックなので自分には全く縁無し。訪れるのは専ら地下1階の輸入食材なども扱うちょっとした食料品店で、その種の店が少ないこの界隈では重宝します。

イル・カフェは前から行きたかった店で以前も通りがかりに飛び込みで入ろうとしたところ、すでに数時間後まで満席のため断念したことがあるので、今回はしっかり予約しておきました。
昨年、銀座のブルガリ・イル・リストランテがとっても自分好みの味付けでボリュームもたっぷりだったので(感想はこちら)、こちらのカフェも楽しみでした。
もちろん、期待通り、予想を裏切らない美味しさと雰囲気で大満足!

今回はレストランを予約するにあたり、OZ mallのインターネットサイトで4,800円のプリフィクスディナー予約を利用しました。
これ、とってもお得です!結構お高い店のディナーを手頃な価格で予約できてしかも食事内容も充実していているのです。イル・カフェ以外にもまた色々良さそうなお店があるので、また利用したいと思っています。

f0059671_148288.jpg前菜盛り合わせ
3種類とも良かったですが、特に鴨のロースが気に入りました。スズキのカルパッチョも新鮮で美味しかった!


f0059671_1482137.jpgこのコースにはオリジナルカクテルが一人1杯ついています。オレンジのリキュール系で爽やか。飲みやすいカクテルでした。


f0059671_1483799.jpgイタリア産の栗とパルミジャーノチーズのリゾット
栗の味のリゾットというのが気になってこれにしました。
見た目はイマイチだけど、チーズの栗の甘さがとても良く合っていました。
銀座のレストランもかなりこってり系の味でしたが、やはりこちらも同じ系統で大好きです。


f0059671_148556.jpg自家製タリアテッレ ボローニャ風ラグーソース
もう1つのパスタはなんとなく味の予想がつくので選びませんでしたが、こちらも美味しそうでした。
意外とボリュームがあったようです。


f0059671_1493264.jpgパンは2種類。
パン籠は銀座の店と同じようなタイプです。
ほのかに塩味が効いているのも共通です。ただ、銀座で出されたパンの方がしっとり柔らかくて自分好みでした。これももちろん美味しかったのですけど。


f0059671_1495069.jpg岩中豚の白ワイン煮込み マスタード風味
メインは迷わず豚肉です。
これもしっかり濃い目の味がついていて、美味でした。お肉も食べ応えがあります。


f0059671_150465.jpg真鯛のオーブン焼 茄子のアラビアータ
こちらも良い味付けだったそうです。アラビアータと鯛って面白い組み合わせですね。


f0059671_1501770.jpg温かいフォンダンショコラ ヘーゼルナッツのアイスクリーム添え
スプーンを差し入れると、チョコがとろ~り。めちゃくちゃ美味いです!アイスクリームと一緒に食べると絶妙でした。


f0059671_1503183.jpgチーズデザート(3種)
こちらも変化に富んでいていい感じです。
う~ん、これも食べてみたかった・・・

食後のコーヒーで一息。
予約時間が早かったので、これからが夕食時で混んでくるのかと思ったら、お店に入った頃はほぼ満席だったのが、この頃にはかなり空いてきました。
日曜の夜だったというのもありますが、やはり本来はカフェだから夕方までの方がお客さんが多いのかもしれません。
どの料理も外れがなく、大変美味だったというわけで、お腹も心も大満足!また行きたいレストランです。
[PR]
by icewine5 | 2010-02-11 01:53 | レストラン

シルク・ドゥ・ソレイユ「コルテオ」

先月半ば、シルク・ドゥ・ソレイユ「コルテオ」の東京公演を原宿・新ビッグトップで観てきました。
舞浜に専用劇場が出来た頃から気になっていたものの、なかなか行く機会がなくて、観劇は今回初めて。
疎い私が存在を認識しだしたのはアレグリア、ドラリオンあたりからですが、公式HPを見たら、日本初公演は1992年で既に過去7作品もやっていたのですね。

国立代々木競技場オリンピックプラザにある原宿・新ビッグトップは円形の特設テントで仮設?っぽい建物なので、ロビーは狭いしトイレも場外の簡易トイレだったり、客席の椅子も硬いですが、舞台は360度どこからでも観劇できる構造になっていました。
ただ、そうは言っても舞台正面にあたる席の方が観やすいのは確かで、幸い私達の席はほぼ正面から観劇できる位置だったので前の人の頭が多少気になりましたが、あまりストレスなく舞台に集中することができました。

f0059671_15225818.jpgロビーにはダイハツのコペンのコルテオ仕様車が展示されていました。会場内の撮影は一切禁止なので、写真はこれだけ。

ちょうどお昼時なので、開演前に食事をする人たちでごった返していました。外部からの飲食物持込が禁止なのがちょっと面倒です。

内容については、ほとんど予備知識無しだし、パンフレットも買わなかったので、細かいストーリーや登場キャラクター、出演者のことはよく分かりませんでしたが、2時間たっぷり楽しめました。
10~15分前後の様々な演目が全部で10前後、途中30分の休憩を挟んで前半、後半それぞれ1時間の上演時間で行われます。
一応、全体を通したストーリーもあるようで、死を間近に迎えた男性のところに天上から天使が迎えに来るところから始まり、最後にまた天使とその男性が出てきて、起承転結の構造になっていたようでした。

個々の演目については、普通のサーカスよりも音楽やダンスなど芸術性を重視した内容だったように思います。
といってもサーカスもテレビでしか見たことがないので、火のついた輪の間を虎がくぐったり、一輪車に乗ったピエロとか、そんなイメージしか無いのですけど。

人間業とは思えないような曲芸はそれほど多くなく、バレエの要素を取り入れたダンスがあったり、天井からつるされたキャラクターが客席上空をフワフワ漂ってきて、お客さんが下から足を押し上げたりするなど、ちょっとした参加型の演目もあったりして、普通のサーカスよりも見た目の美しさと客席との一体感を重視しているように感じました。

曲芸という点では昔、中国で見た雑技の方がすごかったです。イナバウアーをさらに進化させて足の間から顔を出したり、逆立ちした足の上に盃を何個も乗せたり、人間が積み重なったり・・といった人間離れしたワザを売りに、お客はヒヤヒヤ感に息を呑むというよりも、曲芸要素も取り入れつつ、踊りや音楽やちょっとしたショートコメディを織り交ぜたもので子供から大人まで誰でも楽しめる演目といった感じです。

例えて言うならディズニーランドやディズニーシーのショーをもっと高度にしたような感じ。
なので、逆に言えば、曲芸技をもっと堪能したい人には物足りないだろうし、芸術的な要素を楽しむにはバレエなどを見慣れているとちょっと見劣りしてしまうので、誰でも気軽に楽しめる分、ややどっちつかずで中途半端な感じがしないでもありません。

もちろん、空中ブランコや鉄棒、トランポリン、ループ、ボール、天井からつるされたロープを使った演技などの曲芸技には感嘆のため息がでました。私個人的にはオーソドックスだけど、空中ブランコとトランポリンが一番印象に残っています。

次から次に色々な演目が見られるので退屈することなく、あっという間の2時間でした。
今度はぜひ舞浜のシルク・ドゥ・ソレイユシアターでZEDも観てみたいです。
[PR]
by icewine5 | 2010-02-06 15:30 | 観劇・音楽鑑賞・博物館