晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

パリ・オペラ座バレエ団 日本公演 シンデレラ

ずっと楽しみにしていたパリ・オペラ座バレエ団日本公演「シンデレラ」を観てきました!
美しいダンサーたちの演技にうっとり。殺伐とした毎日から一瞬逃避することができ、至福のひとときでした。

「シンデレラ」(全3幕)
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
振付:ルドルフ・ヌレエフ
装置:ペトリカ・イオネスコ
衣裳:森英恵
照明:グイード・レヴィ
1986年 パリ・オペラ座初演

◆主な配役◆
シンデレラ:マリ=アニエス・ジロー
映画スター:カール・パケット
二人の義姉:メラニー・ユレル、ステファニー・ロンベール
継母:ジョゼ・マルティネス
ダンス教師:マチアス・エイマン
プロデューサー:ヴァンサン・シャイエ
父:エリック・モナン

演奏:東京ニューシティ管弦楽団
指揮:コーエン・ケッセル

パリ・オペラ座バレエ「シンデレラ」(全3幕) [DVD]

パリ・オペラ座バレエ / コロムビアミュージックエンタテインメント


ダンサーはもちろんみんな素敵♪たっぷり目の保養ができました。
大柄なジローのシンデレラも継母たちにいじめられている時は可憐な少女、女優としての登場シーンでは大人っぽく変身していて良かったです。
それに映画スター役のカール・パケットがまさに王子様っぽくていい感じ。手足の長さに感動です。
今回、バンジャマン・ペッシュが怪我で休演になったのは残念でしたが、マチアス・エイマンのダンス教師も敏捷な感じで役にぴったりでした。

バンジャマン・ペッシュは色気があって個人的にはとても好きなので、彼の出演も楽しみにしていたのですが怪我はダンサーにつきものだから仕方ない。次のチャンスを待ちます。
こうなったら行かないつもりにしていた今年のエトワール・ガラのチケットをやっぱり取ろうかな・・・
DMの小さい写真ではなくて、大きなチラシでばっちりポーズを決めたエトワール達の姿を見ると無性に観たくなってきました。

ヌレエフ版シンデレラの舞台設定は1930年代ハリウッド。
王子様のかわりに映画スター、シンデレラに魔法をかける仙女はプロデューサーということになっています。
舞台がかわっても基本的な人物構成や大枠のストーリーは原作通りなので予習していなくても充分にわかりました。

要所要所で当時の映画作品や映画業界の人たちのパロディもあったりするので、30年代の映画に詳しい人なら、すぐにピンとくるのでしょう。私は残念ながらこの当時の映画はあまりよく知らなくて、シンデレラがチャップリンの真似をしたところやキングコングぐらいしか分かりませんでしたが、後ほどプログラムを見ると他にも様々な作品が舞台上で再現されていたようです。

さらにプログラムにはプロコフィエフのオリジナル版とヌレエフ版の場面ごとの細かい対応表が掲載されていたので、見比べてみるのも面白かったです。

舞台装置もハリウッドっぽい雰囲気があって楽しめました。
1幕後半のファッションショーのシーンではピンナップ・ガールの巨大な看板が3枚。
もちろん、原作のアイテムもしっかり取り入れられていて、巨大なかぼちゃが登場したと思ったら、それが形をかえてかっこいいオープンカーになるのも面白い。
2幕の撮影現場ではまさかバレエで巨大キングコングもどきを観ることになるとは思ってもみませんでした(笑)

森英恵の衣装も素敵でした。
シンデレラが第2幕の撮影現場に現れたシンデレラの服装もバレエの基本的な衣装路線を押さえつつ、羽織ったジャケットが1930年代風を表現していたのはさすがでした。

小物も凝っていて、シンデレラのガラスの靴がとてもキラキラしていて美しかったのが印象的です。
見ていて欲しくなりました。
ガラスの靴をはいて登場したシーンでは、普通のトゥーシューズではなくて踊れるのかと思ったら途中で着替えていました。舞台上で衣装替えするシーンがなんどかありましたが、舞台のつなぎがうまいなと思います。舞台中央ではちゃんと別の登場人物たちのダンスで話が流れていて、その横でメイド役のダンサーたちがシンデレラの着替えを手伝うのだけど、それが案外違和感もなく自然に舞台に溶け込んでいるんです。

