晩酌を楽しむような気持ちで日々の思いを書き綴りたいと思います。


by icewine5

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
日々の雑談
歴史・新選組関連
観劇・音楽鑑賞・博物館
音楽
読書
読書(歴史関連)
新聞・雑誌感想
テレビ(ドラマ)
テレビ(ドラマ以外)
映画
娯楽お出かけ
旅の思い出:国内
旅の思い出:海外
レストラン
アフタヌーンティー
飲食物(その他)
仏教
マンション購入
ブログ

最新のトラックバック

くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ブラッスリーオザミ 丸の内
from よしりんの食べある記
GOODなワイン、イエロ..
from ぺぺりんの今日も元気!
光都東京2007
from よしりんの食べある記
THE BIG ISSUE
from 優雅な修行日記
オスカルマスカラ
from みんなが注目してるコトとは?
フーケの『神戸洋菓子処』..
from 余は如何にして道楽達人になりしか
榎本隆充氏の講演会in土..
from 今昔雑記録
往年の少女漫画
from そんな事してる場合?
華麗なる一族 第8話 あ..
from 『華麗なる一族』ネタバレ情報..

ライフログ


アラビアのロレンス 完全版 [DVD]


生きて死ぬ智慧


NHK探検ロマン世界遺産 マチュピチュ


世界遺産 ペルー編


マチュピチュ


オリバー・カーン自伝 ナンバーワン―私なら、こう生きる!21のセオリー


武揚伝〈1〉


新選組!! 土方歳三最期の一日


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


憂國


森鴎外の系族


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)


エトワール デラックス版


不都合な真実


ベルサイユのばら(5冊セット)


アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション


チェーホフとの恋 (チェーホフ・コレクション)


NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!


蒼天航路 (11) (講談社漫画文庫)


バッハ:マタイ受難曲【SHM-CD仕様】


F.リスト(1811-1886);十字架への道 [Import from France] (Liszt: Via Crucis)

お気に入りブログ

雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

これから読むもの「幕末不戦派軍記」その他

前エントリーのついでに幕末がらみでこれから読む本の自分用メモ。

群像10月号の野口武彦著「幕末不戦派軍記 蝦夷共和国の巻」。

少し前に買ってそのままになっていた雑誌。
ざっと斜め読みした感じだと、小説風の歴史評論のようですね。
箱館政権の始まりから終わりまでの状況を榎本武揚中心に「南柯紀行」や「復古記」など文献からの引用を交えて論評しています。

下っ端らしい?4人組が一応狂言回し的に登場するのですが、「読者にはもうおなじみの」と書かれているので、前から連載していたんですね。
群像を買うのは久しぶりだし、榎本さん関係の本も自分で開拓していないので、全然知らなかったです。自称・榎本さん好きなのにファン失格ですね(笑)。

佐々木譲氏の「武揚伝」だと完璧に描かれていた榎本さんですが、こちらは比較的淡々と第三者的に彼の長所・短所を描写していて、開陽丸を沈没させたのは「軍事指揮官らしからぬお粗末な判断」と述べています。
私もどんなに榎本さん贔屓とはいえ、確かにその通りだなと認めざるをえません^^;
江戸脱出以降、戦争終結まで榎本さんは結構判断ミスをしてるんですよね・・・そうした小さなミスの積み重ねが結果的に敗北を招いたんだと思います。


もうひとつは月刊現代。
こっちは毎月目次だけはチェックしていますが、11月号は私にとってのお買い得号でした。

お目当てその1 
特集 名著で学ぶ「日本人の志」 第一部 作家が選んだ英雄たち-ブックガイド付き-

幕末維新の立役者として津本陽氏が勝海舟をあげています。
津本氏って勝海舟贔屓なんですね~。
「幕末期に活躍した人物の中で、人間的なスケールがもっとも大きいのは勝海舟です。」と書かれています。
「武揚伝」では姑息な人物に描かれていましたが、どっちの評価もありでしょうね。
その前述の「武揚伝」も「幕末維新」を読む(末國善己著)で紹介されていました。
それ以外だと新選組オタにとってはお馴染みの子母澤寛「新選組始末記」や司馬遼太郎「燃えよ剣」、池波正太郎「近藤勇白書」なんかも出ていました。

月刊現代では以前にも同じような企画があったように記憶していますが、この手の歴史本紹介が随分好きなのですね。




お目当てその2
「大反響ルポルタージュ オーラの素顔 実録 美輪明宏 3.三島由紀夫との濃密な19年」

こっちは幕末とは関係ないですが三島由紀夫です~。
美輪さんについては、それほど興味はないのですが、美輪さんと三島の交流には興味があります。
「憂国」の切腹シーンの撮影時に血溜まりができるようにしたエピソードとか、肉体改造にまつわるエピソードとか初めて知ったのもあって面白いです。
華奢な肉体を立派に見せるために背広の下にパッドをいれてたんですって・・・
それを美輪さんが冗談めかしに茶化したら、三島由紀夫が顔面蒼白いなって怒ったんだそうですが、そんなところがいかにも三島由紀夫です。

あ~久しぶりに三島の映画を見たくなりました。
先日も友人と話していたんですが、三島由紀夫全戯曲上演プロジェクトはどうなったのでしょう。
「サド侯爵夫人」がすごく良かったので、ぜひとも続きを実現してほしいです。
[PR]
by icewine5 | 2007-10-03 23:40 | 読書(歴史関連)