晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

けものみち 最終回

今日は、けものみちの最終回をリアルタイムで見たいがために仕事も途中で切り上げ(笑)、ギリギリ9時に家に滑り込みました。

ですが、8回までが面白かった分、私としてはちょっと不満が残る最後でした。
これまでに風呂敷を広げすぎて、それを充分にまとめ切れなかった感がぬぐえなかったのですよね。
まあ、色々謎を残したまま終わる事によって、今でも「けものみち」が続いている事を、制作者としては示したい、という意図はよく分かりますが。

マスカレード社長の解任騒動、宝仙閣の買取など、間の経緯を端折りすぎなように思えるので、せっかくならあと2回で丁寧に描いて欲しかったところです。
他にも強制捜査後の鬼頭邸にあんな簡単に民子達が入り込めるものだろうかとか、何かと突っ込み所もありました。

とはいえ、炎の中、恐怖のどん底にある民子をマジックミラー越しに冷笑を浮かべて見つめる小滝とか、一つ一つのシーンでは、今回も印象に残る良い場面は沢山ありました。
佐藤浩市と火の組み合わせは、「新選組!」ファンとしては何かと連想させられてワクワクしてしまいます。「芹沢鴨爆発」とか、「屋根の上の鴨」とかね(笑)





個別に登場人物のひと言感想です。


久恒刑事
最後まで久恒が肺がんであることの必然性があまり感じられませんでした。
ここまできて、原作と比べるのも詮無きことですが、やはりこの人には鬼頭派の罠にはまり、けものみちの深みにはまった挙句に殺される最期がよかったと思います。

木崎光恵
この人の正体は、結局分からずじまい。小滝の手下のようでいて、マスカレード社長就任は木崎の単独行動のようだったし、ドラマの中での立場がいまひとつ明確にされていませんでした。
余談ですが、最後に小滝を責める光恵の中にお琴ちゃんが見えてしまいました(笑)


成沢民子
短刀の中にチップが隠されているというのは、スパイものによくあるパターンだけど、実は私、間抜けな事に先週の時点では気が付いていませんでした。
で、結局、小滝VS民子の勝負では、策略としては民子の方が一枚上手だったけど、惚れた弱みでせっかくの貴重な情報を、小滝をつなぎとめる手段にしようとして失敗した点では、民子が負けたと言えるかもしれません。
やっぱり惚れた方が負けなのかな。
つっこみ所としては、鬼頭に捜査の手が及び、マスカレードも追求されたにも関わらず、あんな簡単に社長になれるものなのでしょうか^_^;

今回、とりあえず生きのびたにしても、けものみちに一旦足を踏み入れた彼女がそこから抜け出せることは無いとしたら、いずれは命を落すことになるんだろうなぁ。

最後に小滝
先週からの謎が完全に解けなかったのは残念。って、私が分かってないだけ?
小滝は黒いネットワークを手に入れることで何をしたかったのか・・・
たとえ、小滝が第二の鬼頭になったとしても、「奢れる人も久しからず」で、必ずその次の勢力が出てくることは、小滝自身が一番よく分かっているはずだから、それが目的ではないと思うのです。
まあ、彼もこれから先、ずっとけものみちを歩き続けるということなのでしょうね。

公式HPに、プロデューサーのインタビューが出ていますが、その中で、
原作の民子はまるで木の葉のように流されていただけですが、ドラマでの民子はその流れの中で泳げる人にしたかったんです。

というのがありました。
私もこのドラマを見ていて一番強く思ったのはそこでした。第7回あたりでは、原作に近く木の葉のように流された場面もありましたが。
多少、不満の残る最後とはいえ、現代の「けものみち」として、それなりに楽しませてもらいました。
[PR]
by icewine5 | 2006-03-10 00:10 | テレビ(ドラマ)