キャラクター設定に関しては、シンデレラをいじめる継母と連れ子の姉二人がとても滑稽で作品の中でのピエロ役的な存在でとても目立っていました。本来のおとぎ話の継母たちとは大分イメージが違います。

シンデレラの二人の義姉は、登場人物の中でもひときわ目立つショッキングピンクとブルーの衣装を着ていてどことなく幼稚っぽい。がさつで品性の無い子どもくさい演技に二人の義姉の性格がよく表れていました。
手足のパタパタした折り曲げ方や幼稚臭い動きから日本の若い女の子でたまにみかけるぶりっ子的で幼稚な仕草をデフォルメした要素にお笑い芸人的な要素を足して2で割ったような感じといったところでしょうか。
あっ、もちろんダンサー本人がということではなく、そういう風に見える演技をしているということです。こういう表現は優雅に踊るよりも難しかったりするのではないかと素人ながらに思うので、逆にこの二人のダンスは見ていてすごいと思いました。

継母のキャラクターも笑えます。
娘二人をなんとか映画女優に仕立てようと必死なんだけど、その方向性がどうにもずれている。
第3幕で映画スターがガラスの靴を持って家にやってきたとき、娘達だけでなく自分までも試してみようと映画スターのところに飛んでいくのには客席からもどっと笑いがおきていました。
男性ダンサーが演じているというのも納得です。

彼女達のキャラクター設定とその存在によって、逆に本来の継母による児童虐待の陰惨さが薄れて、舞台が楽しい雰囲気になっていたように思います。

笑いといえば、ハプニングだったのか、もともとそういう設定だったのか。
第3幕で義姉達とシンデレラが3個のオレンジの取り合いをしているシーンで義姉の投げたオレンジ(実際はボールみたいなもの)がオーケストラピットに落ちてしまいました。
シンデレラが舞台に腹ばいになって演奏中のオケの団員に「取って。」とお願いしたんですが、その人が拾って彼女に渡そうとしたところで、うまく渡せずまた落ちてしまって、別の団員が拾ってシンデレラに渡していました。
その様子が可笑しくて客席からは笑い声。
舞台上はちょうど義姉達の踊りの場面だったのですが、多分お客さんの視点はこのオレンジのボールに集中していたと思います。
恐らく想定外のハプニングだったんだろうと思いますが、もしかして元々の演出だったのかな?2回見れば分かるんだけど。

マリ=アニエス・ジロー演じる主役のシンデレラですごいと思ったのは彼女が女優モードで登場するシーンでは華やかでとても大きく大人びて見えるのに、みすぼらしい格好で継母達にいじめられている時は小柄に見えたこと。
服装や一緒に踊る相手との対比もあるし、舞台から離れているからというのもありますが、やはり彼女の踊り方によるところが大きいと思うのです。

シンデレラの踊りそのものは技を披露するというよりも優雅で大人しめな印象でした。
しっとりとした踊りが印象的。比較的大柄なダンサーなので、こういう踊りがしっくりくるのかもしれません。

第3幕で無事、映画スターと再会を果たし、女優への道を進むところでクライマックスを迎えるわけですが、その場面の二人の踊りもしっとりしていて良かったです。

ただ、ひとつ残念なことがありました。舞台下手から風を受けて白くて細長い布がたなびく演出がありましたが、私の耳のせいでなければ、風を送る装置の音なのか?モーター音のようなものが音楽と混じってかなり目立っていたのが残念でした。
最初、太鼓の音なのかと思ったけど多分違うと思います。

ま、そんな細かなところは目を瞑るとして、全体としては本当に楽しくて美しくて素敵な公演でした。
オーソドックスな演出のシンデレラも観てみたいものです。

More
[PR]
by icewine5 | 2010-03-15 00:02 | 観劇・音楽鑑賞・博物館

染模様恩愛御書 細川の血達磨

もう1週間経ってしまいましたが、先週末、久々に歌舞伎を観にいってきました。
通し狂言染模恩愛御書。前に観ているし、もう一度観るほどのこともないかと思いつつ、宅配生協に割引チケットが出ていたのを申し込んだら、忘れた頃に届いていたので行ってみることにしました。うっかり他の予定を入れてなくて良かった~。

