人気ブログランキング |

晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

京都・奈良(その8 法華寺、海龍王寺)

平城京跡に行ったついでに会場のすぐ近くにある法華寺と海龍王寺にも寄ってみることにしました。
奈良駅からはちょっと離れているのでこういう機会でもないとあまり行く機会もないお寺なのでちょうど良かったです。

f0059671_061235.jpg法華寺(地味なお寺のわりにHPは音が出たりして結構充実してます。)はパンフレットによると
「聖武天皇御願の日本総国分寺である東大寺に対して、光明皇后御願に成るも日本総国分尼寺として創められた法華滅罪之寺」
だそうです。
光明皇后ゆかりのお寺ということで境内には光明皇后千二百五十年大遠忌法要の碑が建てられていました。

本堂には国宝十一面観音菩薩をお祀りしており、春や秋に特別公開されます。
公開期間以外は国宝観音様の分身である十一面観音菩薩を拝むことになります。
私が行った時期は特別公開期間ではなかったので白檀の分身像を拝観してきました。分身なので、姿形は本尊と全く同じで、光明皇后の姿を写したものだと言われているそうです。
表情は優しいというよりもむしろ凛とした厳しさが感じられますが、決して冷たい印象を与えないのは顔立ちがふっくらとしているからのように個人的には感じました。厳しい中にも慈愛のこもったお顔の観音様といったところでしょうか。

お供え物のなかに天皇・皇后陛下からのお品もありました。そんなところも皇室ゆかりのお寺らしいと思いました。


f0059671_06385.jpg法華寺の境内には浴室(からふろ)という国指定重要有形民俗文化財があります。
光明皇后が薬草を煎じその蒸気で難病者を救済したのだそうで、建物そのもんは室町時代後期に改築されたのですが、近年まで実際に利用されていたのだそうです。


f0059671_065965.jpgその隣には光月亭という奈良県月ヶ瀬村の民家が移築されていました。
昨年行った県立大和民俗公園(感想はこちら)にも奈良の古民家が数多く移築されていましたが、やはり同じ県内なので内部も似たような構造になっていました。


f0059671_071973.jpg境内東側には約1000坪の華楽園という庭があります。
100本の椿など花木・草木が約750種類あるそうですが、この時期は法華寺蓮というのが生い茂っていました。
花がボチボチ咲き始めたところでしょうか。


f0059671_081383.jpgただ、正直なところ、私はこういう葉っぱの大きく成長しすぎた植物は気味が悪くてとても苦手なのです・・・。観葉植物も大きすぎるものには恐怖心すら感じます。
基本的に花も間近で見たり触れたりするのはかなり苦手なので、植物は遠めに眺めるほうが好きです。
蓮は仏教に深いかかわりのある植物だし、不気味だと思うのは不謹慎なんですけどね。
自分の背丈よりも高い蓮の壁に囲まれた細い道を通り抜けるのはかなり勇気がいりましたが、ここを通らないことには先に進むこともできず、ダッシュで通り抜けました。


f0059671_082995.jpg次に海龍王寺を訪れました。
もらったパンフレットの解説によると、藤原不比等の邸宅の一部だったところを光明皇后の御願により731年、新たに堂舎を建立して伽藍をあらためることで海龍王寺となったそうです。

遣唐使として唐に渡った玄肪が持ち帰った経典の中に海龍王経という経典があり、そのお経を唱えて九死に一生を得たことから、このお経を用い、遣唐使の渡海安全の祈願を営んだとのこと。
後の時代には弘法大師空海も渡唐の安全祈願のために写経したそうで、その遺巻が隈寺心経として残されているというのを読んで、そういえば以前、真言宗の薬研堀不動で写経したときのお手本が隈寺心経だったことを思い出しました。


f0059671_09775.jpgこちらにも十一面観音菩薩像がありますが、拝めるのはやはり春と秋の特別公開の時だけです。
本堂では不動明王や愛染明王、文殊菩薩、毘沙門天などが祀られていました。


f0059671_084629.jpg西金堂内には国宝五重小塔が安置されています。
高さ約4メートル。このような小さな五重の塔は初めて見ました。大きな建造物とちがって塔の建築様式を細部まで見ることができます。
はるか昔にこのような優れた建築技術が存在したことに驚きです。

法華寺も海龍王寺もほとんど人がいなかったので、のんびり拝観することができました。京都の大きな寺社もいいけど、奈良の小さいけれど歴史のあるお寺はまた別の風格と落ち着きがあってとても好きです。
by icewine5 | 2010-08-17 00:10 | 旅の思い出:国内