以下、多少ネタばれありの雑感です。

一度観ているとはいえ、もう数年前のことなので笑いどころ以外で覚えているのは粗筋だけ。
お小姓の印南数馬に一目ぼれした大川友右衛門が恋文を渡す場面とか、コメディタッチの濡れ場とか、友右衛門の切腹シーンの勧進帳・・否、「肝腎腸」(←実はこの場面、今回はどんな風になっているのか期待していました)とか・・・(笑)

観ているうちに少しずつ思い出してきましたが、もしかして前回に比べて少し短くなった?
特に前半、数馬の父親が殺されるに至った経緯が端折られているような気がしました。確か前に観た時は「榎本村」というのが出てきて、それに反応した記憶があるんだけど、今回はどうも出てこなかったような気がします。
それでももちろん筋は分かったし、前のも全然覚えていないので、特に問題はなかったです。前回は前半がかなり長かったように記憶しているので、これぐらいでちょうど良いのかもしれません。

それ以外でも後半冒頭のギャグ?が以前とはかわって、浅田真央ちゃんの悔しい銀メダルのネタなど時事的な話題だったり、シャネルやD&Gなんて言葉が飛び出したりしていました。

ちょっと気になったのが、数馬と友右衛門が一緒になって数年後、友右衛門の妹の家で仇の名前が出た時に数馬が反応した理由を友右衛門が理解できずに質問していたのには、違和感がありました。
何年も一緒に住んで、いまだにお手手つないで歩く仲にもかかわらず、恋人のあだ討ち相手の名前を知らなかったのはなぜ??

濡れ場で笑いをとるのはお約束ですかねw
ただ、場所柄か大阪と比べてお客さんの笑いの反応が控えめなように思いました。
大阪のお客さんは本当に可笑しくて笑うという感じでしたが、東京はなんと言えばいいんでしょう。面映いというか照れくさくて笑うというか・・・

もうひとつはっきり覚えていたのは友右衛門が火事場で大事なご朱印状を守るために腹の中に入れる場面。
前回はここで「これが肝臓、これが腎臓、これが腸」「肝・腎・腸」で笑いをとって、びっくりだったんですが、今回はこれがなくなって、真面目路線にかわっていました。
どちらかといえば、こっちの方が好きかも。

最後はシリアス路線でしたが、全体の作風はやはり前回と同じく笑いをとる方向性なのかなと思いました。
チラシの写真やキャッチコピーと実際の舞台は乖離があるような気がしますが、軽いノリで「ボーイズラブ」と敵討ち話を楽しむにはいいのかもしれません。

More(以下、余談)
[PR]
by icewine5 | 2010-03-14 00:23 | 観劇・音楽鑑賞・博物館

レストラン タテルヨシノ 汐留

啓蟄だった昨日、ぺぺりんさんと遅めの新年会でタテルヨシノ汐留に行ってきました。
小雨が降ってお天気はいまひとつでしたが、少し春の兆しも見えてきて新年会というよりも初春の集いといったところ。
シンプルで洗練された素敵な雰囲気のレストランで気持ちよい食事ができました。

f0059671_1702293.jpgただ今回、久々に大遅刻という失態をしてしまい食事の前にまずは反省です。
眺めの良いホテルの上層階ということで気合十分、ビル直結の汐留駅には予約時間の10分前に着いたので、迷わなければ2~3分でお店に到着するはずが、すっかり迷って辿りつくまで30分かかって、結局20分も遅刻してしまった(涙)。もうこのまま行き着けなかったらどうしようと冷や汗ものでした。

いつも10分程度当たり前のように遅れてくる友人にイラッとくる経験をよくしているもんだから、自分自身は人との待ち合わせにはかなり余裕を持って出かけて滅多に遅刻しないんですけどね・・・
最近、とんでもない迷い方はしなくなっていたのに、久しぶりに「ここは一体どこ???」な状態で到着までに3つのビルを渡り歩きました。
汐留周辺は複数の高層ビルが色々な方角を向いて建っているうえに、入り口が2階だったり1階だったりと非常に入り組んでいて分かりにくいんだもん。というのは言い訳。


f0059671_170371.jpgそんなこんなで食事前に消耗してしまいましたが、気を取り直してまずは乾杯。
今日もアルコールは私だけなので、グラスの赤ワイン1杯をちびちび楽しみました。


f0059671_170572.jpgコースはOZmallで予約したごちそうランチ。
一口のお楽しみ、アミューズ、スープ、メイン、デザート、飲み物、小菓子がついて4,180円(税、サービス料込)。


f0059671_1711657.jpg最初の一口のお楽しみは甘くないシュークリームみたいなもの。
以前、銀座のBEIGEで出されたものとよく似ていました。


f0059671_1714122.jpgアミューズ。
ビーツのタルトのようなものの上にニシンが乗っています。
これもほんの一口サイズ。


f0059671_1715754.jpgパンは全部で3種類ありました。
最初のパンは皮が固めの香ばしいフランスパンタイプ。
かみごたえがあって中はしっとり、美味しいパンでした。


f0059671_1721677.jpgおかわりのパンは2種。オリーブ風味の柔らかいパンと最初のパンを丸くしたようなパン。これも美味しい♪
バターをたっぷりつけていただきました。
前日の夜は会社のデスクでコンビニ弁当を軽く食べただけだったので、とにかくお腹がペコペコ状態。すごい勢いで次のパンをおかわりしました。
お店の人も親切に勧めてくれましたが、私達のように5個もパンを食べる女性はあまりいないだろうから、「どんどん召し上がってください。ただ、たまにその後のメインを食べきれなくなる人もいます。」と心配してくれました。もちろんその心配はご無用(笑)。


f0059671_172355.jpg本日のスープ。
グリーンピースっぽい色鮮やかで見た目のきれいなスープです。
味ももちろん良い感じ。
先日のラ・トゥーエルもそうでしたが、こういうスープは家ではまず作れないから、普通の前菜のかわりにスープもたまにはいいなと思いました。


f0059671_1725327.jpgメインは牛肉と金目から選べます。迷わず牛肉を注文。
赤味が中心で私好みのお肉でした♪
付け合せには春の野菜。シンプルだけどどれも良い味付けだし、彩りも華やかで食欲を促進します。


f0059671_1741044.jpgデザートはチョコレートのムース。
このレストランの料理はどれも見た目が素敵ですね。
これもカラフルで楽しくなるデザートでした。


f0059671_174278.jpgこちらはぺぺりんさんのティラミス。
想像していた一般的なティラミスと違って、チョコレートやクリームがそれぞれ別々になっていて自分で合わせて食べるのだそうです。これも珍しくて良さそうでした。


f0059671_1744585.jpg食後の飲み物はカフェオレにしました。


f0059671_175084.jpg小菓子はヌガー、マドレーヌ、チョコレートと砂糖菓子。
2人で3種類というのは分ける際に喧嘩になりそうだけど(笑)、一応大人なので私はヌガー、ぺぺりんさんはマドレーヌ、チョコレートは二人で折半しました。

このレストランも先週のラ・トゥーエルに続きとても接客サービスの良い素敵なレストランでした。
ちょっと料理の量が小ぶりで上品なのが大食い人間には物足りないですが、その分、沢山パンをおかわりして補うので大丈夫!
機会があればまた行きたいです。

More( 以下余談で食後の買い物)
[PR]
by icewine5 | 2010-03-07 17:14 | レストラン

ラ・トゥーエル

f0059671_331376.jpg先週末は久しぶりにAちゃんとの食事会。「また神楽坂あたりにする?」とのAちゃんの提案で、ちょっと気になっていたラ・トゥーエルにしました。
昨年行った韓国料理の松の実、1月の新年会の81レストラン、そして今回、なぜか最近目ぼしいお店を物色していると神楽坂にいきつきます。


f0059671_332421.jpgメインストリートから少し入った路地の奥、フランス国旗が目印の分かりやすいお店です。ここだけがフランスの田舎町にあるような独特な趣のある外観です。
外の階段を登りきったところが玄関になっています。
ドアを開けるといきなり客席で思っていたよりも狭いお店ですが、2階なので外からは見えないし居心地は上々。


f0059671_3322260.jpg料理はアミューズ、前菜、魚料理、口直し、肉料理、デザート、飲み物と小菓子のついたGrand Cruコースにしました。
これだけついて3,800円(税・サービス料込)!良心的なコース設定に感動です!
お店の接客も丁寧で親しみやすく好感が持てましたし、良いレストランです。

こちらで使われているナイフとフォークはクリストフルという有名な銀食器のブランド物。Aちゃんがナイフに刻まれた文字を見て教えてくれました。


f0059671_3323836.jpgアミューズ。
鹿肉(だったかな?)のパイ。とにかくジビエであるのは確かだったと思います。クセも無いしとても食べやすい美味しいお肉でした。
私の場合、肉類は何でも大好きなので、これまで鹿もイノシシもウサギも鴨もジビエでクセがあると感じたことは一度も無いんだけど。強いて言えばカイロで食べた鳩料理がイマイチだったぐらい。


f0059671_3325517.jpg前菜は魚系と肉系の2種類から選べます。
当然のことながら肉!というわけで、比内地鶏と下仁田葱のオムニエールを浮かべた聖護院カブのポタージュ。
スープ中央のパリパリの皮の中に地鶏が入っていました。とっても柔らかい肉なのでスプーンで崩してスープと一緒に食べられます。
カブというとあっさり風味かと思ったら、結構、トロッと密度が濃くて食べ応えがありました。


f0059671_333953.jpgホカホカできたてパンがとっても美味♪
パンそのものが美味しいのでバターなど何も必要ありません。
おかわりは私にしては珍しく3個だけ。パン1個がそこそこ大きかったというのもあるし、今回は料理の品数が多かったので、いつものように足りない分をパンで補う必要がありませんでした(笑)


f0059671_3332965.jpg続いて料理長厳選魚料理。
美味しかったけど、自分の苦手な和食の煮魚と少し似た味わいだったので、それほど印象に残っていませんが、こってりフレンチが苦手な人には喜ばれる味付けなのかなと思いました。
私はもっと魚っぽさを消すぐらいこってりクリーミーなソースの方が好きかも。


f0059671_3334376.jpgふと天井を見上げるとシャンデリアに何か黒っぽいものが・・・
一瞬、「コウモリか?」と思ってよく見たら天使でした(笑)。


f0059671_3335873.jpgこっちのシャンデリアにも。


f0059671_3341599.jpg口直しはあっさりシャーベットです。


f0059671_3342721.jpgメインは和牛と鴨から選択ということで、普段あまり食べることのない幼鴨の胸肉の白胡麻ロースト柚子風味のソース。
胡麻がとても香ばしいし、鴨もよく味が染みていて美味でした~。


f0059671_3344320.jpgデザートは金柑のタルトとアイスクリーム。
タルトの上に乗っているのは海草か何かのゼリーだと聞いたような気がします。
こういう説明ってどうしても私は覚えられない・・・。食べる事そのものには貪欲だけど、作ることや素材に全く興味が無いからなんだろうけど。
タルトも美味しかったけど、アイスの下に敷いてある芋っぽいのが絶妙でした。


f0059671_335057.jpg小菓子はマシュマロとクッキー2種。
満腹だったけど、これも美味しくいただきました。


f0059671_3351782.jpg食後の飲み物は珍しく紅茶にしました。
カラフルなティーカップ。これも食器に詳しい人ならどこのブランドかすぐ分かるのかな。

この後もしばらくAちゃんと仕事や趣味のことなど話してのんびり過ごさせてもらいました。
友人との話で必ず話題になるのはプライベートの充実と仕事の忙しさの折り合いをどうつけるかということ。「もう少し収入が少なくても責任が軽くて忙しくない仕事の方がいいと思ったりするんだよね・・・」という私のつぶやきに「それはそれで絶対不満を感じると思うよ。暇なときは不安になるし。」とAちゃん。確かにその通りなんだよね。
いつもの調子であれこれ言ってるうちに最後のお客さんになってしまいました。

というわけで、コストパフォーマンスの非常に良い美味しい食事、素敵な店内、お店の人の接客態度、どれも大いに満足できるレストランでした。

ちょっと残念だったのはAちゃんが下戸なので、私もグラスワイン1杯にとどめたこと。本当は料理に合わせて色々ワインも試してみたかったのですが、一人勝手に飲むわけにもいかず・・・。やっぱりフレンチでワインを我慢するのは悲しいです。
会社関係で親しい人はみな酒豪なのに、なぜかプライベートの友人は体質的に飲めない人が多いのは仕方が無いとはいえ、アルコール好きには残念でなりません。
というわけで今度はまたアルコール好き&食べるの大好きな人とも一緒に訪れてみたいレストランでした。

Aちゃんとは次回、小笠原伯爵邸に行ってみたいねという話になり、これもまた楽しみです。
[PR]
by icewine5 | 2010-03-06 03:40 | レストラン